『隣人を妹せよ!』5-8巻(最終巻)感想:妹漫画…ではなく幼馴染漫画……でもなく姉漫画

森乃葉りふ, 隣人を妹せよ! 8, 2020

あ……終わったのか。そうか。なるほど。

タイトルは妹だが、その実態は幼馴染漫画……に見せかけた姉漫画だ!!……いやまぁ幼馴染漫画なんだけどさ。ただ一番印象的だったのが主人公の姉キャラであるところのシトラ姉なんだよね。

まぁフツーにラブコメらしく、ちゃんと結論出して終わるんだけれど、いっそ姉にフォーカスしてさらなる展開があってもよかったと思うくらいにはシト姉がお気に入りだった。以下5-8巻感想。8巻で最終巻だよ。

スポンサーリンク

妹漫画…?

野郎向けラブコメにおいて絶大な存在感を誇る妹キャラだが、実は妹キャラ自体は必ずしもラブコメ的に強いヒロインというわけではない。まぁそりゃそうで、まず実妹は近親相姦というタブーで、いくら流行ったといってもやはりどこまでいってもニッチ属性なのである。

かといって実妹でなければ血の繋がりがない(あるいは薄い)ということで、禁忌な感じはなくなるもののラブコメ属性的な意味での妹力はダダ下がりしてしまうわけだ。一方正ヒロインになる可能性は大きく上がるので、妹力と正ヒロイン力はトレードオフの関係にある。なんだかんだで近親相姦はタブーだとわかる。

さて本作の妹キャラであるまとりはといえば、苗字が同じというだけで主人公をお兄ちゃんと呼ぶ頭沸いてる子であり、義妹どころか偽妹。っていうか赤の他人。しかも彼女のキャラについては最後まで深堀りされることもなく、いったいお前はなんなんだという非常に謎めいたキャラのまま終わった。

いやマジでなんだったのだ。ポジション的には血の繋がりがない以上十分本ヒロインになる可能性はあったのだが。もしかすると最初はそういう予定だったりしたのだろうか。

が、幼馴染の正ヒロイン力が最初から圧倒的であったので、結果的にまぁ順当に幼馴染エンド。まぁそうなるとは思っていた。正直ライバルの再会系幼馴染はいらんかった。見た目は好みだけど。あの子の出番でシトラ姉描いてほしかった。

ガチ系お姉ちゃん

個人的に一番のお気に入りはシトラ姉なんだよね。ドリームお姉ちゃん。元々幼馴染に対して「牛女」と辛辣な呼び名をするくらいで、決して弟の恋愛を後押しするのではないタイプの姉キャラ。姉キャラは比較的弟の恋を応援するタイプが多い立ち位置なので、ガチでお邪魔虫してくるのはちょっとめずらしいなと思っていた。

いや、珍しいどころかガチ方面でガチだった。最後、巽が幼馴染と付き合い始めたと聞いた時、「巽は私のことが好きだったんじゃないのか!?」「私だけの巽じゃなかったんか!?」とマジギレした挙げ句「もう私のことは嫌いになったんか…?」と震えていて、あ、この人本気だったんだと。

なんとなく察していたような寧子とは反応が対称的で、本当に予想してなかったっぽいし受け入れられてないぞこの人っていう。泣かなかったのは最後の矜持だろうけれど、多分寧子と二人になってからボロ泣きしただろう。そしてその後も完全に割り切るわけでもなく、「私が見張ってるからな…お前が巽の彼女にふさわしいか!」を有言実行するのだろうなぁ

シトラが今後も弟離れしないであろう超絶ブラコンなのに加え、寧子も言わないだけで高校生の弟と一緒にお風呂入ろうとするくらいにはブラコンであり、約束された小姑2人(しかも1人は別れたら喜びそうな…)がいて、正直よくそんなの彼氏にするなーと思うがそこはまぁラブコメなので。

ってかあれか、小姑3人か。なにしろ「大切な妹ですー」とか言って抱きついてくる謎の妹がいるからな。血も繋がってないし完全なアウトじゃないのか……?多分こいつもずっといるぞ……?ってかお前は本当に何者なんだ……?

姉漫画だった

ということでまぁ、義妹ですらない偽妹漫画……に見せかけて幼馴染漫画……なのだが一番印象深いのは結局姉な漫画、という感じであった。途中参加で再会系幼馴染のささなは本当に当て馬でしかなかったなぁ。二重人格という珍しい属性もあったが、結局あまり有効に活用されなかった(ともすれば重い解離性障害を軽く扱えるのもまたコメディの醍醐味だと思うのだよ……色々言う人はいるだろうけどさ…傷つく人もそりゃいるだろうけどさ)。

まぁ正直最後は有耶無耶か、結論出すなら幼馴染エンドだろうとは思っていたので、予定調和的ではあるのだが、どうせ幼馴染エンドなら、さっさとくっつけて実姉のシトラと偽妹のまとりに徹底的に邪魔させるような展開も見てみたかった気はする(まとりはわざとではなく天然、シトラはもちろん100%故意)。

ってーかシトラ姉はリアルに弟に操立ててると思うから巽はなにかの形で責任取ってやってくれ。お前もけっこう思わせぶりな態度してたろ。

とかなんとか思ってしまうあたり、俺にとってこの漫画は姉漫画だったんだなぁ。そしてまとりとかいう謎の生命体。修羅場ってほしかったけどこの漫画の雰囲気ではなかったか……。ちょっと残念だな。シトラ姉面白かったのに。シトラ姉がひたすら新婚の邪魔をガチでする話とか……ないよね。はい、すいません。

なんにしても、8年間お疲れ様でした。シトラ姉に感情移入しちゃうのは俺が年食ったのもあるんだろうなぁ。30超えて何を言う。笑えねー。ははは。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です