コンテンツへスキップ

安部真弘, 侵略!イカ娘 1, 2008

今になって読んでいる自分に驚いている。世代だけど、読んでなかった。いまさらだけれどこれジャンル的にはなんなのだろう。日常系のように思っていたが、よくよく考えて見ると日常系というのは動きが強い。しかしギャグ漫画というにはギャグが弱い。ガールズコメディというほど女ばかりでもないし。ラブコメというにはラブがない。まぁコメディなのか。あんまり漫画でコメディって言わないような気がするのは何故だろう。

そんなどうでもいいことを思いつつ2024年にイカ娘1-3巻感想。

... "『侵略!イカ娘』1-3巻感想:健全イカ娘" を続けて読む

安部真弘, あつまれ!ふしぎ研究部 14, 2022

今回の表紙は多分恐らく間違いなく本作一番の優良女子である健全・田中さん。人気もあるみたいだけれどもポジション的には正ヒロインにはならない立ち位置なんだよなぁ。まぁ基本がサポーターだからこそ自由に立ち回れて、それが魅力的に見えるのはある気がする。メイン組はやり過ぎるとハーレム系の枠組み壊しちゃう怖さがあるし。だからといってどこぞの不健全風紀委員は自由に過ぎる。

以下14巻感想。これにて積ん読消化。2年積むとは思わなかった(10年以上積んでる作品もあるが……)。

... "『あつまれ!ふしぎ研究部』14巻感想:あつまれ!不健全研究部" を続けて読む

安部真弘, あつまれ!ふしぎ研究部 12, 2021

12巻の表紙は何をやってもうまくいかない旭先生かわいい一緒に川釣り行きたい。一応大人なのでセクシー描写も多めでサービス精神豊か。でももっとセクシー多めなのは現役女子高生ということになっている部長。バニーガールのコスプレはまぁ今に始まったことでもないが、ねねぽんはだいぶキテるな。正直旭先生の制服以上に違和感を感じる。怒られそうだが、ことね先輩、全般的にイメクラ感がある……。

以下12-13巻感想。

... "『あつまれ!ふしぎ研究部』12-13巻感想:何もかも頭から抜けていく" を続けて読む

安部真弘, あつまれ!ふしぎ研究部 11, 2021

ここにきてことね先輩がちょっと盛り返した?

ってか一番人気だったのかことね先輩。おっぱいか。おっぱいなのか。まぁおっぱいだろうなぁ……。

以下11巻感想。

... "『あつまれ!ふしぎ研究部』11巻感想:部長の戦闘力よ" を続けて読む

安部真弘, あつまれ!ふしぎ研究部 10, 2020

表紙は鈴と結。一時はヒロインレースから完全に脱落したかと思われた鈴だったが、ここにきてまだイキっぽい。結との関係はラブコメ的にはどうなんだろう。結が兄の恋人として友人でもある鈴推しであるのはポイントのような気もするが、歴代ラブコメで身内が恋を応援するのは美味しいんだけれど、実は勝率にはあまり関連していない気がする。

以下10巻感想。

... "『あつまれ!ふしぎ研究部』10巻感想:鈴はまだいける……かもしれない" を続けて読む

安部真弘, あつまれ!ふしぎ研究部 8, 2020

エロス先輩が表紙で売上アップ間違いなし。この漫画思っていたよりだいぶエロかったわ。

ラブコメヒロインとしては必ずしもプラスに働かない全方向性エロスの多かったことね先輩だが、8-9巻ではそれなりにクローズドなエロスも多かった……かもしれない。ことね先輩にまだヒロインの芽はあるんだろうか。鈴も。

以下8-9巻感想。

... "『あつまれ!ふしぎ研究部』8-9巻感想:大祐くんがモテ男になってる" を続けて読む

安倍真弘, あつまれ!ふしぎ研究部 7, 2019

本作はハーレムものに入るのはそうだろうが、7巻までくると恋愛模様もだいぶ固まってきたようで、当初の感じからは意外なことに、千晶先輩がもっとも勝利に近い女になっている。ただこれは加点法というより、減点法的に他のヒロインが落ちていき、最後に残ったのが減点の少なかった千晶先輩という感じがしなくもない。

... "『あつまれ!ふしぎ研究部』7巻:千晶先輩大正義なんです?" を続けて読む

安部真弘, あつまれ!ふしぎ研究部 6, 2019

作中に出てきた女子が漏れなくみんなヒロイン化していって草。ついにギャル子な田中さんまで参戦。大祐君がモテ男になってこれには我らが風紀委員も淫乱堕ち待ったなし。高浜さんと田中さんのシナジー効果はすごいと思うよ。

... "『あつまれ!ふしぎ研究部』6巻感想:大祐君がモテ男になっちゃう" を続けて読む

安部真弘, あつまれ!ふしぎ研究部 5, 2018

メイン昇格、そんなのもあるのか🤔

仮入部だからメインとまでは言わないけれど、関係性的には明確に一つ上にいったなー。そういう展開もあるんだね。

なんか幸せハッピーなハーレムラブコメだわ。これはいつでも楽しめる。ちょっとエッチ具合もちょうどよい。これくらいのエロスの作品って貴重だと思う。ただし風紀委員はエロ同人。以下5巻感想。

... "『あつまれ!ふしぎ研究部』5巻感想:風紀委員はもうダメです" を続けて読む

安部真弘, あつまれ!ふしぎ研究部 4, 2018

もう昔のようにラブコメを楽しむことはできんのだよみたいな記事を書いておいて、割と昔のように楽しんでいるような気がする今日この頃である。結局は心の余裕が必要というだけのことなのかもしれない。まぁでもやっぱり、昔よりもちょっと距離感を持って読んでいるような実感はあるかな。多分、本作はバランスが良いのだと思う。

以下4巻感想。

... "『あつまれ!ふしぎ研究部』4巻感想:結局どうなんだよ大祐" を続けて読む