コンテンツへスキップ

柑橘ゆすら, 音乃夏, 猫箱ようたろ, 夜ノみつき, 最強の種族が人間だった件 1, 2018

タイトルだけで満腹になりそうな異世界転生もの。内容もまさにタイトルどおりそのまま。

関係する人の多さは、なんというか、求められたものを描くために集まった職人たち、というような気がする。

しかし……本当にここまでの設定のものが需要あるものなのだろうか……。

強さも人望も美女も、すべて手に入るぜ、ただ人間であるというだけで。以下1巻感想。

... "『最強の種族が人間だった件』1巻感想:人間に生まれたことが素晴らしいのです" を続けて読む

KAKERU, 科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌 1, 2017

読みながらどっかで見た絵柄とノリだなと思っていたら、魔法少女プリティベルとか天空の扉の人だね。割と容赦のないエログロと敷き詰められた設定が特徴の作者さん。

色々な意味でアマチュアリズムを体現するような作風で、それだけにけっこう合う合わないのハッキリする類だと思う。俺は実はちょっとあんまりなところがあって、というのもマシンガンのように世界観や設定を語られるのがどうもなぁっていう。あとどうにも露悪的で悪趣味だろう?ちょっと政治的な主義主張(しかも極端な…)もありそうな感じだし。

なのでいわゆるモンスター娘好きかどうかよりは、作者さんの作風と合うか合わないかのほうが重要かなと思います。以下1巻感想。

... "『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌』1巻感想:設定資料集みたい" を続けて読む

Amazon

作・とこみち。2015-2016年全3巻。作品タイトルは主人公ヒロインの名前からきており、友愛という言葉とかけているのだと思われるが、某元総理のおかげでいらん連想をしてしまう。

♂→♀の片思い系ラブコメ。多分ラブコメ。ラブコメじゃないかもしれないけれど、多分この漫画読んで面白いと思うのはラブコメ好きだと思う。

野郎がちょっとストーカー入ってて異常なんだが、ヒロインはヒロインでなにか人間離れしている。地球に偵察に来ている宇宙人だと言われたらなるほどと思う。

「この二人の関係は恋愛的なものだと思いますか?」で真剣10-90代しゃべり場ができる。以下全3巻ネタバレ感想。

... "『ゆーあい』感想:読後の感想で読んだ人の恋愛観が如実に表れそうな漫画" を続けて読む

Amazon

作・光永康則。2001-2002年全3巻。光永康則はこんな漫画描いてたんやね。怪物王女やらアヴァルトやら読んでからだと、なんだか感慨深い。

高校生の運び屋で労基道交法なにそれ漫画。なお特にラブ分はなく、このサイト的には対象外なのではあるが、まぁ光永康則なので。ってかおねショタっぽい感じが好きなんだなぁという感じは伝わる。

以下感想。

... "『トラフィッカー』感想" を続けて読む

Amazon

原作・柑橘ゆすら。漫画・稍日向。2013-2014年全3巻。原作は2013年に全5巻で完結したライトノベル。原作は1巻のみ読了。往年のWeb小説を思わせるノリだった。

表紙でヒロインにパンチラさせる漢気を買った。ラノベだともっとすごいやつもあるのだが、これくらいのパンチラが一番ガチっぽくてレジに持って行きづらいと思う。

内容は頭空っぽのハーレムラブコメ。パンツもあるよ。まぁぶっちゃけテンプレなんだが、それなりに上級属性である殺傷力のあるキモウトの起用や男主人公の失禁という誰得シーンは良かったと思う。一方人外ヒロイン要素はあまり活かされていないのが残念である。特に表紙の子はグールなのに、せいぜい最初に内臓ちょっと出す程度っていう。

まぁ表紙の感じとタイトルと設定で、色々と中身は想像つくんじゃないかと思われるが、多分それで合っている。以下全3巻感想。

... "『魔王なオレと不死姫の指輪(漫画)』感想" を続けて読む

Amazon

霊感青年|無料小説ならエブリスタ

原作・夏目慧。漫画・あきづき弥。全3巻。2014-2015年。

なりゆきで同棲することになった、大学生の友達以上恋人未満的だけどもう早く結婚したらいいのにと言いたくなるくらいにはラブコメ。ちょいホラー入ったラブコメ。ラブコメと言っていいと思う。言う。

まだ原作を読んでないから、原作の感じわからないんだけど、この漫画版については全然怖くない。どちらかというと優しい話が多い。そして不器用ながらも互いに思いやる二人の関係がほんとに素敵やわ。以下感想。

... "『霊感青年(漫画)』感想:プーとカナの関係が素敵過ぎる" を続けて読む

Amazon

作・かがみふみを。2015年1巻。2巻出るんだろうか?安心安定のいつものかがみふみを。

ノスタルジックな田舎の学校で、思春期の男女が一緒に登下校したりしなかったり。ただそれだけで1巻終わるよ。ボーイフレンドとか言われてドキドキして顔真っ赤にしてるわ。それにしても、かつてないほど起伏がない気がする。さすがにもうちょっと何か欲しい感ある。それとも、むしろそれがないのがいいんだろうか…。

以下1巻感想。

... "『つうがくろ』1巻感想:いつもの感じ…いやいつもよりさらにまったり?" を続けて読む

Amazon

作・光永康則。2巻出たのが2014年でそれっきりなんだが、今現在どうなっているんだろうか。

光永康則ということで手に取ったのであるが、こんだけ色気のない光永康則は初めてである。男二人の乾いた世界で、色恋の要素はほぼ無い。なので本来的に当サイトの管轄外ジャンルなのだが、光永康則なので…。

ホラー×ミステリーとのことだが、ホラー色もミステリー色も正直薄い。カコとニセ探偵(2014-2015年)もそうだったが、ミステリーというには、主人公たちの能力がファンタジックでチート過ぎる。

面白いのは、むしろ主人公二人の人間(?)性であり、関係であった。以下1,2巻感想。

... "『棺探偵D&W』1,2巻感想:色気のない光永康則…確かに渇いた世界はラブコメじゃ表現できん" を続けて読む

Amazon

作・猫間ことみつ。全3巻。

日常系萌え4コマ。ロリ巨乳教師の学校生活を描いたもの。生徒にきちんと男子生徒がいて、男子生徒から大人気。ただしラブコメ的にはおいしくない。ロリ先生はラブにはほぼ絡まないので。したがって、ラブコメ的にはオススメできない。

一言で言うと表紙の教師を愛でたいと思う人向け。

以下感想。

... "『ろりせん?』感想:巨乳ロリ教師を愛でたい人向け" を続けて読む

Amazon

作者・赤衣丸歩郎。どこか懐かしいノリのギャグ漫画的ラブコメ。割と面白かったのだが、1巻が出てから3年経つのに2巻が出る気配がまるでない。期待できないのだろうなぁ。

以下感想。

... "『ブラック嫁によろしく!』1巻感想:古き良きドタバタラブコメ、新鮮味はないが面白い…けど2巻出ねぇ" を続けて読む