『ディーふらぐ!』127話:コスプレ船堀に浄化されたい

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

127話来ていた。今回は満を持して船堀と高尾がVRゲーム世界に入ってきてRPGなコスプレをしてくれるということで、いったい何のコスになるのかそれだけが楽しみであり気になる回。ある意味お色気回みたいなもんですわ。高尾は狩人コスを扉で披露していたが……。

以下127話感想。

スポンサーリンク

船堀忍者の破壊力が高い

ということで、高尾と船堀のコスプレはまさかの桜と同じ忍者被りっていう。さすがに予想しなかったわ。「忍者とか間に合ってるんだよ!」とは風間とは別目線で読者のツッコミでもある……が、でも実際のところ、忍者コス、エロいっすね。。。網網エロス。……網だよね?鎖帷子じゃないすよね。でも全身網ってレベル高すぎの気も…。いや、まぁいいやどっちでも。とにかく網的なものだ。

高尾のまったく隠密できなさそうなシルエットはもちろんエロいのだが、個人的にはそれ以上に船堀がヒットだった。船堀が網って性格に合ってなさすぎて逆にエロいと思う。ってかあれ、しかもこれスカートか。スリットエグいな。そうか、船堀って普段の服装的に足出してないから、余計にエロく感じるんだろうか。網越しとはいえ。

ってかこの服めっちゃ身体のラインでるなぁ。でかさだけで言うなら、高尾>>桜>船堀なのか。船堀思ったよりもスレンダーな感じだ。高尾に胸押し付けられた時に少し気にするような素振りがあれば面白かったが、特にそこらへんはあまり気にしていないらしい。プロポーションが整っているという意味では桜が一番それっぽい気もする。なるほど。

こう、ギャグメインであからさまなお色気展開に走ることがあまりない分、ちょっとしたコスプレだけでやけにエロく感じられるよな。風間的に彼女たちの衣装姿に対して何か思う所はないのだろうか。めっちゃエロいのに。何かコメントしてほしいわ。

特にいかにもコスプレしそうな高尾はともかく、船堀の、しかも性格的に全然合わない忍者、割とエロめなくノ一衣装はかなり破壊力高いだろう?ってかしれっと髪型ポニテだしどうよ。なんか最近すげー船堀推しだわ。

仮部はいつもどおりさすが

まぁ仮部の面々がアレなので、素直に可愛いヒロインもいるよね。ってか欲望のままにカジノに入り浸っているらしいタマちゃん先輩とメインマスコットの芦花に対し、しっかり風間と行動を共にしている桜はさすがだわ。恐らく見た目可愛い動物相手でも逡巡の躊躇いもなしに容赦なくブチ殺せる系女子。

桜的に、風間の二人きりで冒険していたところに、弩級のライバル2人参戦したことについて何か思う所はないのだろうか。しかも自分と属性かぶせてきたっていう。桜もエロいんだけどねぇ。まぁ思う所あっても静かに笑って流しそうだけど。

さすがといえば、なにげに風間の適応力もさすがだなと思う。恐らく最初にモンスター出た時はツッコミまくったと思われるが、この世界はこういうもんだと納得して順応するのは謎の頼もしさがある。

最初から違和感すらもたなそうなタマちゃんや他の仮部面子と違って、まず世界観に疑問をもったうえで納得して適応するあたりに、彼のブリッジとしての優秀さが見受けられる。タマちゃんや芦花は強烈過ぎて一般人にはついていけないが、風間だったら一緒にいられるしなんだかんだで面倒も見てもらえるし。実際船堀なんかダイレクトに仮部と絡むのはちょっと違和感あるというか、お互いノリが違いすぎて絡みづらいと思うが、風間がいるとうまいこと噛み合うもんな。

あれ、仮部のこと言ってたのにまた船堀の話している。なんか知らんけど、今更になって俺の中で船堀株めっちゃ上がってたらしい。柱に「浄化されたい」とかあったけど俺も浄化されたいわ船堀に。

関連記事とか

他の記事

ディーふらぐ! の記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です