『渡くんのxxが崩壊寸前』9巻感想:そろそろホントに崩壊しそう?

鳴見なる, 渡くんのxxが崩壊寸前 9, 2020

あれ、なんか石原さん可愛い。いや元々可愛いんだけれど、この表紙の石原さん割とストライクな感じ。ショート好き。

不穏な雰囲気ちょいちょい出しつつも崩壊するする詐欺の青春劇場だったこの漫画だが、そろそろ本当に崩壊するのだろうか

実家に帰って幼馴染への気持ちを後押しされたことによって、紗月が明確に動きだし、それに引き換え石原さんは紗月の幻影にビビり散らして悪手に次ぐ悪手を打ち出すものだから、圧倒的優位な立ち位置にいるにも関わらず、紗月ルートに爆進しているようにしか見えない。逆に石原さんフラグなのかもしれないと思うくらいに紗月ルート。

でもなんか、元鞘でハッピーエンドって感じにはならなそうな気がする。直人も面倒な性格してるし、石原さん微妙にヤン気質あるしなぁ。以下9巻感想。

スポンサーリンク

石原さん必死か

石原さん可愛いな。元から可愛いんだけれど、可愛さ増している気がする。色気出てきたような。あとなんつーの、必死な感じ。必死というか、切実というか。これは最初の頃の石原さんにはなかった。

まぁつまり、恋しているってことなんだろうね。ただどうも、普通にしていればハッピーエンドなのに、直人のことが信じきれず、紗月の影に怯えて悪手を打ちまくっている。紗月の帰りを直人に知らせなければ、いやそもそも紗月にちょっかい出さなければ、時間はかかっても何事もなく付き合えたろうに。

まぁでも、無理なんだろうね。気になって気になって仕方ないんだろう。その意味で、「気休めでも"安心に近い何か"があれば 石原は大丈夫だと思うんだ」という徳井の分析は正鵠を射ている。さすが石原ママに片思いしていたと思しき闇深きメガネ

徳井は何メガネなの

っつーか徳井の立ち位置はマジでなんなんだ。鈴から直人の誠実な性格を聞かされると「つまんねーな」と独りごちるの闇しか感じないわ。ただこの男、少なくとも行動自体は中立的かつ、基本的には悩みを解決しようとする方向で助言する。

ただ石原に「別れていない」と本当のことを伝えようとさせず、かつ紗月に対しても焚きつけるようなことをしたのは、やっぱりちょっと何か感じなくもない。言っていること自体は本当なんだけど。

確かに徳井が言うように、離れたうえでまたくっついて、劇的な再告白までもっていければ、お互いに気持ちもしっかり結びつくとは思う。でもその間、紗月が何もしないはずないよね。そして徳井はそれをわかっているわけで。

三者にそれぞれ機会を与え、そのうえで物語がどういう結末を迎えるのか見届けようとしている感じ。それは悪意ではないかもしれないが……徳井はこの漫画のトリックスターなのかもしれんね。

石原さん疑心暗鬼

まぁそもそも石原さんがちょっと猜疑心に苛まれ過ぎているからなんだけどさ。あと直人の回想では「私もう 渡くんの彼女でいられる自信ない…」とか言って別れていたが、石原さんが徳井に言うときはしれっと「"いい"彼女でいられる自信ない」としれっと「いい」を付け足している。これは多分直人の回想のほうが事実に即しているのだろうと思われるが、石原さんの主観世界においては実際別れる言葉を口にしたつもりはないのだろうという気もする。結果的には最大の悪手。

石原さんちょっと、っていうかだいぶヤン入ってるよなぁ。だったら文化祭中に紗月が行動に出る可能性も考えてよさそうなもんだけど……いや、もう自分自分でいっぱいっぱいなんだろね。

石原さんが紗月に取られるんじゃないかと不安で仕方ないのは、やはり親の影響があるんだろうか。なんかトラウマ持ってそう。まぁ確かに直人は紗月を突き放してはいないのはそうなんだが、大切な幼馴染だし、また既にもうそういう気はないと明言したうえで、またそのように行動しているとも思うので、信じてやれるとは思うんだよな。

まぁでも、実家まで行ったのはいただけなかったか。直人的には、たしかに他意はないというか、"幼馴染として"の範疇のつもりなんだろうけれど、まー外からはちょっとそう見えないよね。ってか実際、これが契機になって燻っていた紗月の心に火がついちゃったわけだしね。そりゃそうだ。

ハートに火をつけて

なんつっても紗月っすわ。石原さんと直人がうまくいっていない、というか直人が別れたと思い込んでいるのは、紗月にとっては千載一遇の機会と言える。で、紗月は石原さんは本当は別れたつもりはないという事情を知ったうえでなお、行動に出る。

直人を人気のない美術室に(他人を使ってそれと知らせず)呼び出して、暗がりの中で直人を不意打ちの形で抱き寄せるのだ。そしてそこからのやりとりはまさにピーク。

直人「なんでそうまでして……」
紗月「慰めてあげる 気休めくらいにはなるよ」
直人「〜〜〜だから!!何度も言わせんなよ オレは今…」
(紗月、直人を胸元に抱き寄せる)
紗月「「オレは今…」何?直くん 今ひとりじゃん」
(紗月の胸元で直人赤くなる)
紗月「だから我慢しなくていいよ」
(紗月、頬を赤らめ妖艶な笑みを浮かべる)
紗月「私に甘えなよ」

鳴見なる, 渡くんのxxが崩壊寸前 9, 2020

キターー。

紗月、完全に奪いにきた。「私に甘えなよ」の紗月の表情よ。紗月自身にも緊張を感じさせる、初めて見せる顔だ。

鳴見なる, 渡くんのxxが崩壊寸前 9, 2020

直人の表情にも注目。完全に蠱惑されている……

ここで紗月の怖いところは、一切嘘をついていないことだ。これは多分重要で、もし嘘をついて直人を誘惑するようなことをすれば、恐らくすべてが明るみに出た時、直人はそれを許せないと感じるんじゃなかろうか。まぁ彼の性格からすると、その感情さえも最終的には自分に矛先を向けそうなのだが、いずれにせよあまりよいことにはならない。

が、紗月は嘘をついていない。本当のことも言っていないが、嘘もついていない。直人が凹んでいるのは事実なので、「慰めてあげる」のはおかしくない。そして「直くん 今ひとりじゃん」これ。これはもう本当にギリギリ。ギリギリだけど嘘じゃない。直人はたしかに、今ひとり。そこからの「私に甘えなよ」これはもう言い逃れできない確信犯。完全に直人奪いにきてるわ。

凹みきっていた直人にこれがクリティカルヒット。まるで操られているかのように、憔悴した顔で紗月を抱き締めてしまう……というところで次巻!マジか!これもう紗月ルート以外にあるんか!

……と思うけどどうなんやろねー。この漫画で一番穏当なエンドは、直人と紗月の元鞘エンドで、石原さんはなんだかんだあって徳井が拾うことだと思う。まぁでも多分そうはならんのだろうなぁ、とも思う。。。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です