『ディーふらぐ!』122話感想:今まで一番の衝撃なんだが?

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

マジか!って本当に言っちゃったよ読みながら。いやまぁラブコメでは割とよくある展開なんだけれど、正直風間でやると思わなかった。坊主になった時より衝撃。是非その姿を之江っちに見せて。そして芦花はひょっとしていない時のほうが存在感あるのでは。

以下122話感想。

スポンサーリンク

風間くん、家ではお姉ちゃんだったのか!

まさかあの時のモブのセリフがここに来て実現されるとは思わなかったし、あの話の時点では実現する気も作者さんにはなかったのではないかと思われる。お姉ちゃん大好き弁当回だからだいぶ前だよね。アニメ化された回だから4,5巻くらいか(アニメ二期はないとわかっているけれどやはり見たかった…)。

まさかまさかの風間くんお姉ちゃん展開。いや、正直びっくり。ラブコメではよくある展開っちゃそうかもしれないんだけれど、それはあくまで可愛い系の顔した主人公の話であって、風間のように野郎野郎したやつが女装ってのは中々……。

しかも炎属性風間くん家では炎属性だったのか……。

っていうか風間の芦花ぶりっ子の再現度高いな。よく覚えていたな。芦花、いない時のほうがヒロインしているんじゃないのか

いやー、風間の女装姿を是非他の皆々様に見せてその反応を知りたい。高尾はけっこう満更でもない反応なんだが、あれで案外察しはいいので、自分のためにやってくれたとわかっているからだろう。仮部の面々はただただ面白がりそうだ。桜なんかひと目見てだいたいの事情を察しつつパシャパシャ写メ撮りそう。

天然でショックを受けてくれそうなのは船堀か。家ではお姉ちゃん疑惑の時もなんだかはわはわしていたし。だが一番見せたいのは之江っち。お兄ちゃんがお姉ちゃんになるのはたとえどんな事情があっても嫌だろう。あとなにげに中。なんか中の好みに合致してそうな気がする

まぁバレないとね

そしてラストはきっかり高尾のブラバレ。うむ、やはりこうでないとな。ここは期待を裏切らない展開。真っ赤になって固まっている高尾と声にならない叫びを上げる風間。うむ、順当に次が楽しみ。

しかしほんとにブラでかいな。さすが若かりしあの母を超えただけある。これだけのポテンシャルを秘めながら、島で水着にならなかったモテアマ……。

かばんにブラジャーは姉たち的にもこれは衝撃のはずだが、どうなるかな。

関連記事とか

他の記事

ディーふらぐ! の記事

春野友矢 の記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です