ラブコメはエーテルになってもフェニックスの尾にはならない

FFやってない人にはわけのわからないタイトルだけれど、つまりはHPが0になるとラブコメ読んでも癒やされないという話です。

はいはい、HPが0でした。お陰様でここ一ヶ月くらいの更新頻度はサイト始まって以来くらいのクソ最低状況でした。今、ようやくちょっと記事書こうと思う程度には復活してきました。自分を復活させてくれたのはラブコメ……ではなくて、家族や友人の存在でした。あと、睡眠とごはん。そして時の流れ。自分のからだと心、身内は、大切にしないといけないね。あとは時の流れが忘れさせてくれます。

スポンサーリンク

更新されてないだろう

このサイトはそこそこの更新頻度で、一時期は毎日更新していたのだが、さすがに4年目になるとそんな元気もなく、それでもまぁ平均して3日に1回くらい…あるかな、いやまぁでもそこそこの更新頻度ではあったと思う。ブログ好きならわかると思うが、4年目のブログでこれだけ更新しているのはなかなか珍しいものなんだ。ブログを始めることはかんたんだけれど、続けることは本当に難しいからね。

おまけにこのサイトは「ラブコメ漫画の感想」と極めて狭い範囲のネタのみ取り扱っているから、それをこんだけ続けているのは大したものだと我ながら思うのだよ。いや、実際こんだけラブコメ漫画の感想記事があるブログってそんなにないと思うし。もう無駄に800記事ある。

それが、ここ一ヶ月ほど、ほっとんど更新していないのは、まぁ日常生活が忙しかったのもあるんだけれど、それ以上に精神的にラブコメなんて気分になれなかったからだ。お盆の頃にかろうじてかぐや様の最新刊の感想記事を書いたけれど、あれだって読んだのは実はもっと前、っていうか発売されてすぐポチって読んだので、ラブコメ自体はここ最近もうほっとんど読んでいないのである。

なにかってまぁ、色々あったんだけどさ。生きていると色々あるね。人間不信になるかと思った。なぜ現実の世界はかくも醜いのか。

ラブコメで回復できない

こうなってしまうと、もうラブコメなんてまったく読む気になれない。普段は俺に生きる活力を与えてくれるラブコメが、もうまったくびびるくらいに響かない……と言いつつかぐや様はそんなときでも尊さを感じさせてくれたのであの漫画はやはりすごいわ。感想記事書くために読み直したけどやっぱり幸せだった。

だったんだけれど、いっときの幸福であったことは事実。なんだろうね、こう、ラブコメってMP回復のちからがあると思うんだけれど、そもそもHPが0になっちゃうともうどうにもならんっていうね。そんな感じ。

少し回復した

そんな俺だったが、ようやくこんな記事を書ける程度には回復してきた。それはラブコメのおかげ……ではなくて、月並みだけれど、家族や友人の存在であった。そしてご飯食べてよく寝たこと。ほんとに。人間の生命力ってすごいわ。

まぁ正直、状況的にはまだまだ予断を許さない状況だったりするのだけれど、これから何があっても、ピークは超えたかなと思っている。なので、これからまたちょこちょことラブコメ読んで、記事を書いていきたい。

……それにしても、プロってすごいよなぁ。どんな精神状態でも、ハッピーなラブコメストーリー描かなきゃいけないんだろう?ぼくにはとてもできない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です