『彼女とつーぴー』1巻感想:クラスで一番可愛い子の生々しさ

森井暁正, 彼女とつーぴー 1, 2018

全2巻で既に完結している。

クラスで一番可愛い子と晴れてお付き合いすることになれて、勝っても負けても大勝利でしかないエッチな罰ゲームを賭けた戦いに明け暮れる幸せ過ぎる青春を描いた夢の漫画。

クラスで一番可愛い子、というところに妙な生々しさを感じる。過激な性表現が溢れるこのラブコメ界隈の中では、それほどすごいことをしているわけではないのだが、やけにエロく感じられるのは、この生々しさのせいだろう。

まぁ夢なんだけどね。生々しい夢っていいよね。以下1巻感想。

スポンサーリンク

生々しくエロい

中学生カップルがイチャイチャするだけで、割と過激な性描写の多いこの界隈においては、大したことをしていないはずなのだが、やけにエロく感じる漫画。なんとなく、"クラスで一番かわいい子"という生々しさがそう感じさせている気がする。

"クラスで一番可愛い"というのは、よくよく考えてみる不思議な表現だ。本作でもこのヒロインは告白されたりしてモテているようなので、確かに可愛い方であることは間違いないのだろうが、本当に"クラスで一番可愛い"と共有されているのかはわからない。が、現実もそんな感じだったような気がする。

誰が一番可愛いか、ということはわざわざ口に出して共有するのは憚られる。あまり容姿のことで順位付けするようなことはやはり褒められたことではないし、またそれは期せずして好意の表明になりかねない。皆と意見が異なりでもしたら、思いっきり「彼女は僕のタイプです」と言うに等しいから、多感な時期の男子が語るには案外リスキーな話題である。

ということで、本作のヒロインが"クラスで一番可愛い"は、主人公にとって"クラスで一番好み"と言い換えてもよいのだが、その感覚はけっこう生々しくて、実際二次元キャラとしては美少女過ぎない程度の美少女っぷりがよい感じだなと思う。

まぁ夢なんですけど

生々しいとは言っても、本当にこの漫画のようなことがあるはずはなく、まぁ浪漫は浪漫である。そりゃね。彼女とゲームでイチャイチャして、待っているのはちょっとエッチな罰ゲームって、どうあがいても大勝利かよ、って。彼女のはいているパンツの色と柄を当てるゲームだの、勝ったほうが負けたほうの胸を揉むだの、幸せかよ。

なぁ、まったく現実味がないだろう。それでいいんです。だってラブコメにおいて現実に起きるかどうかはどうでもいいことだから。必要なことは、生々しさをもって現実っぽさを感じさせることだから。ラブコメにおいてリアリティは、浪漫を否定するのではなく、夢に質感を与えるためにあるべきものだ。したがって、この漫画はどこまでも正しい。

まぁでも現実でそういうことしたい?って言われたら「別に」って感じだけどな。漫画で見るといいなぁと思うのはなぜだろう。そしてこの漫画はそこらへんのエロ漫画よりもよほどエロスを感じる……。

全2巻で完結してしまうのは残念な気もするが、それくらいでスッキリ終わらせるのがよいのかもしれない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です