一時的に「この接続はプライバシーが保護されません」みたいな表示される状態になってしまっていました

やー、すみません。12/21 22:30前後、時間にして15分くらいだと思いますが、一時的に「この接続はプライバシーが保護されません」みたいな表示になってしまう状態になってしまっていました。

原因はわかっていて、完全に当サイトのサーバーの技術的な問題です。別にハッキングされたとかではないので、閲覧しても何も問題ありませんが、不安にさせてしまうような状態だったと思います。申し訳ないです。

スポンサーリンク

何が起きたかというと

何が起きたかというと、このサイトにアクセスすると「この接続はプライバシーが保護されません」みたいな表示が出て、引き返せー、みたいな状態になっていました。だいたい12/21の22:30前後の10-15分くらいだと思います。

これ、あたった人はびっくりして引き返したと思います。不安にさせてしまって申し訳ない。

原因はSSL証明書の期限切れ

原因はわかっています。技術的な話ですが、当サイトのSSL証明書の期限が切れたから、です。三ヶ月ほど前に「サイトをhttpsに対応させました – 少年は少女に出会う」という記事を書きましたが、その対応が完全ではなかったということになります。

SSL証明書というのは、サイトの通信を暗号化し、また通信しているサイトが間違いなく本物であることを証明するのに必要なものです。普通にネットを楽しんでいる分には、あまり意識することはないかと思いますが、アドレスはhttpから始まるものと、httpsから始まるものがあって、後者のhttpsから始まるアドレスだと、そういうことがされています。

まぁ最近はネットも物騒なので、こういう対応がされているんですね。昔からあるサイトなんかはhttpのままだったりしますが、最近のおせっかいなブラウザは「安全なサイトではありません」なんて表示をしていたりします。これはけっこう賛否両論です。なぜって、当サイトみたいに重要な情報のやりとりがないところだと、ぶっちゃけ必須ってことはないんですよね。。。

でもまぁ世間の潮流に合わせようかということで、当サイトも三ヶ月ほど前に、ちょうど時間ができたこともあって、重い腰を上げてhttps対応させたわけです。このサイトは自分の技術的な趣味で、サーバーの立ち上げからやっているんですよ。なので、https対応もボタンポチーで済む話ではなく、自分であれこれとやっています。

で、対応したんですが、先に出たSSL証明書というやつ、これ有効期限があるので、定期的に更新しないといけないんですよね。で、その更新を自動でやるようにしていたはずなんですが……うまくいかなかった、と。なので、さきほど手動で更新しました。ちょうどサイトの更新作業をしていたので、気づいて対応できたのは不幸中の幸いでしたね。。。

自動で更新できなかった理由は不明

自動更新がうまくいかなかった理由は謎です。このサーバーでは複数のサイトの運営をしていますが(サイト運営が趣味なので)、他のサイトの更新はうまくいっていたからです。なんでこのサイトだけ……と思ったのだけれど、今回最初の更新なので、自動でうまくいかないところがあったのかもしれません。うーん。

なんにしても、ちょうどあたってしまった人には失礼しました。次の更新切れは3ヶ月後なので、3月20日あたりが危ない。入念にチェックすることにします。。。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です