『桜井さんは気づいてほしい』1-2巻感想:これ以上気づく何かはないだろう

あきのそら, 桜井さんは気づいてほしい 1, 2020

気づいてほしいって何を?と思うくらいにはあからさまなんだが、そこはまぁラブコメ浪漫ということか。扉絵除いた本編で、顔より先にパンツが出てくるヒロインさんです。ギャルゲーみが強い。

うーんまぁ正直言うと5分で読み終わってしまった系で、まぁ5分は言い過ぎかもしれないんだが、そんな感じ。野郎向けのラブコメ読み慣れている人なら、Amazonの立ち読みでもうだいたい全部わかると思う。最初の1話がずっと続くと思ってもらって大丈夫。

なのでまぁ、ポチるかはどうかは非常に判断しやすいんじゃないでしょうか。少なくとも女の子は表紙のとおり可愛い。表紙だけ可愛いヒロインも時々いるが、本作はちゃんと最初から最後まで可愛いしパンツも見せてくれる天使なのでご安心ください。

強いて言うなら男の趣味が謎です。まぁラブコメではよくあること。以下1巻感想。

スポンサーリンク

桜井さん可愛い漫画

ヒロインが可愛かったのと半額セールだったから、1,2巻とポチってしまったのだが、いざ読み始めたら5分で最後のページにたどり着いてしまったよ。多分この記事書くのにかかっている時間のほうが圧倒的に長いですわ。

なので正直1言うと「あーポチるならまず1巻だけにすべきだった」と思ってしまったし、なんなら「立ち読みで判断できた」とも思ったが、別にオススメしないとか、そんなことはない。

なにしろ桜井さんは確かに可愛いので。立ち読みしたらわかるけれど顔より先にパンツ見せてくれる天使だし、その後もずっと主人公にだけベタベタしてくれる美少女。

ということで、ラブコメっていうか可愛い女の子が見られたらそれでいいし、主人公に自己投影できるスキル持ちなので、特に理由もなくイチャイチャできるならそれでヨシですよっていうタイプなら、普通に楽しめると思う。そして、それはAmazonの立ち読みで十分判断できると思うんよね。

主人公はもうちょっと頑張れ

俺自身はどちらかといえばカップリング的な楽しみ方をしたいほうだし、その傾向は歳を取るにつれてどんどん強まってきたので、まぁ目が滑るのも仕方ないかな。

いやー、もうちょっと主人公は頑張ってほしかった。やっぱりラブコメはカプ感がないと。いや実際、そうしないと、ヒロインの可愛さばかりが強調されてしまうので、なんつーかね、「自分が可愛いということを知っている女子」感が強くなると思うんよ。それはナルシズムやん。まぁ桜井さんはそれだけのことをしても許される器量の良さがあるんだけど、性格的な魅力は減退するね。

理想的には、「ああこの二人だからこの態度なんだな」って思えるほうがよいし、多分そういう描かれ方を本当はしているんじゃないかと思うんだが、あまりそうは思えなかったのは、やはり量産型理由なきモテモテ主人公だからなんじゃなかろうかという気がする。

こういう感じなので、3巻以降はうーんかなぁ。。。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です