『生徒会役員共』17-18巻感想:ウオミーが津田の通い妻で現地妻

氏家ト全, 生徒会役員共 18, 2019

知らない人にはなんてことないけれど、読者的にはギョッとする表紙。表紙で内輪ネタしても問題ないくらいには長く続いている漫画。なるだけ長く続いてほしいと思う。

とはいえ仲が進展しまうとやりづらくなるジレンマ。特に生徒会組は……ということだからなのかどうかわからないが、ウオミー推しがすごい。完全に家族化していて、会長も気が気でない様子。っていうか近所の人からはそういう人だと思われているんじゃなかろうか。

なにげに森さんともフラグたった気がする?まぁフラグをたたせ続けるのは一つかもしれない。

以下17-18巻感想。

スポンサーリンク

ウオミーの距離感が完全に家族

こういう延々と続いてほしい漫画では、ある一定以上ラインに関係を進めるのが非常に難しいのはわかる。サブキャラの位置付けならともかく、主人公・ヒロインクラスになると、ヘタにくっつこうものなら「え、ちょ、まさか最終回?」と読者は慌てふためくことになるし、たとえ続いたところでその先で繰り広げられる話は、それまでとはまったく別世界の話になってしまう。

なのでまぁ、生徒会の面々はもう今が限界なのかなぁと、18巻も続けばそれも致し方なしではあるのだけれど、かといって関係性に何の変化もないとつまらない……。

というわけなのかどうかは知らないが、ウオミーの入り込みっぷりが半端ない。親戚という名目の元にやりたい放題、もはや津田家。ページ外では、津田家がウオミー家に週2回はお邪魔しているということも17巻で判明し、これには会長ならずとも「深まっている!」と驚愕せざるを得ない。ウオミー、通い妻なだけではなく現地妻でもあった。このままいったら順当に毎日一緒に暮らすことになるやろ。たとえ津田に彼女ができてもウオミーは一切スタイルを変えなさそう

まぁそれはある意味では恋人関係とは違うから……という名目になることの証左かもしれないのだが、いやしかしねぇ。ご近所の人たちは「そういう関係なんだな」と思っているのではなかろうか。

森さんもちょっとたちつつある?

森さんとも微妙にいい感じになっている。まぁ五十嵐さんともWデートしているし、距離感的にはそれくらいの「青春時代の甘酸っぱい距離感」程度だとは思う。縦の関係に限界があるなら、横の関係を増やすのはまぁ一つではあるよね。森さんとカップル取材を受けたときの、生徒会面々の反応はちょっと気になる。

肝心の生徒会面々は

一方で、生徒会の面々とはマンネリ気味。スズが特に何もなくて、スズ派の自分はちょっと寂しい。

ってか、17巻のエイプリルフールでは、津田は「会長にプロポーズした」という核爆弾級の嘘をつくわけだが、こういう嘘をしれっと言えてしまうのは、津田からは会長については本当に「尊敬」以上の感情がないということなんだろうか。。。色々と空気の読める彼だから、少しでもそういう気配を感じていれば、そんな嘘はつかないと思うんだよなぁ。ということで、ちょっともにょったりもした。

まぁそれくらいの朴念仁だからウオミーの通い妻も許されるのかもしれない。ウオミー自身もずれた人だし。まぁ、この二人は何の気なしにそういうことするのかも……的な、ギリギリのラインで。

いやー、総合的に考えて、今一番近いのはウオミーの気がして仕方ない。しかもなんかまだ掘り下げられそうだしこの二人。いったいどこまでいくのやら。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です