コンテンツへスキップ

原作 月夜涙, 漫画 羽賀ソウケン, 回復術士のやり直し(漫画) 4

誰一人共感できないのに面白い。復讐の快楽は人間のDNAに刻まれているんだなぁ。やっぱりそれが生存のために役立つからなんだろうか。エロシーンも多いのだが、そこはほとんど読み飛ばしている。エロを上回る復讐のカタルシスよ。

基本的には主人公の復讐劇であり無双モノで、表紙はだいたい主人公が上位にたっている。が、漫画版だとこの4巻だけ主人公が下位にある。

この上位にたっている女はサイコパスみがあり、かつ「主人公の復讐の対象ではない」という特徴のために本作では一際目立っていて、コイツとの戦いはどうなるんだろうなぁと思っていたところ、7巻で雑魚化していた😂

復讐物語は復讐は面白いんだけれど、復讐が強烈過ぎて他が霞むのは仕方ないのかねぇ。以下漫画版2-7巻感想。

... "『回復術士のやり直し(漫画)』2-7巻感想:復讐は気持ちいい" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

138話きてた。続・会長の進路相談。会長が進路を巡って、教師と生徒会と退魔師のおっちゃんたちと何故か風間がワチャワチャするのだが、この漫画はこれくらいのグダグダした感じが楽でいいなと思う。そういえばここ最近は良くも悪くもラブコメ度が高かったので、今回のような群像劇ギャグは久しぶりかもしれない。風間自身は認めたくないだろうけれど、一番風間がポテンシャル発揮できるのもこのカオスだよな。

最後に会長ほか高尾と芦花が出たのだが、なんだかんだでゲーム部が出てくると雰囲気変わるのも確か。ってか高尾がいるとどうやってもラブコメ時空になるのだなぁ。ラブは強いわ。以下138話感想。

... "『ディーふらぐ!』138話感想:群像劇カオスはこの漫画の持ち味だね" を続けて読む

田口ホシノ, お嬢様の僕 10, 2022

今年最初の単発感想記事です。

本作の何がすごいかと言うと、読むまでの精神的ハードルの低さ、だと思う。精神的ハードルって何?って感じかもしれないけれど、いや、あるんだよ、精神的ハードル。だから積ん読というのが発生する。いやー、漫画を積むなんて昔は思いもしなかった。

まぁでも、なんていうか、本当に楽なんだよこの漫画。良い意味で驚きがない。読む前に「まぁこんなもんだろ」と思って読みはじめて「こんなもんだった」って感じ。「想像したとおりのオムライスが食べたい」時ってない?まさにそのオムライスが出るんだよ。

はいはい、想像したとおりのハーレム系ラブコメでしたよ!ちゃんと表紙のヒロインが活躍するのもよき。なんかこのまま延々と続きそうだが、それでもいいなぁと思わせる稀有な作品。以下10巻感想。

... "『お嬢様の僕』10巻感想:いつもどおり安定のぬるいハーレム" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

137話きてた。烏山千歳の進路相談。久しぶりの生徒会面子。……生徒会の面子、漫画としても仮部より実は人材豊富なんじゃなかろうか。千歳・中に加えて、千歳シンパだがしれっと中ともSMプレイを楽しむ秋津、「肉の感触……」の一言で衝撃を与えた西永先生の妹、そして因縁の先輩・タマちゃん……これだけで十分作品にできるというか、生徒会は完全にライトノベル構成。ただ主人公は中になるな。中は主人公にしちゃうと多分しんどいんだよなぁ。濃すぎて。

いやまぁ、風間パイセンちゃんと主人公していますがね。生徒会絡むと脇になりそうだが、どうかなー。生徒会系の話がまたしばらく続くのか、それとも幕間的なものか、どうなんだろね。

どうでもいいけど、先生からガチ相談される風間はもう誰からも不良だと思われてないのは間違いない以下137話感想。

... "『ディーふらぐ!』137話感想:生徒会は仮部よりバランスが良い" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

136話きてた。開幕で成長した高尾部長のぱっつんぱっつんなおっぱいが見られるよ!やったね!もう顔ぐらいあんぞコイツの胸どうなってんだ。

いやでもよかった。いやおっぱいじゃなくて。ちゃんと更新されて。もういつ終わってもおかしくないから心臓に悪いよねほんと。

柱「はい、みなさんが夏休み終わるまでに5年半かかりました〜」

じゃないですよ。毎度のことながら担当適当過ぎやろ。

まぁでもよかった、更新されてよかった。そして今回は多分10年ぶりの正真正銘真ヒロイン・芦花回ですよ!10年は言いすぎだった!……言い過ぎ……でもない……?

... "『ディーふらぐ!』136話感想:芦花が風間一派で楽しそう" を続けて読む

うぐいす祥子, ときめきのいけにえ 1, 2020

久しぶりにオススメされたメモより。

しかし作者さんの漫画だけは、どういう距離感で読めばいいのか全然わからん。とりあえず1巻の時点では悲劇のヒロインだけどね。どうだろうね。本人がラブコメと言っているので、ラブコメなんでしょう。多分違う。

1巻は話の種を蒔いているという感じで、この先どうなるかは全然わからん。本当にわからん。この作者さんだけはわからん。どうでもいいけどPNどう使い分けてるんだろう。まぁいいや。

あの家族で、この子だけマトモなわけないと思うんだが、っていうか多分きっとクレイジーなんだろうなぁと思うが、クレイジーにもいろんなベクトルがあるので、この先の展開が楽しみといったところか。

なんならお相手の男子もおかしな子かもしらんし。っていうか、きっとだいたいみんなおかしいんだろう。以下1巻感想。

... "『ときめきのいけにえ』1巻感想:猟奇的な家族" を続けて読む

OYSTER, 光の大社員 5, 2013

多分英語タイトル言いたいがためのタイトル。

中古で値下がりを待っていたんだが、Kindle Unlimitedのラインナップに全巻入っていたことを今更知る。それとも最近になって入ったのだろうか。あれもけっこう流動的だから。

全編ギャグであって、ラブコメではないです。ただ一応恋愛模様のある人はいるし、というかぶっちゃけそれだけ楽しみにして続きを読んでいたといっても過言ではない。

ギャグはまぁまぁぬるくて、新聞の4コマとかになっていたらけっこう嬉しい感じかもしれない。

オイスターのファンならともかく、そうでもないと正直定価で買うかと言われるとうーんだが、Kindle Unlimitedで読めるなら、会員の人はちょっと時間を持て余している時なんかによろしいのではなかろうか。コボちゃん的な感じで。ラブコメ成分も少しはある。以下全5巻感想。

... "『光の大社員』全5巻(最終巻)感想:まぁだいたい忍者OLすずなさん" を続けて読む

栗井茶, +チック姉さん 18, 2021

表紙山田やん。山田絡みの女だと辰姫は頭おかしいけど唯一の善性だから案外正妻ポジなのだろうか。佐々木どころか牧野にも力負けしそうだが……。

ところで本作は俺的に今一番のラブコメかもしれない。元々本作のラブコメ度は案外高い。ラブコメ指数が突破した豚関連はスピンオフ化したくらいだ。というか実はカップル乱造系だし。一時期はマンネリ化してうーんという時もあったが、今はいいね。

俺にとってラブコメのラブは人間同士の力の勾配を表現したいち形態なんだけれど、本作の最近の話は俺のそういう見方に符号するところがある。読んでいてとても楽しかった。

この漫画はキャラ同士が有機的に絡み合い、化学反応を起こす様もとても楽しい。あと美人の裸がちゃんと本当にギャグになってきたってのが、すごいな、と。以下17-18巻感想。

……姉さんが一番可愛いんだが……?

... "『+チック姉さん』17-18巻感想:最高のラブコメになっちまったのかもしれねぇ" を続けて読む

氏家ト全, 生徒会役員共 21, 2021

続いてほしかった。いやまだ終わってないんだけれど来月終わると聞いて。

漫画『生徒会役員共』11月完結、連載約15年に幕 作者の意向で決定(オリコン) - Yahoo!ニュース

悲しい。っていうか最終回が予告されるってすごいな。まぁストーリー漫画と違って展開がわからないから、ある日突然終わると阿鼻叫喚だしこれでいいのか……。

正直いつまででも続けられそうな反面、それはいつ終わってもおかしくないということでもあるんだよなぁ。

まぁでも、津田くんの恋愛戦線広がり過ぎて収拾つかない感じはしてたし、しゃあないのか。最近は桜才学園より英稜高校とのほうがいい感じなんじゃないかという気すらするし。のぞみんがお色気担当だから……。以下21巻感想。

... "『生徒会役員共』21巻感想:100年続いてほしかった" を続けて読む

寺井赤音, あまちんは自称♂ 2, 2018

いつ見てもすごいタイトルや。そして例によって男の娘は感染の広がりを見せ、世界が平和になっていく……。ネットで誰かが男の娘を「絶望のオタクが見た最後の幻想」みたく表現していたんだが、好きすぎて好き。いや、別に絶望しているわけでは……。

いや希望しかないし。本作の場合は、男の娘は男の娘として、それとは別にしっかり男を全うするパートナーがいることが、男の娘漫画として嬉しい。個人的にはパートナーあっての男の娘だと思う。

ってか性対象が普通に女だったら男の娘っていうか女装男子だよねそれって思うし。やっぱり性愛は重要。

しかし男の娘の一番の特色とはいえ、これだけ股間を強調する漫画も珍しい。あまちんのたったものはでかいのか小さいのか。男の娘のあれはでかいのがいい派閥とかちっちゃいのがいい派閥あるよね。しらんけど。

以下一番印象深かったのは少女漫画脳のあまちんパパだった2巻感想。

... "『あまちんは自称♂』2巻感想:あまでちんがたつのにラブコメもしっかりやってて笑う" を続けて読む