『あつまれ!ふしぎ研究部』7巻:千晶先輩大正義なんです?

安倍真弘, あつまれ!ふしぎ研究部 7, 2019

本作はハーレムものに入るのはそうだろうが、7巻までくると恋愛模様もだいぶ固まってきたようで、当初の感じからは意外なことに、千晶先輩がもっとも勝利に近い女になっている。ただこれは加点法というより、減点法的に他のヒロインが落ちていき、最後に残ったのが減点の少なかった千晶先輩という感じがしなくもない。

スポンサーリンク

千晶先輩ヒロインムーブ

序盤だと一番微妙な感じがした千晶先輩だが、ここにきて明確にメインヒロインみが。家族公認だし、バレンタイン回では他の部員を差し置いて一人ケーキ作りに抜擢、エロスもことね先輩と違って大祐とのクローズドかつ行きすぎないものに限られている。

まぁというか他が脱落した感もあるんよな。特に鈴は千晶の気持ち察しているし、自分自身は妹化路線に入った感。やっぱり妹化はラブコメ的には諸刃の剣なんだな。ことね先輩はまだわからないが、パブリックエロスにはまってしまったのでやや厳しい。和香は存在感がない。ふーちゃんはエロ同人ゲームの女主人公になった。田中さんはサポーターだろう。

ということで、大きな失点なくヒロインポイントを細かく稼ぎ続けた千晶先輩が残ったという感じがする🤔

いや大祐に対する好感度だけなら、一番明確なのは高浜なんだけどね……。もう完全に女主人公だから……少年漫画のラブコメヒロインとしては完全に逸脱しちゃってるから……。個人的には好きだけどね……。

千晶で決まりだろうか

まぁでもことね先輩はまだわからんのかなぁ。大祐がいたずらと思われるラブレターの差出人ではないかと問いただした時には、部員3人とも必要以上に辛辣に否定しているが、これは好意の裏返しと捉えるべきなのかどうか。以前であればからかう方向にいったような気もする。ただこの時も千晶だけやや戸惑い混じりなのは、少なくとも好感度的には千晶が頭一つ抜けているんだろうなぁとは思う。

あと大祐側からの好感度も、多分千晶なんよな。ラブコメというか、恋愛は基本的に女が選んで男が決める構造なので、大祐側の気持ちも無視できない。まぁそういう意味では大祐が告白したら誰でもいける状態にはなっている気はする。

うーん、あんまり早々と決まってしまうのも惜しい感じがする。鈴はもう今更っぽいんだが、少なくともことね先輩にはもうちょっと頑張ってほしい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です