コンテンツへスキップ

2020年最初の記事としてどうかと思うが、なんかつらつら書いていたら長くなってしまった。

まぁ結論だけ書いていくと、俺はこれまで旧態依然とした商業出版された漫画を中心に読み進めていたが、今後はなるべく積極的に、多用な媒体で漫画にアクセスしていきたい、という話だ。

……積ん読も消化したいのだけれど。

... "相変わらず漫画のマネタイズは商業出版だし、漫画との接し方を変えていきたい" を続けて読む

あまりいないと思うのだけれど、140文字では収まらない熱い想いを吐き出せる自分の庭みたいな場所がほしいという人にとって、有力な選択肢は今なおブログだ。最近は読書用のSNSもあり、特に漫画だとアル | マンガの新刊・無料情報メディアというサービスが熟れているしそこそこ流行っているのかな、と思うし、そういうところで吐き出せている人もいるだろう。

ただ、そういうプラットフォームに乗っかるのではなくて、自分が好き勝手言うためだけのなにか、というのも必要だと思っていて、そうするとやっぱり"ブログ"になるんでないかな、と。この記事はそういう人のために、実際何を考えて、何をしたらいいのーっていう、そんな記事です。

... "もしも漫画のレビューブログを作るなら" を続けて読む

やー、すみません。12/21 22:30前後、時間にして15分くらいだと思いますが、一時的に「この接続はプライバシーが保護されません」みたいな表示になってしまう状態になってしまっていました。

原因はわかっていて、完全に当サイトのサーバーの技術的な問題です。別にハッキングされたとかではないので、閲覧しても何も問題ありませんが、不安にさせてしまうような状態だったと思います。申し訳ないです。

... "一時的に「この接続はプライバシーが保護されません」みたいな表示される状態になってしまっていました" を続けて読む

このサイトはラブコメ漫画の感想サイトで、既に数百作品以上について感想を残しているが、感想としては微妙な感じのニュアンスで書いたものも多い。というか、さすがに数百作品のラブコメを全部が全部面白いと思うことはないだろう。ただ、あまりに何も感じないと、俺の感受性は死んだのか?と不安になることもある。そうかと思えば、読み進めるのがとても楽しい、と感じることもある(そういうことがあるので読み続けている)。

自分に素直になってきたのかもしれない。面白さを、脳の奥で感じているような気がする

... "ラブコメは脳の奥で感じられるらしい?" を続けて読む

最近のGoogle検索で本当に本当に嫌になるのはもう「○○は面白い?ネットの評判をまとめてみました!」とか「○○な人にオススメ20選!」とかのクソしょうもないまとめ記事で、ゲームとか漫画とかもうこんなんばっかり引っかかって本当にどうしようもないことだ。

まとめるなお前の人生観と実体験に基づく主観と偏見に満ち満ちたとりとめのない感想をきかせろ。エアプじゃないならさ。

... "「○○は面白い?ネットの評判をまとめてみました!」←まとめるなお前の主観的評価を書け" を続けて読む

ラブコメ浪漫に思いを馳せる紳士淑女は多いが、必ずしも現実的に満足な恋愛をしているわけではない……というより、まぁ勝手な気持ちだけれど現実での恋愛事情はからっきし、という人のほうが多いのではなかろうかと思っている。なんだったらかなりドライな恋愛観を持っているのではないかとさえ。だからこそ、ラブコメ浪漫の夢を見るのではないのか、と。

自分が見てきた中でもっともドライな結婚観は、ホリエモンあたりの言う更新制夫婦制度であり、実は俺はそういう考えも理解できなくはないのだが、しかし反対である。そんな制度を下敷きにされたら、ラブコメ浪漫の夢さえ見るのが難しいからだ。浪漫は夢とはいえ、夢は現実を下敷きにして作られる。現実にも浪漫が少しは必要だ

... "ラブコメ浪漫と婚姻制度" を続けて読む

当サイトはラブコメ漫画のレビューブログであり、既に数百作品について語っているが、これだけの漫画を紙で管理できるような豪邸に住んでいるはずはなく、テクノロジーの力を借りて蔵書を管理している。つまり電子書籍である。非常に有り難い反面、大きな問題もある。それは管理上の問題だ。

具体的に言うと、たとえば漫画Aについて、1巻はKindle、2-4巻はKobo、5巻は紙の特装版、6巻はeBookJapanで所持していたりする。カオスだ。

... "電子書籍のストアばらばら問題をどうにかできなければ、電子書籍に明日はない" を続けて読む

4

このサイトを作ってもうすぐ4年がたつのだが、我ながらよく続いているなぁとは思うものの、大した目標もなく、いい加減マンネリだ。さりとてラブコメ漫画は少なくともまだまだ趣味として読み続けるつもりで、備忘録代わりにでもこのサイトは続けたい。しかしそのモチベーションがちょっと厳しい。記事数は1,000くらいまではモチベーションになると思うのだが、それを超えるとどうでもよくなりそうな気がする。

何か追いかける指標がほしいなぁということで、このサイトに繰り返し訪れてくれている有り難い人たち、すなわちリピーターさんのPVがいいかなぁと考えている。

... "リピーターを増やしたい" を続けて読む

9

ビビッドアーミーの広告、いくらなんでもひどくないか。あれはネタだと言っている人もいるけれど、それにしたってなんぼなんでも下品に過ぎる。しかも調べてみたら、広告内容とゲーム内容は全然関係がないっていうんだから、こんな人をバカにした話はない。最近はもう見かけるだけで腹が立つんだが、そんな広告が自分のサイトでも表示されているのだから笑えない。

というわけで、ブロックした。少なくともうちのサイトでは表示されないはず。やり方はGoogle AdSenseのコンソール画面で、「ブロックのコントロール」→「コンテンツ」→「すべてのサイト」でg123.jpをブロックするだけ。なにしてんだこの会社。

(2019/12/29 追記)gamelistjp.com のドメインに変わったようです。ブロックしましょう。コメントで教えていただきました。

漫画系の広告でだいぶ訓練されたと思っていたけれど、それを超える不愉快さを達成したんだから大したもんだ

... "ビビッドアーミーの広告があまりにも酷いので、サイト内で表示されないようにした" を続けて読む

俺がこのサイト以外のレビューブログを一切見ていないのは以前にも書いたが(どうして漫画のレビューを読むのか – 少年は少女に出会う)、あれから状況は特に変わっていない。時折、気になった作品について検索することもあるのだが、検索結果に嫌気が差して見ないことが多い。

いったいぜんたい、ネットは本当に面白くなったのだろうかと思う。

... "ラブコメ漫画で検索してもしょうもないから" を続けて読む