『あつまれ!ふしぎ研究部』1-2巻感想:丁寧で抑制されたハーレム漫画

安部真弘, あつまれ!ふしぎ研究部 1, 2017

表紙の子、先生だと思っていた😂

この漫画はイカ娘の作者さんということもありちょくちょく見ていたので知っていたんだが、何故か女子しか出ない系だと思いこんでいた。

オススメされたメモでハーレム系と教えてもらって「えー知らなんだ」と思ってみたら、まぁまぁお色気要素もあってびっくりした。特に表紙のことね先輩はお色気担当なのか、パンチラやパイタッチもあり、そういう感じだったんだと意外。

このへんは作者さんも意識してやられているようで、下品にはしたくないけれどもお色気はやってみたい、という絶妙な匙加減がきいている。

以下1-2巻感想

スポンサーリンク

納得のハーレム

ハーレムものとは知らなかった。しかもそのハーレムの理由がすごい。女子しかいない部活に男子が入る例のアレなんだが、部員が皆変わっていて被験者を求めていた面があり、それを察した主人公の言葉が

女子相手じゃ可哀相だけどひまそうな男子なら雑に扱えますもんね
そういうことでしょう?

すごく納得した。これは納得せざるを得ないハーレムシチュ。

ハーレム系で最初にして最大の関門は、ハーレムの理由だと思う。ハーレムってのは漢の夢だし、ラブコメというのは夢を描けばそれでいいという向きもある。でも、夢にしても質感というのは必要だ。あまりに現実離れしているとそれはそれで鼻白む。人間というのは難しい生き物なのなんだ。

で、本作のこの理由は実に納得性が高い。ははぁ、と思った。

ちなみにここの理由付けが一番大雑把だけどまぁ文句でないよねというのが、女子校の共学化であり、つまり最近最終巻が出た生徒会役員共だと思うが、まぁいまさらその設定をやると「生徒会役員共じゃねぇか」ってなるから歓迎されんだろうなぁ。

『生徒会役員共』1-3巻感想:ゆるゆると下世話

丁寧な作品

ハーレムの理由付けをちゃんとするのは、丁寧な作品作りの証のように思える。実際、本作はセクシーな描写あれど行き過ぎて下品な感じにはならないし(作者さんもあとがきで言及していたくらいだから、意識的なものだろう)、かといって色気もなにもありません、ということもなく、ほどよく青春の色を感じさせてニヤニヤさせてくれる。卓越したバランス感覚である。

各ヒロインとの距離感も、憧れのお姉さん的な先輩、気安い女友達、どことなく妹っぽい距離感の同学年の女子と、それぞれ別ベクトルの関係が築かれており、これもまたハーレムものとしてポイントが高い。個人的には実妹からも認知された鈴推し。

まぁ話自体は、催眠術、奇術、オカルトという「ふしぎ」を集めているものの、一話完結で取り立てて言うほどのものはないのだけれど、ハーレムものとしては丁寧で、このジャンルが好きな人はもちろん、日常系が好きな諸兄にも楽しめる作品に思えた。

続きも折を見てポチろうと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。