『幼なじみになじみたい』1-2巻感想:幼なじみ漫画…に見せかけた幼なじみになりたかったサブヒロインの漫画

新挑限, 幼なじみになじみたい 1, 2017

幼なじみ漫画、に見せかけた先輩漫画。幼なじみ大勝利の方程式を拝もうと読んだら肩透かしくらうのではないか。

いや、幼なじみは大勝利なのだが。多分、それよりも先輩(女)の片想いのほうが目についてしまうと思われる。「君の幼なじみになりたかった」と羨みながら、しかしネバーギブアップで果敢に攻める先輩こそ、サブヒロインであるにも関わらず本作で一番目立っている。

そういう構成であるので、幼なじみ漫画としてももちろん読めるのだが、どちらかというと大勝利を約束されているんだが悪い虫が気になって仕方ない幼なじみ(女)の図を楽しむという、いちゃラブを求める向きからすると、やや変則的な楽しみ方になるのではないか。

昨今のラブコメ漫画界隈では、名は体を表す看板に偽りなしであることが多いのだが、本作はストレートとは言い難くやや斜めに入っており、タイトル詐欺とまでは言わないが、人を選ぶかもしれない。逆に言うとその分個性的なので、ハマる人はハマるかも。どっちかってと三角関係、サブヒロイン好きに受けると思う。ところで舞台が青森なのはちょっとめずらしいね。以下1-2巻感想。

スポンサーリンク

幼なじみ漫画…?

作者さんの名前読めねーと思ったがあらいどかぎりらしい。もともとはWebで公開していたようだ。いちゃラブものは元Webが多いね。まぁWeb漫画は昔から男女いちゃラブが強いしね。幼なじみは敗北属性?勝利の方程式ですが?そう、これはそういう漫画……

……と見せかけた、三角関係修羅場漫画だ!

っていうのはまぁ言い過ぎなんだけれど、正直この漫画で一番目立っているのは、幼なじみ二人ではなく横恋慕の先輩(女)だったりする。

この漫画の生い立ちや昨今のラブコメ界隈を考えると、この構成は非常にチャレンジングに思える。というのも、恐らくこの漫画を手に取る人は「おっ、これは幼なじみのいちゃラブものかなぐふふ」などと思っているはずで、実際最初の数話は再開型幼なじみの展開をしてくれて「これこれ!」などと思わせておきながら、唐突に出てくるお邪魔虫であるところの先輩キャラに「!?」となること請け合いである。

もはや幼馴染になりたかった先輩漫画

で、その傾向は2巻になるとさらに強くなる。恐らくは、魅力的なサブヒロインを当て、それでもなお選ばれる幼なじみ……と幼なじみな二人の関係を際立たせるキャラなのではないかと思うのだが、ぶっちゃけ幼なじみな二人よりも先輩の片想いのほうがよく描けている。なんなんだ。特に先輩が海ではしゃぐ二人を見て「私も――君の幼なじみになりたかった」と遠い目で独りごちるシーンは圧巻である。いや本作で一番印象深いシーンマジでそこだからね。っていうかもはや先輩のほうが可愛いんだけど。

大助(幼なじみ・男)に告白して振られてもなお、「もう既成事実しかねえええ」とネバーギブアップの先輩素敵。まぁ実際「好きな人がいる?オーケー、じゃあ奪うわ!」というのはアリだし、特に20歳以降ならラブコメでもそれは許される(十代ラブコメはもうちょっとピュアなのが求められるはずだけど20超えたら略奪愛は全然OKだわ)。

正直、本作のテーマは幼なじみというだけで勝利するラブコメのテンプレに対するアンチテーゼなのではないかとすら思えてくる。幼なじみ漫画を求めていた人はギリギリしてしまうのではないだろうか……。

全3巻なので、恐らく次巻、先輩は完膚なきまでに幼なじみに恋愛戦争でボコられるのだと思うが、二人がいかにしてくっつくかよりも先輩がいかに爆散するかのほうが気になってしまっている

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です