コンテンツへスキップ

新年の挨拶だけ……。個人サイトは何かと冬の時代ですが、細々とやっていきたいと思います。よろしくおねがいします。

自分はかなり波があるタイプなので、突然更新始めたと思ったら突然止まる……みたいなこともよくあって、去年の年末年始は色々あってしんどかったがために、まぁ止まっていたわけですけれど、今年もまぁなんか止まっちゃってますね。

まぁでも昨年の見直しはちょっとやろうかなと思っています。ま、趣味なので。。

作品の感想記事は多分前の記事が今年最後です。年末はのんびり振り返りでもしようかと。去年はなんか死んでてできなかったし。振り返り大事ですよ。振り返っている間に年取って死ぬんだなぁ……。

だいぶ前の動画でかつめっちゃ昔のゲーム動画なんだけれど、ブレスオブファイア3の幼年期リュウとニーナの逃避行がボーイ・ミーツ・ガール的にめっちゃ尊い。

ゆっくり実況、昔は見られなかったんだけれど今は全然OK。むしろ何もないプレイ動画のほうが見れなくなってしまった。というか、ニコニコ動画みたいにコメントがあるならともかく、それもないとまぁキツイよね……。

... "ブレスオブファイア3の幼年期リュウとニーナは尊い" を続けて読む

Twitter見てると、温泉むすめとかでツイフェミが大暴れして性懲りもなく燃やしてる話が回ってくるんだけれど、もう当のオタクが使わなくなった「萌え」という言葉を、そういう政治的な人たちが嬉々として使ってるのほんと草。

マジで頭が10年、いや20年……なんなら30年前でストップしてんだなぁ。だから未だにオタクのこと舐め腐って、オタクだったら叩き放題っていう雑な認識で大暴れしてるんやろなぁ。クワバラクワバラ。

... "萌えが政治用語として復活してるの草" を続けて読む

昨日に引き続き懐かしのスターオーシャン2の動画を見たんだけれど、この動画見てずっと笑ってる。

 

ニコニコ動画ってあたりに時代を感じる。スピキュールって技名であって敵の名前じゃないんだけれど、嫌でも覚えてしまうほどにプレイヤーにトラウマを残した。

スピキュールとは (スピキュールとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

開幕スピキュールから2秒もたたないうちに連続スピキュール、記憶よりもさらに凶悪なんだがw

というか俺も最初やった時「え……?負け確定イベント戦……?🤔」と思ったらGAME OVERになって呆然としたこと覚えている。

... "SO2 スピキュールと亡びの風の思い出" を続けて読む

また証明書の更新ミスってサイトがなんかウイルスに侵されたサイトみたいな表示になっていた😂

びっくりした人すみません。

っていうか証明書の自動更新なんでいっつも失敗するんだ。。。別のサイトは成功しているのに……。

なぜかやけに重かったのでサーバー再起動などしつつ、更新できなかったので、まぁ最近ブックオフで買った本など……。

微妙な感想残してたのにシスプラスポチってるやんけという。昔のマイナーなラブコメは安いことが多いので、つい……。

ソロモンの偽証が浮いてますが、むしろ本命がこれ。Audibleで1部上巻(文庫かな?)だけ無料配布されたんですが、聞いてみたら続きが気になって仕方なく……。しかしAudibleで全部聞くと6,000円かかってしまう、しかし古本なら600円!ということで、貧乏根性発揮して古本で購入。

それとオススメされたメモから保安官エヴァンスの嘘とかうぐいす祥子のときめきのいけにえとか……オススメされたの読む気はあるのですよ、時間がなかなか取れないだけで😥

いや、FF5はやってますが、それはまぁ別で、はい。

あと金の彼女 銀の彼女も積ん読の途中から最終巻までゲット。正直1巻から読み直さないと全然覚えてない😂

クソザコちょろインは完全に宇崎ちゃんでした。

このままじゃFF5のプレイ日記サイトになってしまうから、今日は何か記事上げたいなと思ったのだけれど、二年目の新人君が爆弾を2個ほど抱えてやってきて、爆弾処理していたらこの時間に😂

まぁこの時間なら御の字か。俺も散々いろんな人に世話かけてきたしなぁ。

まぁでも疲れた頭痛い。体力なったでござるよ。FF5しよ。。。(結局)

当たり前の日常や、コッテコテのテンプレートを描いたシーンで、「目が滑る」のと「ちゃんと読める」の違いがどこにあるのか、自分でも言語化できない。

「メイカさんは押しころせない」の1巻、だいぶ前に読んでレビューしてなかったなぁとなんとなく読み直していて、本作は特別なことが何も起きないしメイドさん居候テンプレ日常系なんだけれど、読むスピードは早いものの目が滑るんでもなく、なんかちゃんと読めている。

一方で一緒に読んだカップル系のラブコメは、まぁ「テンプレやなぁ……」という感じで目が滑る……というより、止まってしまう。続き読まないと……と目を無理やり動かした結果「滑る」という感覚なのかもしれない。