『うちの変態メイドに襲われてる』3巻感想:NBGL

saku, うちの変態メイドに襲われてる 3, 2019

うーん、こういう方向性になったか……。

なんだかんだ安心のいちゃラブかなぁと思っていたのだが、男女共に同性愛キャラが目立ってきて、こうなるとちょっと俺の趣味ではないなぁという感じ。無節操なカプ乱造。たしかにカプならなんでもOK派閥はあるよな。なるほどそうだったか……。

うーん……。割と貴重なおねショタ風味枠だったんだが(大学生だからショタでもないが…)。

まぁしゃあないか。以下3巻感想。

スポンサーリンク

NLBLGL全部入り

うむー……。なるほどなぁ。

まぁ多少シモネタ入っているくらいの、いちゃラブ系と思っていたんだけれども。BLくんが今回ガチでしたということになり、さらに百合を意識しているだろう新キャラも入り、結果的にNL、BL、GLと全部入りになった。自称婚約者は存在感なし。

こうなってくると、ちょっともう俺の好みからは外れるんだよなぁ……。特にGLのほうはもう主人公ヒロイン関係ないよなぁ。いやまぁ、カップル乱造系では、主人公・ヒロインが目立たない話もよくあることではあるんだけれど。ん、カップル乱造系なのかこれ?だったらBLくんは何も主人公の尻を狙わなくても……でも多分そういうわけにはいかんのだろうね。この漫画野郎向けの色が強いから、BLのほうがニッチだろうから、主人公抜きでBL話やったらさすがについてこれる読者はあまりいないのだろう。

でもだったらGLならOKなん?っていうとOKな人もいるんだろうけれど、まぁ俺はちょっとパスだなぁ。っていうか自称婚約者の幼馴染ちゃんの存在意義はいったいなんなのだろう……。

うーん……好きな人は好きなんだろうけどね。まぁこればっかりはもう好みだからしゃあない。俺はまぁここまでかなぁ……。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です