『ド級編隊エグゼロス』1-3巻感想:肌色多めの安心設計

きただりょうま, ド級編隊エグゼロス 1

狙い澄ましたタイトルの正妻固定系ハーレムなラブコメ漫画。肌色成分多め。なにしろ戦うたびに服が破ける仕様なので……。ラッキースケベや特に意味のないローアングルの多さ、主人公の性格など、なんとなくToLOVEるみを感じる。ゆらぎ荘の幽奈さんとかいかにもジャンプ系列のソフトエロラブコメという感じ。そういう意味では安心安全?

以下1-3巻感想。

スポンサーリンク

うーんこれはジャンプ的な

ジャンプ的な、なんて言ったけど俺はもともとジャンプ文化には馴染みが薄いので、まぁ偏見なんだ。というか俺が小学生くらいの時は桂正和のアイズあたりが連載していたと思うんだが、正直あれは安心安全とは言い難い、ラブコメとしてはいろいろな意味で危険な要素のある漫画だったように思う。ヒロインが不良に犯されそうになる場面とかあったように思うが、今のラブコメだと炎上必至ではなかろうか。

その後いちご100%とかありつつ、今の俺のジャンプっぽいなぁと思うラブコメのイメージを作ったのは、俺の青春から若干外れている(今となっては信じられないが、当時ネットではむしろ知欠とか言われて叩かれていた)と思われる矢吹健太朗御大と思われるので、氏の業績はまぁすごい。

躊躇わないラッキースケベ、肌色展覧会、そして何より、絶対に寝取られないしヒロインは主人公のものという安心・安全設計。ToLOVEるの一番の特徴はそれだと思う(ただし明確な意思をもたない人外(たとえば触手)によるエロスは許されるようだ)。

本作もまぁその系譜にあるように思えて、ToLOVEるっぽいなぁなんて思ったのは、多分間違いではないだろう。まぁ本作はジャンプスクエアだけど。あ、ToLOVEるも途中からそうだっけ。うむ。

とはいえ、ToLOVEるが俺の好みに合致するかと言えばそうでもなかったりする。まぁこういうサイトをやっているくらいだし読んではいるのだが、1000記事以上書かれているにも関わらず、記事がないのはそういうことでもある。まぁ散々語り尽くされているので、今更俺がなにか言うこともない、というのもある。

本作は恐らくそんなに語り尽くされるほどの有名作ではないと思うので、まぁこうして取り上げて記事を書いているものの、うーん、そうか、なるほど。なんてこった。ToLOVEるっぽいなぁ、以上の感想がない……。ただまぁ、あの作品が好きなら合うと思われる。が、3巻までだとハーレム系の形はとっているものの、正妻決まっているように見えるのは一点注意事項か。幼馴染大勝利かな。

続きは……どうだろうなぁ、読むかもしれないし読まないかもしれない。続きを読めば、また別の感想を持つかなぁ……。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です