『愚かな天使は悪魔と踊る』9巻感想:彼と彼女を中心に周る世界いいよね…

アズマサワヨシ, 愚かな天使は悪魔と踊る 9, 2020

今回もイチャイチャしていてよかった。ラブコメとしてはヒロインが可愛いタイプに分類されるかもしれんのだが、主人公が主人公しているので、正統派いちゃラブものになっている。いちゃラブ好きにはたまらない作品だと思うよ。

適度にサービスシーンもあるけれど、一番の読者サービスはいちゃラブシーンなので……。

アニメ化とかしたらいいのにと思うけど、区切りがつけづらいかもしれない。よくも悪くもスピード感はだいぶスローだし。

話の展開はけっこうコテコテかもしれないんだけれど、王道のボーイ・ミーツ・ガールってことで、とてもよいものだと思う。以下9巻感想。

スポンサーリンク

好きで満ちる世界いいよね…

うーん、いい。まぁコテコテかもしれないんだけど。いやコテコテなんだけど。でもいいよね。なんかこう、この世界の中心が彼と彼女にあるなぁって感じ。もう登場人物全員が二人の仲をもりたてる舞台装置なのだよ。

今回はオラついた阿久津の昔のトラウマさんたちが、リリーを襲って多少のストレス展開を迎えつつも、ピンチのところで颯爽と阿久津が登場、盛ついた猿どもをブチのめす!トラウマを乗り越えながらも自己嫌悪に沈む阿久津をリリーがぎゅっとして「嬉しかった」からの二人の好きオーラで世界は満ちる!やったー!

2020年になってもやっぱり正統派は良いものであることだなぁ。前巻まではリリーのただならぬ家庭事情と過去に触れられていたけれど、今回は阿久津もまた訳ありの人生を歩んでいたことがわかり、まぁ二人で互いの過去を乗り越えていくのだなぁと思わせるよねいいよね。

カプ感がある

距離感的にも、自分の好意に自覚的なのはもちろん、相手の好意も確信を持ってはいるものの、互いに一歩を踏み出せない一番甘酸っぱい距離感で見ていてニヤニヤしますわ。リリーが可愛いのはもちろん、阿久津と二人で幸せになってほしいと思わせるカプ感があるね。

リリーが二人目の女っぽい発言が周囲でされているのはちょっと不穏な感じはするのだが、こういうときは何かしらの繋がりがあるのがセオリーなので、終わってみればより二人の関係が運命的であったことを強調するものになるだろうと思う。

なんか9巻最後では訳知り顔のおっぱいさんが空気読まない感じで出てきて、オラ系猿どもとはまた別のベクトルでストレス展開かましてくれそうだが、まぁきっと間違いなく当て馬おっぱいさんなのだろう。10巻では存分に当て馬ってくれ。

しかし、ここまででもう9巻も出ているのにはちょっと驚く。よく言えば丁寧だが、スローテンポではあるよな。1巻でてからもう4年くらいたつし。でも句切れそうなところもあるし、アニメ化とかしねぇかなぁ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です