コンテンツへスキップ

五十嵐藍, 鬼灯さん家のアネキ+妹のおまけ

鬼灯さん家のアネキは元の本編が青臭い青春モノだっただけに、続きとなるこの+妹シリーズの路線変更には俺含め戸惑った人が多かった。

ナンセンスなエロギャグが乱発され、元本編のキャラたちは尽く崩壊し、しかし作者さん直々では文句のつけようもないという。

ということで、本シリーズはどちらかというと怨嗟の声が目立ち、自分も当初はなんだかなぁと思っていたのだが、今は「これはこういうもんだ」と思うに至り、そういう風に考えると存外楽しめるものだった。

おまけという題目だが、ほとんどいつもどおり。以下感想。

... "『鬼灯さん家のアネキ+妹のおまけ』感想:これはもうこういうもんだから" を続けて読む

根田啓史, 異世界行ったら、すでに妹が魔王として君臨していた話。 1, 2019

なんかSEO意識しすぎたブログみたいなタイトルでうーんと思ったんだが、Kindle Unlimitedにあったので読んでみた。

と、わざわざ書いたのは、どうやら本作は種々の媒体で発表されているようだったので。商業出版しかまともなマネタイズがない漫画業界において、積極的にWebを利用して、商業としての漫画の在り方を模索しているのは好感が持てる。

というのは漫画に直接関係のない話なので置いといて、内容は年の差兄妹異世界もので、内容自体はタイトルそのまんま。兄妹の関係は、歳が離れた仲の良い兄妹という感じで、色恋に発展するタイプではないぬるい近親系か。

表紙は兄かなと思ったら妹のほうだったわ 笑。以下1巻感想。

... "『異世界行ったら、すでに妹が魔王として君臨していた話。』1巻感想:漫画の色々な売り方" を続けて読む

阿崎桃子, フェンリル姉さんと僕 1, 2018

遠目から表紙を見て犬耳かと思ったが別にそんなことはなかった。でも髪はちょっと犬っぽい。といってもケモミミ要素はない。あと僕は多分蛇。っていうかヨルムンガンド。いやわからんけどな。違う可能性もあるっちゃあるんだが。

ラブコメ的には姉弟ものに入る。といっても、"僕"は記憶を失っているみたいなので、純粋に姉弟とは言い難い。まぁだからこそラブコメになっているとも言える……が、兄弟と知らずに再開して惹かれるって、普通なら失恋フラグだが……まぁでも中身は人間じゃないし……っていうか実はしれっと弟じゃないかもしれないし……?うーん。

雰囲気は好き。以下1巻感想。

... "『フェンリル姉さんと僕』1巻感想:ブラコン姉と弟じゃないかもしれない弟は人外につき" を続けて読む

五十嵐藍, 鬼灯さん家のアネキ+妹 8, 2018

元シリーズの倍ほど続いた本作もついに最終巻。まぁ巷の評価は散々で、正直言うと自分も残念に思っていたクチなので、この最終巻も長いこと積ん読していたのだが、なんとなく読んでしまった。

で、これはこういう漫画だなぁ、と思えばそういうものか、という気もして、存外楽しめた。ちょっと古いけれど、吾妻ひでおのチョコレート・デリンジャーを思い出した。あれをもうちょっと現代的かつラブコメにすると、こんな感じになるかもしれない。

まぁでもやっぱり、元々の鬼灯さん家のアネキシリーズが好きで、それを求めていた人には受け入れ難い作品だとも思う。以下最終巻こと7-8巻感想。

... "『鬼灯さん家のアネキ+妹』7-8巻(最終巻)感想:こういう漫画だと思えれば楽しめる気がするが" を続けて読む

氏家ト全, 妹は思春期 1, 2002

生徒会役員共の作者さんのやつ。1巻が2002年だからもう20年近く前になるのか…(遠い目)。いまさら読み始めたので感想など。

作者さん、この頃からノリ変わってなくてすごいね。いや、下ネタの度合いはむしろこの頃のが直截的か。

妹ものとしての距離感も絶妙っすわ。ガチまでいかないゆるーい近親。妹ものって人気だけれど、ガチまでいくと案外人選ぶもんね。なんだかんだいってタブー。

こういう漫画、少しずつ読み進めたいよね。以下1-3巻感想。

... "『妹は思春期』1-3巻感想:理想的?な兄妹関係" を続けて読む

吉辺あくろ, お従兄さんの引っ越しの片づけが進まない 3, 2019

表紙は姉弟。成叶可愛い。今回も最初から最後まで、徹頭徹尾変態でした。さすがです。

高帆がその才能を目覚めさせていく。藤嗣が来るまでは割と普通だったようなので、まぁ想い人である藤嗣の影響ということなのだろうが、恐らくそれよりも大きいのは才能。元からあった素質。最終的に作中で一番の変態に育つと思われ、本巻ではその片鱗が垣間見える

変態の血筋であることは疑いようがないのだが、成叶は……?と思ったものの、頼まれて女装する時点でまぁ多分ベクトルが違うもののこの子もアレなんだろうなぁと思う。

今回も愉快な変態一家。面白かったです。以下3巻感想。

... "『お従兄さんの引っ越しの片づけが進まない』3巻感想:高帆の変態成長日記に高まる期待" を続けて読む

原作 伏見つかさ, 作画 rin, キャラクターデザイン かんざきひろ, エロマンガ先生(漫画) 1, 2014

義理兄妹でラノベを作るラブコメ浪漫ストーリー。言わずとしれたラノベ原作。漫画家漫画ならぬ作家小説……の漫画版。

原作は俺妹の作者さんということで、ほんとに妹ものが好きなんですね。。。今回は義理だけれど。まぁ安心してくっつけられる?

ラノベ系のラブコメは、漫画のラブコメとはまたちょっと趣が異なるので、できれば手を出したいのだけれど、なかなか時間がなくてついコミカライズを先に手にとってしまった。まぁ最近のコミカライズは外れ率低くなっている気がするし……。

なんだかんだ、一気読みしてしまった。以下1-7巻感想。最新の8巻は半額じゃなかったからgetせず……まぁそのうちね。

... "『エロマンガ先生(漫画)』1-7巻感想:義理兄妹でラノベを描くラブコメ浪漫よ" を続けて読む

Amazon

作・ねこ末端。2018年全3巻完結。表紙は相変わらず男女一組で良いものだが、ヒロインが小学生の三女・杏梨で若干の犯罪臭。でもさっちゃんは中学生だから実は別に大した差でもないのか。いやいや。

親の再婚で年頃の3姉妹と兄弟になってわちゃわちゃするギャルゲー的世界観で、最後まで安心して読める安定のクオリティ。読んでいてなんとなくMPが回復していくような心地。

特にストーリーがあるわけでもなく、いつ終わってもおかしくはなかったのだけれど、もう少し続いてほしかった気もする。以下最終巻こと3巻感想。

... "『陽下3姉妹はかまってほしい』3巻(最終巻)感想:義理近親のラブコメ浪漫が溢れていた" を続けて読む

みどりわたる, うちの姉ちゃんときたら! 3, 2018

最終巻。日常系なので、続けようと思えばもっと続けられたろうし、作者さん的にももう少し描きたかったようなので、商業的な理由なのだろうか。

姉ちゃんの友達とのラブコメ、というのは面白かった。とはいえ結局ハーレムラブコメかいな、というのも、なきにしもあらずではある、、、色々手を出しすぎてしまったような。

以下最終巻こと3巻感想。

... "『うちの姉ちゃんときたら!』3巻(最終巻)感想:姉の友人ハーレム" を続けて読む

Amazon

原作・原田重光、漫画・かろちー。2018年1巻。

うら若き高校生男子が、兄の嫁に射精管理されるという、設定だけでお腹いっぱいになりそうなおねショタ漫画。高校生でショタと言ってよいのかは微妙なところかもしれないが、見た目やや幼いのと、ヒロインとの関係性からおねショタに分類してよいだろうと思う。

射精管理って一般誌で扱って良いテーマなんだろうか、と思ったが一般誌でやるからこそ意味があるのかもしれない?うーん。。。

アスリートなヒロインの筋肉質な肉体美と、悶々と思春期をこじらせていく少年の姿が見ものである。あ、一応陸上ものでもある……の?以下1巻感想。

... "『女神のスプリンター』1巻感想:おねショタでアレの管理されるフェチ全開漫画" を続けて読む