『宇崎ちゃんは遊びたい!』1巻感想:先輩と宇崎ちゃんで酒が進む

丈, 宇崎ちゃんは遊びたい! 1, 2018

この作品は不運なことにアレな方々に目をつけられて悪目立ちしてしまったが、その分名前は売れて俺も知っていた。

ただまぁ、正直内容についてはSUGOI DEKAI女の子が可愛い感じなんだろう、と勝手に思い込んでいて、手にとって読む機会もなかった。

が、いざ読んでみるとSUGOI DEKAIし可愛いのは確かだが、それと同時に良質のカプものでもあり、びっくりした。めっちゃニヤニヤしたわ。作中にカプ厨キャラも出てきて笑う。pixiv出身のようだが、pixiv系は昔ながらのWeb漫画の流れを汲んでいるのか、良質カプものが多い気がする。

以下1巻感想。

スポンサーリンク

SUGOI DEKAIだけじゃない

すみません。と、何を謝っているのか俺は。

正直この作品はSUGOI DEKAIのを愛でる系のアレかなとか勝手に思い込んじゃってしまっていた。が、実際にはしっかりとカプもので、読んでてめっちゃニヤニヤできる代物だったわ。外見だけで中身を判断しない、これじゃ俺もフ○○と変わらんなぁと反省したよ。

まぁでもSUGOI DEKAIのは確か。揺れるし挟むし乗せるし作中でも非常に強調されている。が、それが下品かというとそうでもない。わざとらしい下着シーンもない(パンチラ……いやモロはあるけど)。セクシュアルな描写については、案外と抑制的であった。滲み出てた

いやでもね、宇崎が愛らしいのは、SUGOI DEKAIものやらなにやらから滲み出ているせくしぃさよりも、先輩と一緒にいるのが楽しくて仕方ないという、その心情だろう。めっちゃからかう割にいざラッキースケベなスキンシップがあると慌てふためくのは定番であるけれどやはり良いものだ。

先輩と宇崎のウブウブでピュアな恋愛模様でご飯が進む。

父娘でカプ厨

ってか作中で実際に二人の関係をオカズに飯を食う父娘が出てきてめちゃ笑った。娘のほうの亜美が出てきたときには、まさか安易な三角関係に手を出してしまうのか?とちょっとガックリきそうになったが、全然そんなことはなかったね。

っていうかまさかのカプ厨キャラだよ。父親と一緒に二人の仲を陰ながら後押しする役割。カプ厨キャラはよくできたラブコメに時々登場する属性で、このタイプのキャラクターが出てくるラブコメは当たりである可能性が高い。ってかあたり。

ということで、そこまで珍しいわけではないのかもしれないのだが、しかし親子でカプ厨ってのはすごくね。ってかもうオッサンのカプ厨が新鮮過ぎる。この手のタイプはどうしても年頃の女子になりがちだからね。

俺自身もうオッサンなので、オッサンに感情移入できすぎてしまってつらい。つらくない。まぁ俺もラブコメを肴にして酒飲んでることけっこうあるからなぁ。

酒の肴にしてました。次巻以降もそのうちにポチらせていただこうかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です