コンテンツへスキップ

2

内山敦司, 世界か彼女か選べない 9, 2020

終わりました。女子が可愛いってことで、よくある三角関係ラブコメかと思いきや、良い意味で裏切られたストーリー性の高い作品。

とはいえ、ストーリーが前面に出るにしたがって、いわゆるセカイ系臭くなってしまった感は否めない。

まぁラブコメだしね。ラブコメにおいては、世界はつまり彼女だし、彼女が世界なんだよね。それがラブコメ浪漫。

以下最終巻こと9巻感想。お疲れ様でした。

... "『世界か彼女か選べない』9巻(最終巻)感想:世界が彼女で彼女が世界" を続けて読む

岡本倫, パラレルパラダイス 11, 2020

表紙の子見ると、ああ今回はコイツがアヘ顔晒すのか…と思わされる本作で、まぁご期待に添えるのだが、どちらかというと新しく登場した女騎士のほうが印象に残っているかもしれない。

まぁパターンとしてはあんたなんかに絶対発情させられないんだからねの即落ち2コマで、恐らく気の所為ではなくそのパターンだけでもう11巻なのだが、毎回少しずつ女子の性格を変化させることでここまでもっている。ここらでいっそコボルトにやられたらいいのにとか思わなくもないが、ヨータは和姦がいいらしいから…。

以下和姦ラブコメ11巻感想。さすがにちょっと飽きがきている。

... "『パラレルパラダイス』11巻感想:様式美的和姦漫画だけどさすがにもうそろそろ新味がほしい" を続けて読む

田口ホシノ, お嬢様の僕 7, 2020

今もっとも安心して読めるハーレム系ラブコメの一つなのだが、やはり複数ヒロインのうち最後に誰かが選ばれるタイプなんだろうか。まぁ普通はそうなんだけど。まがつきはハーレム貫徹したが、あれは人外だから出来たことだしなぁ。うーん。

今回は養太郎が翼様とみのりお嬢様とそれぞれデートする爆発巻で、さんざっぱらヒロイン増やしてきた本作だが、やはりダブルヒロインなんだろうか。

作者さん、普通に1vs1のカプもの描いても全然いける人なんだと思うんだが、それをあえてハーレムに落とし込ませる術も心得ているのが稀有なところで、本作もそうだと思っていたが、少し1vs1に寄り始めたようにも見える。そうすると最終的に安心のハーレム、というわけにはいなくなってしまうかもしれない。どうなるんだろう。

以下7巻感想。個人的にはみのりちゃん派。

... "『お嬢様の僕』7巻感想:祝福系ハーレム" を続けて読む

BOKU, 放課後の拷問少女 10, 2020

みっちゃんがレギュラー落ちするのか?という不穏な9巻からはじまるいつもどおりのラブコメ拷問どこいった編。今回もエロい。それはそれとして全体的になんかみんな線がカクカクしてきているような気もする。以前からなのか?まぁいいや。

まー頭からっぽにして楽しむうれし恥ずかしハーレムラブコメではあるのだけれど、今に始まったことではないとはいえあまりにも拷問要素がないのでこれでいいのかという気もする。でも多分これでいいのかここまで続いているのだろうとも思う。

と思いきや、最後の話は拷問がうまく使われていてちょっと面白くなりそうな感じ。以下10巻感想。

... "『放課後の拷問少女』10巻感想:忘れた頃に拷問少女" を続けて読む

岡本倫, パラレルパラダイス 10, 2020

なにか面白いポーズだが、表紙になっているということはやっぱり今回はこの子がアヘ顔晒すことになるんだな、と思わされる交尾漫画第10巻。どいつもこいつも即交尾できそうな服着やがって……。

その内容はもちろん交尾。交尾の合間にストーリーが進む。あれ、どんな話だっけ。

以下10巻感想。

... "『パラレルパラダイス』10巻感想:生きるも死ぬも交尾の後に" を続けて読む

氷川翔, 万代かなめは遊びたい 4, 2020

面子も増えて面白くなった万代かなめは遊びたい、第4巻これにて完結。……え、完結……?

え、なぜ。あとがきの「4巻で最終巻になってしまいました」という言い回しから、なにか打ち切り的な雰囲気を感じるんだけど……え、人気?人気なの?

嘘やんめっちゃ安定したハーレム系やのに。そこそこの人気ジャンルやん。イチヒ作品の打ち切り並に納得いかんわ。目次の最終話でいきなりショック受けたわ。

トミカとかなめが太陽に告白してラブコメ的にも超クライマックスの中で遊びも中々どうして楽しめるようなよくできた作品だったのに……。

以下最終巻こと4巻感想。

... "『万代かなめは遊びたい』4巻(最終巻)感想:最終巻ってそんなバカな" を続けて読む

ホリエリュウ, 勇者と魔王のラブコメ 3, 2019

なんかアレな表紙の3巻。絵柄が濃い。しかし登場人物が皆性に忠実であるなこの漫画。服がエロい。同性愛者が多い。

ということからわかるように、カプものっぽいがそうでもない構成。どっちかってと、ハーレム系が好きな人に受けるのではなかろうか。……いや、修羅場好きだな。多分、修羅場好きに受ける。あと片思い好き。ハーレムとカプのベクトル合成って修羅場・片思いだから……。

実際一番印象深いのは、片想いを炸裂させる哀れな恋愛特攻隊、魔法使いの壮絶な爆散である。魔法使い系地味にちょっとシリアス。以下2-3巻感想。

... "『勇者と魔王のラブコメ』2-3巻感想:魔法使いの片思い漫画" を続けて読む

田口ホシノ, お嬢様の僕 6, 2020

相変わらず幸せハッピーなハーレムラブコメなんだけれど、やっぱりこの漫画は誰か一人を選ぶ方向性らしい。まぁそりゃそうか。

ところで表紙誰?と思ったけど多分翼様。色がつくと印象変わるなぁ。本巻はお色気シーンだけ着彩したversionがあることを後で知ったよ。最初から知っていたらそっちポチってもよかったんだけれど、さすがにもう1冊ってのは……こういう時、差額で書い直すときできたらいいのにね。

それにしても、今回も全ページ全コマしっかり読めてしまって、この漫画は他のちょっとエロいだけのラブコメと違うところがあると思うのだが、それが何か、表現が難しいな。丁寧だとは思う。以下6巻感想。

... "『お嬢様の僕』6巻感想:しっかり読めるハーレムラブコメ内容がないようで割とある" を続けて読む

BOKU, 放課後の拷問少女 9, 2020

拷問要素はますます影を潜め、ちょっとエッチなハーレム漫画道を爆走する。まぁ拷問とちょっとエッチなハーレムだったらどう考えても後者のほうが需要あるよね。そりゃそうだ。そりゃそうだろうけどさ。

拷問っていうのは興味深いテーマなだけに、このハーレムラブコメ一辺倒の流れは少し勿体ないような気もしてしまうな。

まぁでも、ハーレムラブコメとして読めば、脳細胞を緩やかに安楽死させることのできる漫画だと思う。だからこそ9巻も続いているのだろうね。

以下7-9巻感想。

... "『放課後の拷問少女』7-9巻感想:ていねいなハーレム漫画" を続けて読む

BOKU, 放課後の拷問少女 6, 2019

ラブコメ。驚くほど普通のハーレムラブコメ。タイトル期待したら肩透かし。期待しなかったら頭らかっぽにして楽しめる清く正しい少年向けちょっとエッチなハーレムラブコメ。

まぁ1巻の時点でそうだったけれども。ただ1巻の時は、この手のハーレム系としては、人物の心情が伝わってきて丁寧な印象を受けたのだが、巻を重ねるにしたがってちょっと雑な、というかまぁ、女の子可愛いでしょ、に振り切り過ぎているようにも感じられた。まぁこの手の漫画ではよくあることではあるんだけれど。先生キャラの投入がちょっと悪手だったように思うんだよな。。

まーでも頭空っぽにして楽しめるよ。以下2-6巻感想。

... "『放課後の拷問少女』2-6巻感想:拷問はハーレムの波に消える" を続けて読む