『変な知識に詳しい彼女 高床式草子さん』1巻感想:ワーオな彼女に彼氏もスケベ

おはなちゃん, 変な知識に詳しい彼女 高床式草子さん 1, 2018

Jカップでワーオな彼女が思春期男子のような性知識を披露して彼氏はヒャッハー、という漫画。

個人的には理性を失った彼氏がスケベな顔するところが好きなんだが、まぁ俺はちょっと変わっていると思う。

基本的には頭からっぽにしてこのJカップたまんねぇみたいな感じで彼氏と一緒にスケベな顔して読むべき漫画。しかし実際Jカップともなると、テレビで見るデカすぎる胸の外国人みたいな感じでエロく感じないんじゃなかろうか。

ヒロインの友人は暴力系の無自覚にレズっけあるタイプなのがちょっと。

そういう漫画です。だいたいわかるね。以下1巻感想。

スポンサーリンク

ワーオ

一応、付き合っている彼氏彼女ものなので、ラブコメ的にはいちゃラブものに入ると思うんだが、正直あまりいちゃラブ感はない。彼女がJカップのワーオでパンツ見せながらエロトークかまして彼氏がスケベな顔している印象が強い。っていうか書いててそれで十分内容を説明できている気がしてきた。

個人的には彼氏がエロスに捕われて理想を失いスケベな顔して暴走するところが好き。

おはなちゃん, 変な知識に詳しい彼女 高床式草子さん 1, 2018

このシーンとかよいと思う。言っていることも顔もなにもかもキモくて良い。いい顔して涎垂らしていて良い。気持ちぃのぃが小さくてよい。ふふふじゃねぇよ。こういうの好き。

と、ここだけ取り上げると彼氏は最低エロ野郎に思うかもしれないが、普段はどちらかというと奥ゆかしいヘタレ男子。見た目むしろ淡白そうなのにむっつりスケベで割と性欲に負けがちなところがいいと思う。思春期っぽくて。

まぁ実際彼女がJカップだったら思春期男子は暴走するよな……と思ったが、そこまで大きすぎると笑えてくるんじゃないかというような気もする。オッサントークになってしまうが、昔のテレビでもバラエティー番組ででかすぎる胸については「ワーオ」の音声と共にゴールデンタイムに映していた気がするし、それでお茶の間も変な空気になるわけではなく皆笑っていたので、胸もあまりでかいと性的に感じないものなのだと思う。

まぁ生のJカップなんて見たことないので実際のところどう感じるのかはわからんが……Jカップ (じぇいかっぷ)とは【ピクシブ百科事典】によると一般的なタレントの上限サイズらしい。ということは、ギリギリエロースを感じられるサイズなのだろうか?これを超えるサイズはK点超えという業が深い呼び名があるらしく笑った。

まぁそんな感じちょいエロコメディなので、頭からっぽにして彼氏と一緒にでへへって読むのがよいと思うんだが、彼女の親友ポジションの子が、無自覚にレズっけあるタイプのお邪魔虫キャラでちょっと。しかも暴力系。いつも思うんだが、ツンデレならまだしも一切の好意がないただの暴力キャラってどういう需要があるんだろう。

ちなみに彼女は耳年増なだけで、理性を失った彼氏がダイレクトにエロい行為に臨めばきちんと拒否するタイプ。いやまぁ正しいんだが。むしろ、エロいことを生々しく感じられないからこそ、平気でシモネタを口走ってしまう、というのはあるかもしれない。

いちゃラブ期待して読むとアレかもだが、シモネタ漫画として読む分にはけっこう楽しめると思われる。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です