『万代かなめは遊びたい』2-3巻感想:安心のハッピーラブコメ

氷川翔, 万代かなめは遊びたい 3, 2019

どうしようかな、と思っていたけれど結局ポチってしまったのだが、大当たりでした。楽しかった。面白いよこの漫画。今の所ハーレム風なのでそれ系好きにすすめられる感じ。

相変わらず万代かなめが可愛いのだが、新たに登場した3人目のヒロインがかなめの可愛さをさらに引き立てる。

なにげにしっかりとラブコメもしており、高良のことを実は昔からけっこうちゃんと意識していたことが判明するも、トミカの敗北臭がキツくなってきたのはつらみ。まぁでもハーレム系に突っ走る可能性はあるか。

1巻時点では正直テンプレ巻も感じていたが、今は王道的に思える。あとパンチラにこだわりを感じる。以下2-3巻感想。

スポンサーリンク

丁寧なラブコメ

おー、これは面白い。正直1巻読んだ時は色々と既視感を覚えたりしてテンプレ感が否めなかったのだが、ここにきてだいぶ面白く感じられるようになった。

いやまぁ、内容自体は可愛い女の子に囲まれてパンツ見えたり押し倒したり押し倒されたりオッパイ押し付けられたり挟まれたりしてうれしーな、といういかにも野郎向けハーレム風ラブコメなのだが、だいぶテンプレ感が薄れてきて、代わりに安定感を感じられるようになった。

それというのも、主人公・ヒロインの関係が深まってきて、かつその関係が丁寧に描かれており、また話に活かされているからだろう。このあたり、安定のハーレムラブコメを提供する田口ホシノ作品と同じ丁寧さを感じる。

実際、個人的に一番おもしろく感じられたのは、別段エロス的描写はどちらかというと控えめなシルバニアファミリー回であった。ボケ・ツッコミ・ラブコメの配役がきっちりしていて楽しいギャグ回だった。ラブコメ役のトミカがいい仕事している。

新キャラよし

キャラクター間の関係が大事にされているなと思うのは、新キャラの絶妙なポジションからもわかる。3人目の新ヒロイン・野村月子が登場した瞬間は、ぶっちゃけ「あー、増やしちゃうのか」と思った。だいたいこの手の漫画のヒロイン追加は、とりあえず増やしとけみたいなのが多いので……。

ところが、この子は非常に良い立ち位置で、よく考えられたキャラであった。かなめと同じく無自覚にエロスを振りまくキャラなのだが、かなめに「自分がどう見えていたか」を自覚させ、結果かなめがついさっきや過去の自分を思い返して赤面して焦るなど、彼女の登場によってかなめの可愛さがより引き立てられている。もちろん野村自身も可愛い。既存キャラを引き立てながら自身も独自のポジションを獲得する、新キャラのお手本のような子でした

トミカ可愛いのに

野村が今の所ラブコメ方面にあまり切り込んでこないのも、トミカがいることを考えるとそのほうがよいのだろうな、と思う。ただでさえ、かなめが実はだいぶ前から高良のことを意識していたことが判明し、トミカのアドバンテージが"幼馴染"であること以外ないので……。

テストでかなめに大負けして……というよりは、かなめをライバル視しているのは自分だけで、向こうはなんとも思っていない、一方的なものなんだろう……と感じて不貞寝する高良に対し、昔からの細かな戦績を語るかなめは、高良のことを意識していたことはもちろんだが、自分に対する気持ちについても察しているわけだ。ってかここまで戦績を覚えているのは、かなめの万能頭いいキャラを考慮しても怖いくらいだが、ここまで"執着"する理由があったりもするんだろうか?まぁそんな展開されたら本当にトミカは……。

物語的には、かなめが恋愛的には一歩引いている分、トミカがアクセル全開でラブコメしてくれているだけに、当て馬がつらくもある。かといって高良の気持ちはどっちかっていうとかなめに向いているんだろうし、しかもかなめも憎からず想っているとあっては……もういっそハーレムに突っ走ればいいのに……と思わせるくらいにはトミカ可愛い。このへん今後どうなるかは、高良と野村の関係がどうなるかで変わってくるような気がしている。

パンチラをわかっている……

ところでひどくどうでもいいんだがよくないんだが、作者さん絶対パンチラ好きだと思う。パンチラ自体はこの手の漫画ではよくあるものなので、ラブコメに読み慣れていると、もはや風景にすら感じられるくらいになってしまうのだが、この作品のパンチラはしっかりパンチラしていて目を引かせる

たとえばパンチラ描写のときに、アングル的に無理があっても漫画の特性を利用してほぼ必ず一緒に顔も描いているのはポイント高い。プラレール回など、かなめのパンチラが期せずして録画されてしまったときはパンツだけでなくかなめの顔・表情もアップでみせるという

氷川翔, 万代かなめは遊びたい 3, 2019

このコマほんとポイント高い。ってかパンチラ録画って、シチュエーションとしてだいぶ強い。何が強いのかと言われると困るけど。強い。つよつよ。

あと吹き出しでパンツを隠す……と見せかけて、一部分しか隠さないのはこれ、非常にマニアックだが強い。とても面白い。

氷川翔, 万代かなめは遊びたい 2

この吹き出しで半端に隠す技法はちょくちょくされているし、当然狙っているやっているのだろう。自分はこの演出初めて見る気がするが、他でもされているんだろうか?吹き出しで半分だけパンツを隠すのは、パンチラの本質をつく良いアイディアだ。何言ってるんだ俺は。

しっかり目撃している主人公をちゃんと描いているところもなにげにポイントが高い。実際に作中で男に見られているかどうかは重要。読者だけ見られる不自然なローアングルパンチラは、ラブコメではよくあるが実はあんまりポイント高くないのだ。見ている男が毎回主人公だけなのも気が利いている。ラブコメでラッキースケベが許されるのは主人公ないしヒロインの恋人候補が基本だからだ(無差別パンチラをすると、ラブコメというよりエロコメの色が強くなる)。

パンチラしていることを女子が恥ずかしがっていることもポイントで、特に上のロボピッチャー回は、野村のパンチラを見てかなめが自分もパンチラしていたことを知り赤面、パンチラ連鎖・後追い回想パンチラという非常に高度な技が見られる。マジで何言ってるんだ俺は。

まぁメインヒロインが基本的に黒スト越し白パンという時点でフェチ全開だしね。好きな人が好きなものを描いたらそりゃよいに違いないよな。うんうん。何頷いてんだ俺

次巻以降も安定のポチり決定。大人のおもちゃで遊んでほしい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です