コンテンツへスキップ

稲井カオル, うたかたダイアログ 3, 2019

あれ……終わってる……マジか。しかもけっこう前。マジですか。おおぉ……もっと続けられそうに思ったけれどなぁ……むしろ延々と続けられそうな……逆に言うと、いつ終わってもおかしくなかったのはそうである、が……。

まぁ……非常に趣味性の強い漫画だったとは思う。それっぽい仲の男女がただひたすらだべるだけだからなぁ。それで距離感が縮まっていったりなんだりするの?っていうとそうでもなく。

実際、読んでいる間は楽しいのだけれど、思い返すと驚くほど話の一つ一つが印象に残ってないのです。まさにうたかたダイアログ。でも好きな作品だった……。

以下3巻こと最終巻感想。

... "『うたかたダイアログ』3巻(最終巻)感想:思い返すと何もないけれど、確かに楽しかったんだ" を続けて読む

Amazon

作・稲井カオル。2018年2巻。

あんまり仕事してなかった1巻に比べて、今回はそこそこ働いている。働きながらイチャイチャしている。

片野が宇多川ラブなのは当然として、なんだかんだ宇多川も片野のことを憎からず思っているのがちょいちょい出ていてニヤニヤする。

本巻では二人が出会ってからのことなどが語られるが、こんなにしっかり設定作っていたとはなー。宇多川の片野"さん"呼びとか、特徴的だなーとは思っていたけれど、しっかりエピソードあるとは丁寧やわ。

以下2巻感想。

... "『うたかたダイアログ』2巻感想:見ているだけでなんとなくハッピー" を続けて読む

Amazon

作・稲井カオル。2017年1巻。2巻も出てるよ。

まずありがとう。このサイトでこの作品をキーワード検索してくれた人ありがとう(ヘッダの虫眼鏡アイコンのやつです)。おかげで知ることできました。たいへんハッピーでした……。

ほとんど表紙の二人の会話劇だけで話が進み、タイトルも二人の名前から取られた日常系ラブコメ。ラブコメな。基本は片野(男)→宇多川(女)だが、宇多川も憎からず思っている感じ。気兼ねないやりとりながら、時折甘酸っぱさも感じる、なんてことのない青春にニヤニヤしっぱなしやったわ。

割と30代殺しだと思う。今の子でもドラクエわかるんかなぁ。以下1巻感想。

... "『うたかたダイアログ』1巻感想:ゆるゆるとイチャイチャするだけの青春" を続けて読む