コンテンツへスキップ

ちると, 白魔導士シロップさん 1

本作は色々なメディアで出ているようだが、これはドラゴンコミックスエイジの単行本。

随分前に読んで感想記事を書いたこともある(『白魔導士シロップさん』1-31話感想:胸のでかい白魔導士がパパって言いながら勇者に抱きついて回復する漫画以上それだけ深淵 – 少年は少女に出会う)。

コミックス描き下ろしもあるものの、Kindle Unlimitedでも十分だったかなぁと思う。

第一部完とのことだが、果たして第二部はあるのか。まぁ作者さんも言う通りインディーズなので、続けたくなったらまたいつでも続ける気ではいるのだろう。

以下単行本1-2巻分感想。

... "『白魔導士シロップさん(単行本)』1-2巻:わびさびがあります" を続けて読む

赤坂アカ, かぐや様は告らせたい 21, 2021

ということでようやく単行本追いつきました。表紙は会長妹の圭ちゃん。兄の恋愛を支援するタイプの良き妹キャラ。

本巻では石上くんの恋愛戦争、会長とかぐやのラブコメフィールド、四宮家のストレスフルなお家事情など、まぁ色々あったのだけれど、一番良かったのは会長と伊井野のやりとりだったかもしれない。

伊井野めっちゃおもろいな。正直そんなに好きなキャラではなかったんだが、前巻から俺の中で株がストップ高になっている。

もちろんかぐやin白銀家もよかったけれど……というか、あれ、今回のニヤニヤ回これだけ?以下21巻感想。

... "『かぐや様は告らせたい』21巻感想:ミコちゃんがラブコメの真理に近づいていて素敵だった" を続けて読む

矢野としたか, おもいがおもいおもいさん 1, 2019

笑った。挨拶代わりに求婚してくるヒロインで、似たようなのはラブコメ界隈には多く生息しているかもしれないのだが、ここまで突き抜けたのはちょっと見ない。

思い込みが激しく束縛系も入っているので、この主人公が羨ましいと思う人はあまりいないのではないかと思われる。あくまで遠くから見ている分には面白いという感じ。

また、読み進めていくと主人公のほうも相当に変な奴だなぁということがわかってくるので、割れ鍋に綴じ蓋カップルだと言える。

「重い」って考えてみると面白い表現ですよね。以下1-2巻感想。

... "『おもいがおもいおもいさん』1-2巻感想:返しきれないヘビーなストレートしか打ってこない彼女どうですか?" を続けて読む

2

赤坂アカ, かぐや様は告らせたい 20, 2020

表紙が会長だけれど、目立つのは石上会計かもしれない。といっても、石上は台風の目的な感じで、石上の周りが騒がしいという感じ。会長・かぐやのラインが落ち着いたせいか、全体的に幕間感がある。

ふーむ……なるほど……ふむ……。

やっぱりラブコメって、ピークを超えると難しいんだろうか。特に、本作はなんといっても会長とかぐやのラブコメが限界突破で魅力的かつ、コメディの影に見え隠れする切実な人の想いが汲み取れて、それがとてもよかった。

そこへいくと、会長・かぐやから離れるほどに、作品としての魅力はそれなりな感じになってしまうような気はする。面白いは面白いんだけども。やっぱ会長とかぐやなんだなー……。

あ、早坂可愛かったです。以下20巻感想。

... "『かぐや様は告らせたい』20巻感想:想い人が別にいると互いに知っている異性の距離感っていいよね" を続けて読む

赤坂アカ, かぐや様は告らせたい 19, 2020

今回は話が重そうでポチってから読むまで2ヶ月以上かかったわ。

まぁでも、そこまでのストレス展開ではなかったね。さすがこの作者さん、バランス感覚わかってはるなぁ。

今回のメインはかぐやと早坂。これまでちょくちょくあった会長と早坂の話も、広い意味でフラグだったようだ。少女漫画文化のない俺にとって、女の友情話で先を読ませられたのは初めてのことかもしれない。いや、友情…友情か?友情ではなにか浅い気がするね。

そしてついに本編でされるカップリング論争。原作者さん語りたいスピンオフ好きすぎるやろ。俺も好きやけど。

以下カップリングではない二人がメインの19巻感想。

... "『かぐや様は告らせたい』19巻感想:友達にすらなれなかった二人の願い" を続けて読む

2

原作 赤坂アカ, 漫画 G3井田, かぐや様を語りたい 4, 2021

ということで、原作21巻が出たのに20巻読んでないし19巻も感想書かないままなぜかスピンオフの最新巻だけ読み挙げ句感想記事まで書くのであった。まぁもはや原作だからいいよね。

10-12巻に相当とのことで、原作もちょろっと読み直してしまった。原作を読み直させるスピンオフは良いスピンオフ。

いやほんと理想的だよね。原作の世界観を損なわずに、楽しいところを抽出して濃縮還元し、それでいながら新しい一面をそっと覗かせる、なんだったら原作知らなくても楽しめると思う。

というか、原作知らない人に本作から進めて原作に入ったらどんな感想抱くのか知りたい。特にラブコメラヴァーズの諸兄にやってもらいたい。そんなドキュメンタリーあったら確実に見るわ。超面白そうだよ。

以下4巻感想。なにげに本作を一番楽しんでいるのは早坂ファンでは?と思ったりもする。

... "『かぐや様を語りたい』4巻感想:語られる早坂の死んだ目を語りたい" を続けて読む

アズマサワヨシ, 愚かな天使は悪魔と踊る 10, 2021

アニメ化しねぇかな…。もっと注目されてほしい作品なんだけどな。

たしかにまぁ、目新しさとか、そういうのはないかもしれないな。でも、こんだけ躊躇わず変顔できるメインヒロインもそういないしさ。それがアピールポイントになるのかはわからないけど。

うん、いいカップルなんだよ。この二人。最近はこう、いちゃラブっていうかな、そういう漫画も陽の目を浴びることが増えてきたように思うけれど、この漫画の場合はけっこう古典的なドタバタラブコメの様相をしていて、登場人物も多いんだけれど、しっかり主人公ヒロインの二人に焦点があたっているっていう、それがいい。

ただ、ヒロインのリリーは加速度的に可愛くなっているのに対して、阿久津のほうがちょっと朴念仁感出てきてハーレム漫画の主人公になっちゃっているような気がするな…次巻は阿久津にも頑張ってほしいけど、どうかな。以下11巻感想。

... "『愚かな天使は悪魔と踊る』10巻感想:ただただリリーが可愛くなっている" を続けて読む

川村拓, 事情を知らない転校生がグイグイくる。 1, 2018

ボーイ・ミーツ・ガールで小さな恋のメロディ。小学生ラブコメ。事情を知らないというが知っていると思う。

なんかTwitterで連載してそうな感じだなぁ、と思ったらやっぱりTwitter発だったようだ。区切りというか終止感がね、Twitter漫画だなって思った。そして堂々巡りな感じも。Twitter漫画は単行本形式とはあんまり相性良くないと思うんだよなぁ…まぁでもこうして単行本化していなければ、俺も読むことはなかったか……いい加減色々なメディアに俺も接しないといけないよね。

小学生系のいちゃらぶは案外供給少なめのジャンルだと思うし、恐らくこの漫画は小学生でないと成り立たない。多分、そうでないと男子のキャラが受け入れられないだろう。個人的には小学生でもちょっとよくわからんかった。

以下1巻感想。

... "『事情を知らない転校生がグイグイくる。』1巻感想:理由なき陽キャが陰キャに迫る" を続けて読む

原作 大間九郎, 漫画 ワタナベタカシ, マズ飯エルフと遊牧暮らし 1,

ラブコメ漫画を読み慣れていない人が、昨今の種々のメタ知識を前提とした、先鋭化したB級ラブコメ漫画を読むと、こういう気分になるのかな、と思った。

本作は飯漫画と異世界ものの悪魔合体で、異世界ものには現代科学で異世界無双するなんだかやるせない気分になるものもあるが、本作においては料理で圧倒することになる。

その結果、そこそこの文明圏であるにも関わらず、「バカな……肉を直火で焼く、だと……!?」「俺、また何かやっちゃいました?」を綺麗な絵で大真面目にやるという、とんでもない世界観が出来上がっている。これを楽しむには異世界ものの流儀のようなメタ知識が必要に思えた。それはラブコメにおいてその道の角を曲がれば美少女に当たるのが当然というメタ知識に近いだろう。

以下1-2巻感想。

... "『マズ飯エルフと遊牧暮らし』1-2巻感想:もしもボックス、もしも料理だけできない世界があったらで無双する" を続けて読む

田口ホシノ, お嬢様の僕 8, 2021

ということで久しぶりに記事書くよ。

まぁ振り切ってるよね相変わらず。これだけハーレム道を歩まれるといっそ清々しい。ハーレムでヒロインいっぱいなんだけれど、それぞれでちゃんと関係性を構築しているが故に、キャラが死んでないのがいいよね。

あとちょっと思ったんだけど、男の子の描き方がうまくなっている気がするというか……なんだろ、一番印象に残ったの、養太郎なんだよな。おまけ漫画もほぼほぼ養太郎だったし、意識していたりするのかな。

以下8巻感想。乳首は風景。

... "『お嬢様の僕』8巻感想:嫌味なく広がるハーレムの輪" を続けて読む