『愚かな天使は悪魔と踊る』12巻感想:オマケが本編感ある

アズマサワヨシ, 愚かな天使は悪魔と踊る 12, 2021

いつの間にか12巻なんだが……まぁ正直若干の惰性で読んでいる感が否めない。阿久津がメガネになびくとかありえないんだし、どうにも茶番だなぁと。水着回などもありサービスたっぷりなんだけれど、正直この漫画に直接的なエロスあんまり求めてないんだよなぁ。

最後の本編と全然関係ない、阿久津とリリーがイチャイチャするだけのオマケのほうが面白かった。オマケで同人のごとく適当にイチャコラさせるだけの話が本編超えしてしまうのは、ストーリー展開がマンネリ化し始めたキャラ設定の優れた作品でちょくちょく起きる現象かもしれない。最近感想書いたのだと「まったく最近の探偵ときたら」も似たような感触だったなぁ。

『まったく最近の探偵ときたら』8-10巻感想:チョーベリーグッドなマキちゃん可愛い

ただこっちは前巻もうーんという感じだっただけに、さすがにちょっとつらい感じもある。うーん。以下12巻感想。

スポンサーリンク

何も変わらない

メガネはいつまでやるんだろう。最初から最後までそう思ってしまったんだが、実際このメガネは目的もよくわからんし展開も堂々巡り感あるし、何より阿久津がリリーよりメガネになびくとかありえないんだから、結果のわかっているラブコメなんて茶番としか言いようがないのではなかろうか。最後の引きが「好きって言ったら付き合ってくれる?」だけど、付き合うわけないやろう。

阿久津とリリーの関係がまだ固まっていない頃だったら、この手のお邪魔虫キャラもそれなりに仕事したかもしれないが……。今となっては……ねぇ。変に引っ張ると阿久津が優柔不断に見えてきてよろしくないし。

で、結果的に、12巻とおして、彼ら彼女らは何も変わっていないのだよなぁ。ラブコメの大きな楽しみの一つに関係の変化があるわけだが、それが全然ないという。強いて言うなら、お兄様そういうキャラだったのっていうことくらいか。でもそれも別になんかストーリーに絡むわけじゃないしどうでもいいというか。うーん。

そういうわけだから、どうにも「同じことしてんなぁ」というのが正直な感想である。まぁ水着回とかあったりもするんだけれど、正直この歳にもなると可愛い女の子が水着ではしゃいでますよ!ってだけじゃふーんなんだよねめんどくさいおっさんだよまったくいつまでラブコメ読んでんだ。うるせぇ。

公式が最大手

ということで、本編はうーんだったけれど、オマケ漫画は楽しかったです。阿久津とリリーがイチャイチャするだけの、同人みたいな内容。公式が最大手。

まぁでも真面目な話、こういうイチャイチャするだけの話が面白いっていうのは、それまでの本編の積み重ねがあるからこそなので、本編の停滞があまり続くようだと、やっぱりつらいんだよね。前巻も微妙だったしなぁ。本気になっているキャラがいないんだよなぁ……。

うーん、次巻には期待したいところ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。