『事情を知らない転校生がグイグイくる。』1巻感想:理由なき陽キャが陰キャに迫る

川村拓, 事情を知らない転校生がグイグイくる。 1, 2018

ボーイ・ミーツ・ガールで小さな恋のメロディ。小学生ラブコメ。事情を知らないというが知っていると思う。

なんかTwitterで連載してそうな感じだなぁ、と思ったらやっぱりTwitter発だったようだ。区切りというか終止感がね、Twitter漫画だなって思った。そして堂々巡りな感じも。Twitter漫画は単行本形式とはあんまり相性良くないと思うんだよなぁ…まぁでもこうして単行本化していなければ、俺も読むことはなかったか……いい加減色々なメディアに俺も接しないといけないよね。

小学生系のいちゃらぶは案外供給少なめのジャンルだと思うし、恐らくこの漫画は小学生でないと成り立たない。多分、そうでないと男子のキャラが受け入れられないだろう。個人的には小学生でもちょっとよくわからんかった。

以下1巻感想。

スポンサーリンク

最初からクライマックス

ふーむ。なんかTwitter漫画っぽいなぁと思ったらやっぱりTwitter漫画だったのだが、どうしてそう思ったかといえば、区切りが異常に良かったからだ。一話一話が非常に短く、スッキリまとまっている。それもある種のメタ知識というか、ラブコメの流儀を前提として。そして何より、話が進まない。話の前後を入れ替えてもまったく気づかないだろう。

まぁ一話完結系の漫画では、それはそう珍しいことではないかもしれないが、それにしてもいちゃラブ系でそれができるということは、二人の関係が最初からあまり変わっていない、ということでもある。

そう、この二人は最初からクライマックス、好感度マックスで始まっている。理由はよくわからない。男の子曰く、女の子の「死神」というあだ名を「カッコいい」と表現するのだが、そのさきがない。

男の子がわからない

うむ、正直言うとこの漫画を楽しめたかと言うと俺は微妙だったのだが、なぜかといえば、この男の子の心があまりにもわからなかったからだ。女の子のほうの気持ちはわかる。目付きが悪い陰キャ、というか、恐らくきっかけは些細なことで、クラス全員からいじめられ、無視されている。そんな中、突然自分を全面的に受け入れて、「カッコいい」とまで言ってくれる男の子が現れた。嬉しくないはずはない。

だがこの男の子はなんだ。なんなんだ。中二病というわけでもなさそうだし。わからん。わけわからん。天真爛漫、明るすぎてわからない。

このわからなさは、恐らく小学生だからこそ許容されるものではなかろうか。中学生以上になると、さすがにお前もう少し察しろよと言いたくなる。というか、俺は小学生でも言いたくなるが。みんな忘れているだけで、小学生は十分賢い。

俺はあまりにもこの男の子に共感できないので、もう少しこの男の子の心情がわかる描写がほしいのだが、この漫画ではそのようなページは割かれない。まぁ、Twitter発ならそれも仕方ないだろう。短すぎるページの中で、読者が一番みたいところを描かなくてはならない。となれば、男女のイチャイチャだ。

だが、イチャイチャにも背景が必要ではなかろうか。

共感がなかったんだ

男の子の姉が出てくる話は、ちょっとおもしろかった。多分、ウブな二人、というか女の子を見てニヤニヤしてしまう心情に、共感できてしまうからだろう。うん、俺もな、そういうの見るの、好きやで……。続きものとしてのストーリー性もあったし。

つくづく、ラブコメとは浪漫と共感のジャンルなのだなと思う。その意味で、この漫画、確かに浪漫は満ち溢れているのだが……俺には共感が足りなかった……。2巻以降……中古で安く手に入れば読むかなぁ……くらいの感じだ。こうして単行本化することで、ストーリー性を帯びれば、変わったりするんだろうか…?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です