『履いてください鷹峰さん』1巻感想:下着脱げる少女

柊裕一, 履いてください鷹峰さん 1, 2019

下着を脱ぐと時間を巻き戻せるが、生乳を見られた人間には無効化される美少女と、ヒロインの生乳を見たことによってリーディング・シュタイナーの能力を得た主人公のラブコメ。

一人彼女の能力のスコープ外にいる主人公は、彼女のクローゼットとして、羞恥に耐え周囲の目を忍びこっそりパンツを履かせにいく運命にあるのだった。

うん、だいぶ意味不明な設定のラブコメ。ノーパン・ノーブラが基本かつ、ソフトSM的な要素がるのでけっこうニッチかと思われる。以下1巻感想。

スポンサーリンク

なんぞこの設定

冒頭につらつらと設定内容を書いたわけだが、だいぶ意味のわからん設定である。しかもこの設定を最初の第一話でヒロインが滔々と語るのでだいぶついていけないのだが、そこはそれ、表紙のとおり肉感あふれる美少女なので、エロスのパワーで無理やり押し通す感じだ。

とはいえヒロインがエロいというだけでは昨今のラブコメでは競争力が弱いものの、その後主人公とヒロインはSM的な主従関係を結び、さらに授業中の教室など衆人環視のシチュエーションで主人公にパンツを履かせる無理難題だのをさせるので、「お、どうすんだ?」という具合にけっこう読めてしまった。

また、下着を脱ぐという性質上、そう何度も乱用できるものではないというのは割ときちんと制約になっているし、完璧主義でなんでも一番でないと気がすまない彼女の性格は、この変態的なシチュエーションの良い言い訳になっているので、意味はわからんがよくできている設定なのかもしれない。

幼馴染とかいうラブコメ万能な関係

まぁ設定は奇抜ではあるものの、本質的にはオッパイが大きくてスカートの短い吊り目ドS美少女に踏みにじられたいフェティッシュだとは思う。ただ、なにげに幼馴染で実は既に思い出の中で恋愛ハードルクリアしてます系なのだが、これはラブコメとしては安心の関係である一方、フェティッシュさをだいぶ薄めてしまっているようにも思う……。

とは言うものの、幼馴染という関係でなかった場合、ヒロインはマジで救いようのないド変態だし主人公はそんなド変態に畜生と思いつつも少しずつ心まで屈服してしまいそれに快感を覚える真性ということになってしまい、それはだいぶレベルが高いと思われるので、仕方ないのかもしれんね。

というか1巻巻末で早速互いの身を案じたり看病シチュしたりなど、正統派ラブコメっぽい話を打ち込んできたので、変態的なのは最初だけで、2巻以降は案外普通に純愛の道を歩むのかもしれない。フェティッシュなテーマを掲げておきながら、終わってみればただの純愛ラブコメだった、は割とよくあるパターンだし。

個人的には恐れず変態路線を進んでほしいが、さて……。現状3巻まで出ているようだが、続きをポチるか悩ましいラインだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です