『ディーふらぐ!』139話感想:ちーちゃん本気出したら豪速球出せるけど出すの?

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

久しぶりのブログ更新はディーふらぐ。139話が読めなくなる前に。

今回、まさかの過去話。しかもメインヒロインちーちゃん。マジか。

千歳って、この作品で一番わかりやすく属性盛々子なんだよね。ヒロイン力がホバーして飛沫立てている仮部女性陣の中で、潜在的な高火力を持っているんだけれど、彼女の場合メインの戦場が仮部ではなくて生徒会で、フラグも風間じゃなくて中寄りということもあり、ここまであまり目立っていなかった。

まぁでも実は風間ともフラグたってないわけではなくて、今回のこの話の構成だと、風間と仮部の幼き日から続く因縁という以上に、大きな千歳フラグにもなりうるので、えー、ほんとにー、いまさらーって感じ。どうなるのかなー。

以下139話感想。

スポンサーリンク

ちーちゃんは可愛い

千歳、わかりやすく可愛いよね。多分、仮部で唯一ラブコメストレートを投げられるお方。ちーちゃんはずるい。

千歳のわかりやすい属性盛々は、風間との距離感がけっこうあったからだろう、という風に思っている。サブヒロイン、しかも主人公とは別の男とフラグ立っているからこそ、作者さんも気兼ねなく盛れたんだろうなぁと。あんまりストレート投げたがらないじゃない、作者さん。

今回はそんなちーちゃん特集ということで、マジっすか今からっすか、というかなんというか。しかも過去話で風間と思いっきり絡んでおり、お手々つないで肝試しってあーた、これめっちゃ盛大なフラグにしか見えないんだけどっていう。いや実際フラグだよねこれ。典型的なボーイ・ミーツ・ガールじゃないですか。わーわー。

これはストレートやぞ!!

いまさらCP変更ってあるの?

でもここ数年(数年……)の本作では、高尾サンダーは出ずっぱりだし、正統派ヒロイン力が天井突き抜ける船堀まで目立ってきて、こうなると仮部の隠し球を隠したままにする必要もなさげだし、ついでに言えば中のほうが千歳以外とも生徒会でフラグ立ってんじゃねーかなどあったりもして、あれー、これはもしかして今更風間と接近する展開あるんやろかー?とかなんとか思ったりもする。

そしてその場合、親友の想い人に後出しで接近という、これまたわかりやすい属性が一つ追加されることになる。まぁラブコメで、親友の恋路応援団長が、応援やめて寝取る展開が成功したのを見たことはないんだが。あるんだろうか。

まぁ本作はラブコメが楽しいとはいえギャグ漫画の体裁なので、おそらく恋愛的な決着はつけない疑似ハーレムエンド(というより延長戦エンド?)と予想しているが(終わってほしくない……)、それにしてもその中に千歳が入るんだとすれば、これは劇的な変化だなぁと思う。

千歳はあれで根が常識人かつ上昇志向の強いがんばり屋さんなので、風間との相性自体は実は仮部で一番良い気もする(先生が生徒だったらそっちのほうがよさそうではあるけど)。実際、幼き日のちーちゃんが頑張って肝試しやろうとするの、風間は好きだろうしな、そういうの。

ってかあれだね、この肝試し、もしかして風間が唯一千歳の上にたった瞬間なのでは。幼き日にそういう経験があったというのは、今の関係に反映させた時、強烈な一手になるのではなかろうか。おおー。

まぁでもCP変更も今さらだし、千歳については風間とも実はちょっといい感じの距離、好きな人には刺さるマイナーCP、妄想くらいは許される程度の距離感として、今後も描かれるんじゃなかろうか、とも思う。

芦花は昔からメインマスコットなの?

ちーちゃんが可愛すぎて目立っていないが、ちゃんと芦花とタマちゃんも出ていて、幼き日の風間と出会っている。つまりこれは仮部自体との因縁という話であって、すると作品の正メインヒロインである芦花にとってこそ盛大なフラグになるはずだと思うんだが、完全にちーちゃんが持っていっているというのが、本作らしいっちゃらしいとこなのかもしれんね。

風間はなんでこの特徴的すぎるトリオを今の今まで忘れてたんだとか、仮面被ってても風間の判断ポイントである髪が出ているのでタマちゃんあたり昔会っていたことに気づいても良さそうとか、まぁ色々思いつつ、なんでもいいので末永く続いてくださいという祈りを込めて、次を待つ。単行本出たら買いますから……。

他の記事

ディーふらぐ! の記事

春野友矢 の記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。