『放課後の拷問少女』1巻感想:清く正しいハーレムラブコメ

BOKU, 放課後の拷問少女 1, 2018

タイトルに拷問なんてつけるから、てっきり学研まんがの如く拷問豆知識でページを埋め尽くしながら、理解し難いエロスを振りまく意識高い系エロ漫画かと思ったら、驚くべきことに清く正しい少年向けちょいエロハーレムラブコメ漫画であった。

まぁひょっとしたらこれから深い話が出てくるのかもしれないのだが、1巻時点では羞恥、緊縛、くすぐり程度のもので、そんなんちょっと緩めのSMやんっていう。

しかし、拷問してなくねっていうのがまったく気にならない程度には、少年向けちょいエロハーレムラブコメとして非常に丁寧な作品であった。逆に意外。以下1巻感想。

スポンサーリンク

ハーレム漫画やん

マジか。ラブコメとしては普通の内容なんだが、普通なのが逆にびっくりやわ。だってさ、拷問少女なんて思わせぶりなタイトルつけられたらさ、もう絶対闇深い系だと思うやん。表紙はすごいキャッチーだけど、表紙だけキャッチーで本編は「あぁ……」みたいなの。あるやん。

かと思ったら、表紙以上に本編はキャッチーでポップでエロス。エロスといってもソフトなエロス。安心安全、全年齢版の少年にも優しいエロス。

丁寧でソフトなエロス

しかもこれが丁寧なエロスなんだわ。丁寧ってのは、心情がちゃんと描かれている、ということ。逆の雑なエロスってのはね、もうヒロインがポロリしてパンツ見せてイヤッフーっていうただそれだけなんよ。あれってね、確かに見た目エロいんだけれど、目が滑るんだよね。一枚絵ならそれでもいいのかもしれないけど、漫画でそれは困る。ヒロインがエロいぜイエーではなんにも伝わってこないのだ。

漫画はやっぱり人物の心情描写あってこそで、たとえ少年向けエロースなんていういかにもバカっぽいジャンルでもそうなんだ。主人公がときめいている様が読者に伝わってこなきゃならんのだ。

そこへいくと、この漫画は主人公・石丸くんがドキドキしたり発情したりする様が伝わってきて実によいね。「『彼女とつーぴー』1巻感想:クラスで一番可愛い子の生々しさ – 少年は少女に出会う」あたりと同種のエロスを感じた。

拷問……?

ということで、自分的には非常に好印象な漫画であった一方、タイトルの内容を期待して読んだら肩透かしだろうな、とも思う。なにしろ拷問といっても、部室に拷問器具があるというだけで、やっていることはくすぐり、緊縛、羞恥と、SMとしても緩いくらいだ。

まぁインパクトが必要な第一話がくすぐりでかつ、しかも主人公もヒロインもくすぐりの耐性は普通で大したことをするでもない、というか結局ラッキースケベで決着、というあたり、この漫画のベクトルは最初から決められていた、ということかもしれない。

拷問というのはちょっとテーマとしてはディープ過ぎるきらいもあるので、これくらい緩いほうが万人受けはするよなーと思いつつも、ちょっと寂しくもある。

とはいえ、学研まんがかよって言いたくなるような拷問豆知識でページを埋め尽くす、ニッチなテーマの漫画でありがちなパターンよりかは、ベタベタのコテコテのハーレムを丁寧に描くほうが面白いのも確かだ。

ゆるゆると楽しむがよい

なんとヒロイン4人という豪華な構成だが、全員巨乳というあたりにためらわない性癖を感じてこれまた好ましい。調子よく全員チョロイン。ああでも、麻美先輩はちょっとわからないのか。個人的に一番好きなのは麻美先輩だが。

というわけで、個人的には意外なことに、まったく脳みそを使わない系のしかし丁寧なラブコメということで、これは何も考えたくないときに良いものだなぁと続きをポチってしまったのであったとさ。っつーか俺、この漫画買ったの2年前だったわ 笑。もう9巻まで出ているとは。人気だなぁ。ということは、やはりニッチには走っていなさそうだな。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です