コンテンツへスキップ

原作 赤坂アカ

いつもながらdアニメ解約しようかなと思いつつも、どうにも踏ん切りがつかず、もとを取るべくさして見たいとも思っていないアニメを見る俺である。いやでもかぐや様のアニメは見ておきたかったしな。

かぐや様のOPはダサくて垢抜けない感じが良いと思う反面、しかしこのノリがずっと続くのもつらい気もする。

ということで第5話。会長の選挙運動編できれいな会長になって石上会計の本物の愛を聞く会。あと会長の音痴矯正。音痴矯正の話地味に好き。

... "『かぐや様』アニメ2期5話感想:特殊性癖を植え付けてこそトゥルーラブ" を続けて読む

原作 赤坂アカ

相変わらずdアニメにお布施し続けるだけの人生なので、リモートワークの昼休み時間にでも見ようかという気になっている。

で、久しぶりに見たのがかぐや様の第二期第4話。かぐやとの売り言葉に買い言葉で早坂愛が会長を落としにかかる回。あざとさマシマシバージョンのハーサカが可愛い回でもある。

その後はかぐやに応援演説を頼むのと、伊井野ミコ登場話。まぁでも早坂だよねこのラインナップなら。

... "『かぐや様は告らせたい』アニメ2期4話:早坂だと思うと量産型ぶりっ子も可愛いよね" を続けて読む

2

赤坂アカ, かぐや様は告らせたい 20, 2020

表紙が会長だけれど、目立つのは石上会計かもしれない。といっても、石上は台風の目的な感じで、石上の周りが騒がしいという感じ。会長・かぐやのラインが落ち着いたせいか、全体的に幕間感がある。

ふーむ……なるほど……ふむ……。

やっぱりラブコメって、ピークを超えると難しいんだろうか。特に、本作はなんといっても会長とかぐやのラブコメが限界突破で魅力的かつ、コメディの影に見え隠れする切実な人の想いが汲み取れて、それがとてもよかった。

そこへいくと、会長・かぐやから離れるほどに、作品としての魅力はそれなりな感じになってしまうような気はする。面白いは面白いんだけども。やっぱ会長とかぐやなんだなー……。

あ、早坂可愛かったです。以下20巻感想。

... "『かぐや様は告らせたい』20巻感想:想い人が別にいると互いに知っている異性の距離感っていいよね" を続けて読む

赤坂アカ, かぐや様は告らせたい 19, 2020

メインの感想は前回のこちらでございます。

『かぐや様は告らせたい』19巻感想:友達にすらなれなかった二人の願い – 少年は少女に出会う

19巻のメインはかぐやと早坂なんで。メインについてはあらかた書いたので、今回の記事はおまけよ。主にどうでもいいこと書いております。

さてそれにしても、世間ではもう21巻が出ているらしいが、そんなことにはお構いなく、2週遅れで19巻の感想を二分割して書く俺はつくづく趣味人であることだなぁ。あーははは。

今回は軽く、石上会計カップリング論争についてたらたらと語る。ってかこれ、原作者によるスピンオフ逆輸入では……。以下19巻のどうでもいい感想。

... "『かぐや様は告らせたい』19巻感想その2:石上会計のカップリングについて雑感" を続けて読む

赤坂アカ, かぐや様は告らせたい 19, 2020

今回は話が重そうでポチってから読むまで2ヶ月以上かかったわ。

まぁでも、そこまでのストレス展開ではなかったね。さすがこの作者さん、バランス感覚わかってはるなぁ。

今回のメインはかぐやと早坂。これまでちょくちょくあった会長と早坂の話も、広い意味でフラグだったようだ。少女漫画文化のない俺にとって、女の友情話で先を読ませられたのは初めてのことかもしれない。いや、友情…友情か?友情ではなにか浅い気がするね。

そしてついに本編でされるカップリング論争。原作者さん語りたいスピンオフ好きすぎるやろ。俺も好きやけど。

以下カップリングではない二人がメインの19巻感想。

... "『かぐや様は告らせたい』19巻感想:友達にすらなれなかった二人の願い" を続けて読む

2

原作 赤坂アカ, 漫画 G3井田, かぐや様を語りたい 4, 2021

ということで、原作21巻が出たのに20巻読んでないし19巻も感想書かないままなぜかスピンオフの最新巻だけ読み挙げ句感想記事まで書くのであった。まぁもはや原作だからいいよね。

10-12巻に相当とのことで、原作もちょろっと読み直してしまった。原作を読み直させるスピンオフは良いスピンオフ。

いやほんと理想的だよね。原作の世界観を損なわずに、楽しいところを抽出して濃縮還元し、それでいながら新しい一面をそっと覗かせる、なんだったら原作知らなくても楽しめると思う。

というか、原作知らない人に本作から進めて原作に入ったらどんな感想抱くのか知りたい。特にラブコメラヴァーズの諸兄にやってもらいたい。そんなドキュメンタリーあったら確実に見るわ。超面白そうだよ。

以下4巻感想。なにげに本作を一番楽しんでいるのは早坂ファンでは?と思ったりもする。

... "『かぐや様を語りたい』4巻感想:語られる早坂の死んだ目を語りたい" を続けて読む

原作 赤坂アカ, 漫画 G3井田, かぐや様を語りたい 3, 2020

相変わらず素晴らしい。今まで読んできたスピンオフ系すべての中でもトップクラスだと思う。なにしろ同時にポチった原作19巻まだ読んでないのに先にこっち読んだからね……。いやだって原作今なんか若干重いやん。

表紙がまさかの石上会計なんだが、正直カプ脳目線だと本作で一番おいしいのは石上×かれんの気がする。まぁでも第三者なので。今回も安定のナマモノ先輩

以下3巻感想。原作を読み直させるスピンオフは良いスピンオフ。

... "『かぐや様を語りたい』3巻感想:パーフェクト・スピンオフ" を続けて読む

赤坂アカ, かぐや様は告らせたい 17, 2020

タイトル詐欺17巻。語りたい2巻で頭ほわほわした後に読むと、遠いところまできたなぁと感慨もひとしお。

ただちょっと、伊井野周りが重いよね。ってか怖いから。伊井野怖いから。会長とかぐやのラブラブ空間で隠しているけれど誤魔化しきれない闇が滲み出ているから。

なんかもう石上と伊井野だけで1シリーズの漫画になりそう。会長とかぐやだけでも、これからやること多いのに。ツンデレ先輩の出番が増えているのは、ここからかぐやのお家事情が段々出てくるってことだろうし。

それと同時に、ピュアラブから性の問題まで踏み込むのはラブコメとしてチャレンジングだと思う。告白だけで16巻使うような漫画で、そこからさらに性行為に至るまでを描いたら、それはもう恋愛大河ドラマである。

でもそこまでやりたそーだな、と過去作のibを見て思う。以下17巻感想。

... "『かぐや様は告らせたい』17巻感想:ピュアラブから契るまで" を続けて読む

原作 赤坂アカ, 漫画 G3井田, かぐや様を語りたい 2, 2020

同時発売の本編17巻よりこっちを先に読む俺。いやもうこれ本編の一部だから。これほどのハイクオリティなスピンオフはそうそうないぞ。本編が2倍、いや3倍楽しめるお得な作品。

基本的にはカプ厨のかれんが面白いのだが、カプ厨とは別ジャンルである単体ファンなかぐや厨のエリカが一緒にいるところが、良い味だしているな。ボケにボケを重ねる高度なツッコミ

藤原書紀や石上会計、早坂の本編とは別の動きが見られるのも楽しい。妄想の対象である会長とかぐやは基本的に二人の妄想の中でしか出てこないのも徹底している。

今回も非常に素晴らしいスピンオフでした。原作ファンなら買っといて間違いない。以下2巻感想。

... "『かぐや様を語りたい』2巻感想:本編を補間し3倍楽しめるハイクオリティ・スピンオフ" を続けて読む

赤坂アカ, ib -インスタントバレット-, 2015

一応、本巻で商業としては最終巻なのだが、作者さん的には物語を完結させる気ではないようだ。今回の恥ずかしサブタイは「ハッピーエンドなんか、いらない」。わかりみが深い。

あとがきでもっと売れたらまたやりたい的なことを書いていたが、かぐや様でブレイクした今ならあるいは本当に…?

最終巻はクロとセラのボーイ・ミーツ・ガールvs夢とクロのガール・ミーツ・ボーイです。そして最後に愛は勝つ。最後のシーンはちょっと笑ってしまいました。面白かった。

まぁでも、作者さんは非常に業の深い人だなぁと思った。多感な十代でないと醸成できなかっただろう、この色々な意味で抑制の効いていない本作を今でも続ける気があるのなら、是非続けてもらいたいなぁと思う。読みたい。以下最終巻たる5巻感想。

... "『ib -インスタントバレット-』5巻(最終巻)感想:やさしさから生まれた悪意は、絶望した悪を救い救われる最後の光" を続けて読む