『テラーナイト』1巻感想:ヤンデレ口裂け女のラブコメとは

月見隆士, テラーナイト 1, 2017

2017年の漫画だが、マスクをしているのは時代の先取り……ではもちろんなく、ヒロインが口裂け女だからである。メインヒロイン口裂け女とは豪気な設定。

だが面白かった。既に全5巻で完結している&Amazonだと巻を追う毎に星評価が下がっているのが気にかかるけれど…少なくともこの1巻は文句なしに面白い。

ストーリーは先を読ませるし、ラブコメ的にもメンヘラ入った面倒そうな女ばかりで楽しい。主人公も好感がもてる。

ラブコメを期待させるのは俺的にポイント高いわけだが、しかし口裂け女か……。どんな美人も、口が裂けると怖いらしい。しかも思い込みが激しくヤンデレを感じさせる。美少女にとことん甘いラブコメ界とはいえ、口の裂けた女にストーキングされるのはけっこう普通に恐怖だと思う。

メンヘラ入った幼馴染もいるよ。ヒロインの性質、作品の勢いや題材が、えすのサカエを思わせるな。以下1巻感想。

スポンサーリンク

口の裂けたヒロインとはね

この漫画は面白かったね。テラーナイトのテラーはtellerとterrorをかけているのかな。でも2巻以降だんだん評価が下がっていくのが気になる。5巻はこの手の漫画としてはちょっと短い気がする……。

まぁでもこの1巻は面白かった。ヒロインが口裂け女で、しかも割とすぐ裂ける。ガッツリ裂ける。嬉しくなって感情が昂ぶると裂ける。これはつまり、今後この女と致すようなことがあるとすれば、恐らく常時裂けっぱなしということである。これはレベルが高い。

実際、元の造形は美少女と言って差し支えないのだが、口を裂けさせるとさすがに怖い。

月見隆士, テラーナイト 1, 2017

これである。しかもこの後もガンガン裂けてくれる。口の裂けた女のラブコメは果たして面白くなるのだろうか。

性格的にも非常に思い込みが激しく、特に告白されたわけでもないのだが、本人的にはもう完全に将来を約束されたお嫁さん気取りであり、結婚の圧がすごい。高校生男子には耐え難いのではないか。まぁ生来の気質にくわえて家庭環境のせいもあるのか、主人公・セイは非常に面倒見が良く、一人ぼっちの口裂け女に同情し、共同生活を受け入れるのだが……。

うーん、どうなるだろうな。彼女が可愛く見える時は来るのだろうか。アヒル口にしたりデフォルメしたり、この口裂け女をなんとか可愛く描こうと苦慮している面は見て取れるが、正直カエルを思い出してしまう。比較的上級者向けのヒロイン、とは言えると思う。

少なくとも1巻は面白いが…

こうなるとサブヒロインがいてもいいかなと思うんだが、やはりラブコメのお約束で、例によって幼馴染が出てくる。が、この子はこの子でいい性格しており、第三者から「思い込みが激しくて恨みがましい性格」と評されているのだが、的確な評である。

セイが口裂け女にたぶらかされた(と思い込んでいる)のが許せないとか、化け物である口裂け女を殺すというのはまだ理解できるとしても、セイの姉に対して、セイの姉がたぶらかされたのはあなたにも責任があると、能力を使って攻撃するのは相当キている。思い込みの激しさと、その激情に身を任せて何をするかわからない点にかけては、口裂け女と大差ない。

というわけで、異常な女たちに好かれるセイの明日はどっちだ的な感じで、続きが気になっているのだが、先に書いたとおり、Amazonの評価が巻を追うごとに下がっていて、うーん……。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です