『パラレルパラダイス』11巻感想:様式美的和姦漫画だけどさすがにもうそろそろ新味がほしい

岡本倫, パラレルパラダイス 11, 2020

表紙の子見ると、ああ今回はコイツがアヘ顔晒すのか…と思わされる本作で、まぁご期待に添えるのだが、どちらかというと新しく登場した女騎士のほうが印象に残っているかもしれない。

まぁパターンとしてはあんたなんかに絶対発情させられないんだからねの即落ち2コマで、恐らく気の所為ではなくそのパターンだけでもう11巻なのだが、毎回少しずつ女子の性格を変化させることでここまでもっている。ここらでいっそコボルトにやられたらいいのにとか思わなくもないが、ヨータは和姦がいいらしいから…。

以下和姦ラブコメ11巻感想。さすがにちょっと飽きがきている。

スポンサーリンク

今回もアヘるよ

今回まるで話が進んでないなと思うが、もとよりストーリーの3/4くらいが交尾なのでこんなものかもしれない第11巻。この調子だとまだだいぶ交尾だけで続きそうだ。交尾なかったらもう終わってそうなのに。でも交尾なかったら面白くないんだよねこの漫画。つまり交尾漫画ってことになるのかね。

例によって、表紙の子は新しくアヘ顔を担当する女子なわけだが、11巻にもなるとパターンが出し尽くされたような感じはしなくもない。もちろん細かく見ていけば十人十色ではあるのだが…。

今回はツンデレというかまぁ、男に幻想を見ているが故に、生身の男に対して拒絶反応を示し、失礼なことも平気で言える気の強いタイプ。

とはいえヨータのチート能力で、身体のほうは速攻で堕ちるわけだが、それに対するヨータの対応がよかったね。

岡本倫, パラレルパラダイス 11, 2020

俺も和姦がいい(クソリプ感)。

なんか好きだな、このコマ。こんな睨みきかせながら合意を求めるとかある?でもこれ傍若無人ではあるが、わざと好きと言わせる凌辱プレイというわけではないんだよね。

真面目にヨータとしてはセックスできるかどうでもいいのだろうし、とはいえ身体が抵抗できないことは知っているから、あまり可哀想な状態になればまぁ事務的にしてやるような気はする。それはそれで「なるほどこういう女もいるのか」とか考えそう。

いい加減女のパターンは決まってきているから、男のほうで変化つけないとね

どこまでいっても即落ち

とはいえ、まぁ結局いつもどおりの様式美的な即落ちなので、ヨータの考え方はあんまり変わることもなかったが。

むしろこの後のくっころ感溢れる女騎士のほうが見ものだったか……いやでも結局いつもどおりなんだよな……。

さすがにちょっと飽きてきた感もある。まぁここまで来た以上最後まで付き合うつもりでいるけどさ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です