コンテンツへスキップ

藤田阿登, 江波くんは生きるのがつらい 3, 2019

終わった。表紙はやっぱりこの2人になるんやね。ヒロイン群像劇っぽい感じあったけれど、この二人の話だったのだろうと思う。

というか最終話の唐突っぷりよ。打ち切りか、打ち切りなのか?最終話の一話にやりたかったことを全部詰め込んだ感がある。しかし最終話の直前にお色気サービス話ってのも珍しいな。でもそれは割とどうでもよかったり。

うーん……正直ちょっともったいないな、と思った。魅力的になりうるカップルだったのに。以下最終巻こと3巻感想。

... "『江波くんは生きるのがつらい』3巻(最終巻)感想:本物を求める割れ鍋綴じ蓋カップルはたった二人で宇宙を作る" を続けて読む

藤田阿登, 江波くんは生きるのがつらい 2, 2018

ほへー。1巻読んだ時点ではなんとも言えないところがあったのだが、メインヒロインと思しき子は面白いなーとか思いつつ、続き読んだのだけれど、ヒロインは増えつつも、面白い感じはしている。ただちょっと理屈っぽすぎるか?

1巻時点では表紙で一番目立っている清澄さん一強だったが、2巻ではサークルの子2人とちょっといい感じにもなり、1巻の雑なモブヒロインと違ってちゃんと描かれている。

なんとなく、作者さんの江波くんに対する愛を感じるような。女がたくさん出るタイプのラブコメでそう感じるのは割と珍しい。以下2巻感想。次で完結。

... "『江波くんは生きるのがつらい』2巻感想:これでつらいなら俺は死ぬしかないじゃない" を続けて読む

藤田阿登, 江波くんは生きるのがつらい 1, 2018

全3巻にて完結済み。

おモテになって羨ましいことで……とちょっと嫌味を言いたくなる朴念仁主人公の、ハーレム風味な文学部ライフ。毎話ヒロインが入れ替わり、そこそこ羨ましいやりとりをして、それが次に繋がることもあれば、繋がらないこともある。

長く続くJK天下のラブコメ漫画界で、大学を舞台にしているのは良いところ。

正直最初のヒロインにもっと焦点を当てて物語作ってほしかった。ダントツで魅力的だったので。ヒロイン入れ替わりにしてもなんらかの形で絡ませてほしかった……。きっと最後はこの子って決めているんだろうし。

フツーなら鬱陶しい卑屈男も、S女と掛け合わせるとよいものらしい。以下1巻感想。

... "『江波くんは生きるのがつらい』1巻感想:卑屈男はS女と相性がよいのだと" を続けて読む