『オーク編集と女騎士マンガ家さん』1巻感想:昔ながらの漫画家漫画

原作 インド僧, 漫画 佐藤貴文, オーク編集と女騎士マンガ家さん 1, 2018

何かするわけではないオークとクッコロ系女騎士的なフレームワークで漫画家漫画をやってみた作品。

途中で思いっきりcomicoを揶揄していたがいいんだろうか。っていうかcomicoを揶揄しているように見せかけた自虐ネタに見えたが。

主人公はオークということで、ラブコメではなくて純粋にギャグ漫画。無駄にエロいシーンもあるがエロ期待するような作品ではない。というかむしろこの作品の場合エロ描写は雑味のように感じられた。

面白かったかと言われるとどうだろう。個人的には、女騎士にこだわらないほうがよかったような気もする。以下1巻感想。

スポンサーリンク

自虐?

昔ながらの漫画家漫画に現代的な異世界ファンタジーのフレームワークを取り入れた作品で、描かれている内容は少々昭和的で熱苦しい。

comicoを揶揄していると思しきシーンは「いいの?」と思ったがどうなんだろう。「流行りの要素をぶち込んだだけで個性が完全に消えていた!」ってこれ自虐では……と正直思わなくもなかったんだが、ここらへんの温度感がわからない。「それこの漫画のことやん!」って笑っちゃっていいところだったのだろうか。

オークと女騎士とかタイトルに入れている時点で、流行り云々の謗りはどうしても免れ得ないところだと思うが、この漫画の場合は無理に女騎士入れなくても良かったんじゃねとちょっと思ったりもした。

最初にオークがスーツ来て皆と混じり合っているところはけっこう面白く感じられたんだよな。あと触手がアシスタントになる回も楽しかったな。うーん、やっぱり女騎士絡みのお色気が、なんだか安易さを感じられて微妙だったな。

ってーか女騎士、途中で騎士やめるから女騎士ですらなくなるんだよな。あの鎧は精神的攻撃も緩和させる効果があるらしいから、それが鎧を着続ける理由にはなるんだろうけれど、ただのコスプレになっている。

ううん。全3巻完結かー。うーん。続きポチるかはだいぶ微妙かな。。。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です