『小森さんは断れない!』9巻感想:今回は日常系。いちゃいちゃしている日常。

クール教信者, 小森さんは断れない! 9, 2021

久しぶりクール教信者作品。それにしても相変わらず主張の激しい大森さんボディしてらっしゃる。

今回はまったりというか、ほぼ動きなしで日常パートがひたすら続く。印象に残ったのは大谷が小森さんの誕生日忘れかけていたこととオッパイに顔埋めるパターンが増えたことくらいか。まぁでもこの二人既に最後までいってるしな。

ラブコメ的にはサブの山中・シキ・めぐみのラインのほうがちょっと面白いんだけどね。まぁ今回何もないけど、っていうかまぁこの三人は山を超えて安定状態に入ったので、このままいくのかな。

以下9巻感想。

スポンサーリンク

なにもない

この漫画どこに向かっているのかよくわからないところあるから、どうなってもおかしくないよなと思いながら毎度読むんだけれど、今回は凪のように無風で何もなかった。まぁ日常系に入るはずなので、それが普通といえばそうかもしれないんだけれど。そしてそれが実は求められていることかもしれないんだが。なので、動きのない本巻の内容はある意味では日常ものとして求められているものを提供したとも言えるんだろうか。

山中とシキは珍しい関係だねめぐみ含めて

強いて言えば、大谷の友人であるところのヤッチュンの闇が垣間見えて「おおぅ…」という気分にさせられるが、しかしホモアピールに余念のない彼氏をもつ笹岡こそ実は本作で一番の変わり者なのかもしれない。

というかまぁ、見ている感じだと、恐らく山中は恋愛感情というもの自体が希薄で、友情と恋情の境目が曖昧なのだろうという気がする。なので、別に女性に興味がないということではないだろう。というかもしそういう自覚があったら、相手に失礼だから付き合わないだろう、彼の性格的に。

その意味では、めぐみも恐らく似たようなところがあると思われる。同性・異性の境界線がぼやけたというか、感覚が鈍いところがあって、それでこの二人は何か似た者同士のような感じがするのだろうなぁ、なんて思う。まぁ山中のほうがちょっと重症に見えるのは、彼が男だからだろうか。女のほうが同性との距離感が近いから、男ほどはその奇異さが目立たない。

そういう彼の特性をわかっている、のかどうかはわからないが、異性としての関係を明確に求めるシキの戦略は恋愛戦略として正しかろう。シキが求めすぎない限り、この関係は続けられるものと思うが、実際この後どうなるんだろうね。

なにげに、ラブコメとしてはだいぶ珍しい関係性構築していると思う。三角関係というだけならいくらもあるんだけれど。山中とめぐみの関係性自体がちょっとめずらしいからだろうな。小森さんと大谷の関係がど安定なので、ラブコメとしてはむしろこのラインのほうが面白かったりする。

変わった漫画なので

いや別に小森・大谷の看板カップルが面白くないわけではないんだが。まぁ今回は大谷が小森の胸に顔うずめて密着しながら背伸びしてなでなでするの、一部の性癖にどストレートなんじゃなかろうか。まぁ今回はいちゃいちゃしているだけだったね。

この二人はそれぞれしっかりしているから、自分のことは自分で決めるんだよな。ラブコメとしては多少共依存の気があるくらいのほうが映えると思うけれども、そういう二人ではない。

本巻の最後で、小森さん何か個人事業主的なお仕事思いついたようで、つまり便利屋に思えるんだが、それともなんかちょっと違うことを考えているんだろうか。

学生漫画で仕事までいってなお続くと、だいぶ変わった漫画と言えるだろうな。変わった漫画か。まだだいぶ続きそうだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です