コンテンツへスキップ

光永康則, 時間停止勇者 6, 2021

行き詰まったら閃くまでパンツを見て回るセカイにいつも笑う。

とはいえ、毎度おなじみのノリが6巻まで続きまだ続いており、さすがにマンネリ感が否めない。さすがにそろそろ新展開はないものだろうか。まぁ本巻の最後がそうなのかもしれないが……堂々巡り感もある。作品の性質上、どうしてもセカイの独壇場になりやすいのもある。次なる展開に期待したいところだが……。

あとつくづく思うけれど、光永康則は心情を直接語らせないな。このへん、渋いよな。

以下6巻感想。

... "『時間停止勇者』6巻感想:無限の時間があれば世界が救えるしおっぱいも揉める" を続けて読む

2

光永康則, 時間停止勇者 1

光永康則の作品を読むのは久しぶりなんだが、さすがですわ。1巻無料だったからポチったんだけれど、あんまり面白かったので、読み終わったらそのまま5巻まで買ってそのまま読んでしまったのだわ。すげーすわ。最新の5巻、715円もしやがって……。

異世界ものなんだが、そこで得た能力が「時間停止」。時間停止はエロ漫画やAVの定番シチュエーションなわけだが、これを一般漫画で別にさしたるエロ要素もなく持ってくるのは本当にさすがです先生。B級の天才

B級の天才といえば、岡本倫もパラレルパラダイスで異世界ものやらかしてエロシチュだけど、あっちは女性を発情させる能力ともっと直接的。いずれにせよ性癖出ているなぁ。

いつもながらラブコメ度は薄いがないわけでもない感じ。以下1巻感想。

... "『時間停止勇者』1-5巻感想:さすがB級の天才(称賛)" を続けて読む