コンテンツへスキップ

横田卓馬, ポンコツ委員長とスカート丈が不適切なJKの話 1, 2019

面白かった。ギャグ寄りのラブコメで、女子よりも野郎のキャラのほうが濃いパターン。男向けだと思うんだが、男向けでこの構成のラブコメは珍しいな。

いや、でも昔はこういう野郎なアナーキーなラブコメ多かった気がするな……。

カップル乱造系の香りがするがどうなるかな。以下1巻感想。

... "『ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話』1巻:健全に不適切" を続けて読む

柊裕一, 履いてください鷹峰さん 1, 2019

下着を脱ぐと時間を巻き戻せるが、生乳を見られた人間には無効化される美少女と、ヒロインの生乳を見たことによってリーディング・シュタイナーの能力を得た主人公のラブコメ。

一人彼女の能力のスコープ外にいる主人公は、彼女のクローゼットとして、羞恥に耐え周囲の目を忍びこっそりパンツを履かせにいく運命にあるのだった。

うん、だいぶ意味不明な設定のラブコメ。ノーパン・ノーブラが基本かつ、ソフトSM的な要素がるのでけっこうニッチかと思われる。以下1巻感想。

... "『履いてください鷹峰さん』1巻感想:下着脱げる少女" を続けて読む

ゆずチリ, 姫乃ちゃんに恋はまだ早い 2, 2019

小さな恋のメロディを楽しむ小学生ラブコメ第2巻。ホントに早い。

おませでおしゃまな女子小学生と花より団子な男子小学生の精神的成熟度のミスマッチが良い。

純粋に小学生モノで、本当に健全にひたすら小学生しているのが、この界隈では一周回ってマニアックである。

以下2巻感想。

... "『姫乃ちゃんに恋はまだ早い』2巻感想:早いなりにもいっちょ前、一方その頃男子は" を続けて読む

アズマサワヨシ, 愚かな天使は悪魔と踊る 9, 2020

今回もイチャイチャしていてよかった。ラブコメとしてはヒロインが可愛いタイプに分類されるかもしれんのだが、主人公が主人公しているので、正統派いちゃラブものになっている。いちゃラブ好きにはたまらない作品だと思うよ。

適度にサービスシーンもあるけれど、一番の読者サービスはいちゃラブシーンなので……。

アニメ化とかしたらいいのにと思うけど、区切りがつけづらいかもしれない。よくも悪くもスピード感はだいぶスローだし。

話の展開はけっこうコテコテかもしれないんだけれど、王道のボーイ・ミーツ・ガールってことで、とてもよいものだと思う。以下9巻感想。

... "『愚かな天使は悪魔と踊る』9巻感想:彼と彼女を中心に周る世界いいよね…" を続けて読む

原作 赤坂アカ, 漫画 G3井田, かぐや様を語りたい 3, 2020

相変わらず素晴らしい。今まで読んできたスピンオフ系すべての中でもトップクラスだと思う。なにしろ同時にポチった原作19巻まだ読んでないのに先にこっち読んだからね……。いやだって原作今なんか若干重いやん。

表紙がまさかの石上会計なんだが、正直カプ脳目線だと本作で一番おいしいのは石上×かれんの気がする。まぁでも第三者なので。今回も安定のナマモノ先輩

以下3巻感想。原作を読み直させるスピンオフは良いスピンオフ。

... "『かぐや様を語りたい』3巻感想:パーフェクト・スピンオフ" を続けて読む

吉辺あくろ, お従兄さんの引っ越しの片づけが進まない 5, 2020

あ……終わってる。マジか……まぁ前回高帆告白しちゃったしな。

しかし最後は若干急だったな……でもあのおまるがしっかりフラグだったとは侮りがたし。

少女漫画みたいな表紙してるけど変態だからねこいつら。そうでないと成立しないカップル。

変態に変態をぶつけて中和するタイプのカップルであった。変態と変態はカップルとなってお互いカバーしあったとき、ただのちょっと変わった人たちにクラスチェンジする(してしまう?)のである。それは変態にとって救いなのか否か。

そしてなにげにラブコメ界では実はあまり多くない気がする従兄弟カップル。幼馴染はまぁ仕方ないね。以下最終巻こと5巻感想。どこまでも幸せハッピー大団円だったのに、なんとなく寂しさを感じたよ。

... "『お従兄さんの引っ越しの片づけが進まない』5巻(最終巻)感想:変態たちに幸あらんことを" を続けて読む

TALI, ギリギリ遮る片桐さん 1, 2020

ラブコメ分の強いギャグという、微妙に供給の足りてないジャンルの漫画。

そもそもこの表紙で一番のポイントは、後ろにいる心底残念そうな男(主人公)である。増田こうすけを彷彿とさせるこの残念フェイスにはかなり力を入れていることだろう。また、下品になりすぎない程度のいやらしい表情にも注目だ。

そして彼の残念そうな顔に性的興奮を覚える片桐さん(ヒロイン)という構図をもってラブコメ成立。なのでラブコメなのはラブコメなんだが、ギャグ寄りなんだわ。これがね、言うほど多くないジャンルなんよ。有り難いよな。

ただ、この漫画そこそこエロいんだが、そこは正直雑味に感じなくもない。以下1巻感想。

... "『ギリギリ遮る片桐さん』1巻感想:ギャグ味がいいじゃないか" を続けて読む

ナナシ, イジらないで、長瀞さん 8, 2020

7巻の感想書いてないのに8巻出ちゃったよな長瀞さん。アニメ化されるらしいですね。男女1vs1のいちゃラブものは由緒正しいジャンルでありながら中々日の目を見ない感じがしていたが、ここのところだいぶフィーチャーされている気がする。

8巻は特装版も出ていて、特装版の長瀞さんは生足を披露してくれているわけだが、いやまぁ長瀞さん確かにかわいいけれど、別にそういう感じを求めているのではないんだがなぁと思わなくもない。

以下7-8巻感想。もう本当にただイチャイチャしているだけやぞ。家族公認やぞ。

... "『イジらないで、長瀞さん』7-8巻感想:カプとして唯一無二感ある良いラブコメ" を続けて読む

桜井のりお, 僕の心のヤバイやつ 3, 2020

特装版があるなんて知らなかった。特装版があるやつは通常版ところで明記してくれよ。頼むよ。この漫画の特装版ならほしかったよ……そこまで差額ないし。

桜井のりおのガチなラブコメ第三巻。個人的に大注目していて、1 on 1ラブコメの中でも桜井のりおが描くイチャラブは一味違うと思わされる。

この漫画は徹底した主人公・市川の視点なのだが、それにも関わらずわかりやすい山田に比べ、むしろわからないのが視点人物である市川だというのが、この手の漫画としては中々どうして特殊だと思うし、それが面白いのだと思う。以下3巻感想。

... "『僕の心のヤバイやつ』3巻感想:今一番のネガポジカップルすわ" を続けて読む

寺井赤音, 友達♂がスカートはいてみたいって言ってきた件, 2020

pixivで読んでいたが(Twitter更新らしい)、Kindle Unlimitedにあるのを見かけて即ポチ。毎晩読んでる

同著者のあまちん(感想記事『あまちんは自称♂』1巻感想:人はいつから美少女系男子に襲われたい願望が芽生えるのか – 少年は少女に出会う)もよかったが、こちらはより俺の好みに近いし尊さがヤバい(邪道ということだが……)。

全35ページの短い一冊だが普通に金払うから単行本並のボリュームで頼む。以下感想。

... "『友達♂がスカートはいてみたいって言ってきた件』感想:男の娘それは人類滅亡のカウントダウン" を続けて読む