『転性パンデみっく』1巻感想:TSって時点で大変なのにパンデミックとな

冬野なべ, 転性パンデみっく 1, 2018

性癖撒き散らしてるなぁ笑

主人公の女の子っぽい男の子がTSして女体化……まではまぁTS系だとそれなりに見る話だけれど、この漫画の場合それが感染していく。もうこの時点でB級ギャグ路線確定である。それ以外になり得ない。まぁ実際即日転校・転入などやっているので、あまり細かい設定にこだわる気はない模様。まぁTSものはそれでいいと思う。

しかしそれにしても広まっていくとなると、収拾がつかなくなりそうなものだし、またこの無差別性・無方向性はラブコメも難しくさせるだろうな。ラブコメはどこまでもクローズドかつ双方向的なものなので……。

まぁ単にTSギャグに突っ切るのかもしれないが。1巻時点だとどっちとも取れんなぁ。しかし続きポチるかというと……うーんどうかな。以下1巻感想。

スポンサーリンク

TS感染

久しぶりにTS漫画読んだなぁ。設定は女の子っぽい中性的な男の子が女体化するもの。という基本設定だけ見るとどっかで見たものなわけだが、本作の場合、表題のとおり、TSが感染していくのが特徴といえるだろうか。うーんこれは収拾がつかなくなりそう。どうあがいてもギャグ。

まぁTS自体が現状B級ジャンルなんだよなーというのは正直ある。何か神的な力で性別が変わっちゃいました!っていうのがベースになっちゃうからなんだろうか。そして、性別が変わるという大事件を本意気でシリアスに突っ込んでしまうと、細かなツッコミの嵐になってしまうわけで、そんなことは誰も求めていないから無視するわけだが、そうするとやっぱりB級感漂ってしまうわけだ。

まぁでも別にそれが悪いわけではないんだけれどね。実際、TS漫画で真っ先に思い浮かぶ「ボクガールはB級的にいい加減な世界観でありながら、切実さだけを生々しく表現した傑作だったと思うし。

ただまぁ、逆に言うとベースのところでどうしてもボクガールと被っちゃうから、差別化を設定で考えちゃうと、パンデミックとかそういうのが出てきてしまうんだろうかねぇ。うーん強まるB級感。果たして吉と出るか凶と出るか……。

女→男もいる、が

ところで1巻時点では、「女の子になっちゃった!」以上のものは特に無い。もし特筆すべきところがあるとすれば、女の子から男の子になったのもいることだろうか。TSものって男→女に集中しているので、これは珍しい。

ただ、この子がまぁちょいちょいいる「性に忠実過ぎる同性愛者」で、しかも元が女ということもありやりたい放題な感じが個人的にはどうにも好きになれないキャラづけで、ちょっとゲンナリした。えー、まさかコイツとはラブコメにならんよな…。しれっと主人公のファーストキス奪ったけど……これにしたって、女だったらやっていいってこたねぇだろ……と思ってしまうんだよなぁ。

今流行りのVRにしても、受肉っていうのか、アバターのほとんどが女性なのって、まぁ、なんか色々思うところあるよな。そんなにみんな男はいやかい……なんて、ラブコメ漫画のサイトで言うことでもねぇか……。

ということで、B級感満載のTS漫画なのだが、この先を読みたいかと言われると、正直ラブコメとしてあんまり期待できる感じもしないので、うーん、かなぁ……。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。