コンテンツへスキップ

大武政夫, ヒナまつり 17, 2019

まぁギャグ寄りのギャグ漫画なんだが、個人的には割とラブコメ的にもちょっと引っかかるところがある作品だった。

とはいえ本質的にはギャグ寄りのギャグ漫画なので、このサイトでは特に言及してこなかったのだが、最新刊である17巻は表紙のとおり瞳ちゃん大活躍の巻で、この哀れな子の生き様はもはや泣けるラブコメであることだなぁと思い、記事にすることにした。

以下瞳ちゃんメインで感想。いや実際、この子の愛憎劇は一部の人に刺さると思うんだよね。。。

... "『ヒナまつり』17巻まで感想、瞳ちゃんの愛憎劇はもはやラブコメだから多分" を続けて読む