コンテンツへスキップ

山本崇一朗, それでも歩は寄せてくる 14, 2023

表紙が引き続き凜で、内容も7割か8割くらい凜。完全にそれでも凜は寄せてくる状態。正直うるしよりもヒロインしているんだが……。NTR感すらないでもないような……。なお桜子は寄り切って押し倒してる。エロい。

以下14巻感想。正直「勝ったら告白」の縛りがなんかもうよくわからんな、って思ってる(その縛りがこの三角関係を長引かせているんだが……)。

... "『それでも歩は寄せてくる』14巻感想:うるしの知らないところで……" を続けて読む

山本崇一朗, それでも歩は寄せてくる 13, 2022

ついに表紙も占領した凜ちゃん後輩。これもうタイトル変わってるぞ。「それでも凜は寄せてくる」ってみんなに言われてそう。凜漫画になってる。いいのか……?正直もう既にうるしより凜のほうが好きな人も多そう。

以下12-13巻感想。

... "『それでも歩は寄せてくる』12-13巻感想:それでも凜は寄せてくる……" を続けて読む

山本崇一朗, それでも歩は寄せてくる 11, 2022

部長セクシーやん。ということで今回はみんな大好き水着巻なのだが、正直この巻で目立ったのはタケル・桜子と凜である。タケル・桜子の幼馴染みカップルは奥義発動するし、凜はトドメを派手にする感じで片思い最後の煌めきを魅せてくれる。部長も夜這いする。歩は何もしてない。もうちょっと何か動け。

以下11巻感想。

... "『それでも歩は寄せてくる』11巻感想:みんな大好き水着回ではうるしより凜が寄せる" を続けて読む

山本崇一朗, それでも歩は寄せてくる 10, 2022

サブキャラが見所つくってるぞ。ああいや、まぁ、確かに相変わらず歩とうるしがイチャイチャしてるのが基本だしこの10巻表紙もその1シーンなんだけどさ。ただ記事書こうと思うと、目立つのはどうしても片思いの凜だし、そうでなくてもタケルと桜子だよ。どうなるんだろうこれ。

以下10巻感想。

... "『それでも歩は寄せてくる』10巻感想:凜の屍を超えていくのか……?" を続けて読む

山本崇一朗, それでも歩は寄せてくる 9, 2021

図書館がなぜか本作を置いている有能。図書館で借りて読むような本か?という疑問はあるが置いてあるんだから仕方が無い。少しは住民税の有効な使い方を知っているようだな(本当か?)

ということで9巻です。うるしが恋心を自覚してからの9巻は唐突な親登場など賑やかになっているが、一番読者の度肝を抜いたのはタケルと桜子であろう。いや読者みんながどうかは知らんが少なくとも俺は抜かれた。ビビった。サブカップルずるいの法則。この二人の関係は歩とうるしの関係とは良い対比になっている。

以下9巻感想。

... "『それでも歩は寄せてくる』9巻感想:幼馴染みは告白フリー" を続けて読む

山本宗一朗, それでも歩は寄せてくる 6, 2021

6巻の表紙見て「ん?」と思ったんだが、普通にヒロインっぽい感じで出てきて「え、マジで?」と思ったんだけど、初登場時、驚くほどヒロイン力がなくて逆に感心してしまった。そうだよね、この漫画でライバルヒロインなんか出したら絶許だよね。

... "『それでも歩は寄せてくる』6-8巻感想:関係の広がりと距離感の自覚" を続けて読む

山本崇一朗, それでも歩は寄せてくる 1

図書館にあってビックリしたなぁもう。図書館にある漫画って手塚治虫とはだしのゲンだけだと思ってたよ。いやそれにしても決して多くはない(せいぜい棚2つぶんくらいだった)漫画スペースに、あまりメジャーとは言い難い本作が並んでいたのは驚きだ。高木さんならまだわからんでもないんだけど。いや高木さんでもビビるが。誰のリクエストなんだ。いいんだけどさ。個人的には高木さんより歩のほうが好きだったりする。

... "『それでも歩は寄せてくる』1-5巻再読感想:最初からクライマックスでコマ送り" を続けて読む

山本崇一朗, それでも歩は寄せてくる 3, 2020

いいなぁ……。

誰もが羨む彼と彼女の青春に、俺も嘆息してしまう。表紙の彼の目線と開いた手にどうしようもない青春を感じる。

失われた青春、という言葉がふと脳裏をよぎったがそもそも俺にこんな青春はなかった。ないのだが、なんだか妙に近しく感じられるのは、彼と彼女の感情の端々になんとなく覚えがあるからだろうか?感情移入する先が、歩になったりうるしになったり、ころころとせわしなく入れ替わる。

あったような気がするあったらよかった青春とでも言うべきものが、追体験できる、そんな感覚だ。以下3巻感想。

... "『それでも歩は寄せてくる』3巻感想:あったような気がするあったらよかった青春" を続けて読む

山本崇一朗, それでも歩は寄せてくる 2, 2019

うーんこれは良いラブコメ。歩が先輩に無自覚な告白を続けるテンプレートがひたすら続くのだが、テンプレートとは本来有用なものとして用いられていることを思い出させてくれる。しかしテンプレートを使いこなせる人は存外少ない。

ありふれたやりとりなのになにか美しさのようなものを感じてしまうのは、俺が歳を取ったからなのだろうか。嘆息してしまうわ。なんとなく、昔ながらの先輩・後輩的な価値観の中に、現代的なものも感じる。

登場人物も増えて多少賑やかになった……のだろうか?複数カップリングの構成か。以下2巻感想。

... "『それでも歩は寄せてくる』2巻感想:”先輩”が”可愛い”ということ" を続けて読む

2

山本崇一朗, それでも歩は寄せてくる 1, 2019

男のラブコメ好きで今や知らない人はいないと思われる、からかい上手の高木さんの作者さんによる将棋漫画……という体の安心のいちゃラブ漫画。今回は男が攻め役です。一歩、一歩と寄せてきます。そう、今回は男の名前のほうがタイトルなんよね。ヒロインのうるしは受け側です。

やーこのお方、求められているものを完全に理解していらっしゃる(きっと作者さん自身が求めているものでもあるのだろう……)。この調子で、いちゃラブのシチュエーションを制覇するつもりなのか。高津カリノばりの安定感と面白さ。

ありがちなシチュエーションにも関わらず、真似できない雰囲気がある。なんかの野球漫画で見た「ストレートって変化球なんだよ」というセリフを思い出した。剛速球だよ。バッターアウト。将棋だけど。

ほんと、絶妙なバランスだよなぁ。以下1巻感想。

... "『それでも歩は寄せてくる』1巻感想:ストレートという名のラブコメ変化球" を続けて読む