『姫乃ちゃんに恋はまだ早い』2巻感想:早いなりにもいっちょ前、一方その頃男子は

ゆずチリ, 姫乃ちゃんに恋はまだ早い 2, 2019

小さな恋のメロディを楽しむ小学生ラブコメ第2巻。ホントに早い。

おませでおしゃまな女子小学生と花より団子な男子小学生の精神的成熟度のミスマッチが良い。

純粋に小学生モノで、本当に健全にひたすら小学生しているのが、この界隈では一周回ってマニアックである。

以下2巻感想。

スポンサーリンク

小学生ですから

作者さんの作品といえば忍者シノブさんの純情をだいぶ前に読んだが、徹頭徹尾ラブコメしかしていない、しかしながらお色気成分などはほとんどなく(まぁこの絵柄でお色気出されても困るが)、いやそれどころかキスシーンのようなラブいシーンすらなく、ただひたすら感情描写に徹するというなんとも通好みなラブコメだった。

その流れは本作も汲んでいるのだが、この漫画の場合はヒロインが女子小学生ということで、忍者というトリッキーな属性を持ちつつも女子高生だったシノブさんよりもさらにマニアックな一品となっている。もちろん罪深きお兄さん向けの性的描写など皆無であり、ただひたすらちんちくりんな小学生が小学生しているだけである。

そんな小学生のラブコメとなると、いかにも恋に恋するお年頃という感じが全面に出まくってしまい、唯一無二の恋愛を見たいラブコメ的にはちょっと厳しい。しかし、小学生ラブコメはその背伸びした感じが良いのもまた事実。だが小学生しすぎると「ああホントに恋はまだ早いね」という感じに。ジレンマ。

この手のラブコメの勝利条件は続けることだと思うんよね。何かというと、小学生時点ではどう足掻いてもラブコメ浪漫なラブにはたどり着けないので、そこはもう諦めて、未来を感じさせるようなものだったらいいよなって。ああこのさきもこの二人はなんだかんだずっと一緒にいるんだろうなと思わせたら勝ちだよね。

ひらたく言うと、幼馴染ものの序章と思えたらいける

小学生にして女子力

で、そのためにはとにかく単純に時間がかかる。1話読み切りでは深まる仲も深まるまい。ということで、なんてことのない日常の積み重ねこそが大事だと思うのだが、それは作者さんの作風に合っているようだ。なんてことのない日常の中で姫乃の空回りしている様を見ているだけで楽しい。特に大きな事件もない、小学生どもの小さな世界よ。

個人的に一番ニヤッとしてしまったのは、従妹を連れたオージを目撃してしまった姫乃が、オージに「ずいぶんかわいい子をつれてるのねー へー」と満面の笑みを浮かべ、その様にオージがゾッとするシーン。

ゆずチリ, 姫乃ちゃんに恋はまだ早い 2, 2019

女子力(殺気)。何も知らなくても1コマでわかる殺意の波動

小学生男子のメンタリティ全開で花より団子なオージには、もちろん姫乃の恋愛的機微はわからない。しかし姫乃の笑みと言葉から、ゾッとする何かを感じ取れる。それは本能的なものだろうなぁ。ガキ真っ盛りの男子でも感じ取ってしまう危機。ただその源泉が何かがオージにはわからないので、謎の悪寒ということになる。

それにしても、こういう迫力というか凄みを出せるのは、女子特有の能力の気がする。なんつーか、男子には出せないよねこのオーラ。なんだろうねこの笑いながら殺気放つ感じ

この後は、オージを気に入っていると思われる8歳のりんとバチバチ火花を散らす。8歳にして既にりんは当のオージよりも姫乃の気持ちを察している。そのうえでオージとのスキンシップを見せつけるなど、オージにはわからない戦いが繰り広げられる。もうオージより大人やん。

小学生ものは、男子と女子の精神年齢のミスマッチが大きな魅力だが、それにしても8歳に負けるかオージよ……。……負けるかもなぁ実際。

ところで花火回では姫乃のキス顔が拝めるが、メガネ外したときののび太の目みたいな唇の突き出し方がシノブさんの頃から変わってないわけだが、これがヒロインのキス顔なんだからほんとマニアックなラブコメよね。

既に5巻まで出ている。そのうちに続きもポチると思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です