コンテンツへスキップ

2

水あさと, 阿波連さんははかれない 1, 2017

よかった。男三女四がアレだったもんでちょっと警戒していたんだけれど、コッチはよかった。本当によかった。最高でした。まる。

最近男女ツーマンセルのいちゃラブカプ系読んでなかったけれど、やっぱり良いものだなぁ…。ラブコメのフレームワークとしては、となりの関くんスタイルで、男女逆かつ、もう少しラブ寄りにした感じ。

無口系距離感おかしい女子 vs ……なんだろう、男子のほう、コイツも確実に変人なんだが、言葉にしづらい。属性として確立されていないキャラだ。世話焼き、大仰、妄想癖、思い込み激しい……うーん、関くんの横井さんっぽいけどもっと変。キャラ的にはこっちのが変わっている気がする。

2巻の阿波連さんがライドウくんの社会の窓を全力で守る話が狂おしいほど好き。以下1-2巻感想。

... "『阿波連さんははかれない』1-2巻感想:近距離爆撃" を続けて読む

2

光永康則, 時間停止勇者 1

光永康則の作品を読むのは久しぶりなんだが、さすがですわ。1巻無料だったからポチったんだけれど、あんまり面白かったので、読み終わったらそのまま5巻まで買ってそのまま読んでしまったのだわ。すげーすわ。最新の5巻、715円もしやがって……。

異世界ものなんだが、そこで得た能力が「時間停止」。時間停止はエロ漫画やAVの定番シチュエーションなわけだが、これを一般漫画で別にさしたるエロ要素もなく持ってくるのは本当にさすがです先生。B級の天才

B級の天才といえば、岡本倫もパラレルパラダイスで異世界ものやらかしてエロシチュだけど、あっちは女性を発情させる能力ともっと直接的。いずれにせよ性癖出ているなぁ。

いつもながらラブコメ度は薄いがないわけでもない感じ。以下1巻感想。

... "『時間停止勇者』1-5巻感想:さすがB級の天才(称賛)" を続けて読む

原作 海空りく, 漫画 山田こたろ, 超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!

超人高校生の響きだけでずっと笑いながら読んだ。俺もガキの頃なんか似たようなの書いた記憶うっ頭が……。

異世界チートと言えば異世界ならではのチート能力を持つものだが、本作では異世界に行くまでもなく現実世界で最初からチートなのが珍しいといえば珍しい設定かもしれない。あと複数主人公っぽい構成。まぁでも、結局やることは俺TUEEEEEなんですけどね。

表紙は例によって太ももとオッパイ同時見せの女の子だが、こんなやついたっけ?まぁ多分主人公群の一人。覚えてるのは野郎二人となんかバラバラになる女一人。でも多分全部で七人。第一話「七人の超人高校生」のサブタイは覚えている。サブタイだけでずっと笑ってた。

ただ多少説教臭いものの案外カタルシスはある。以下漫画版1巻感想。

... "『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!(漫画)』1巻感想:超人高校生の響きだけで読んだ" を続けて読む

原作 あまうい白一, 漫画 幸路, 最強職<竜騎士>から初級職<運び屋>になったのに、なぜか勇者達から頼られてます

タイトルからわかると思うけれどなろう系コミカライズ。お色気シーン満載だったが、Amazonのレビューを流し読んだところ原作にはない特徴であるようだ。まぁ実際、お色気シーンは多いが正直笑ってしまうような感じで、特に開幕後の巫女によるパンチラ土下座はいきなり笑ってしまった。

だがなろう系で、お色気シーンにあまり期待するもんでもないだろう。お色気よりも俺TUEEEEだ。

まぁ実際タイトルからわかるようにTUEEEEのだが、まぁよくあるといえばよくある感じ。最教職から初級職になったことで、周囲の見る目が変わる、というのはこれ自体は面白い設定なのだが、あまり活かせていないように思う。

以下漫画版1巻感想。

... "『最強職<竜騎士>から初級職<運び屋>になったのに、なぜか勇者達から頼られてます(漫画)』:職業に貴賎なし" を続けて読む

原作 深山鈴, 漫画 茂村モト, 勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女で出会う 1

長いわ!というブログ泣かせのクソ長タイトルから当然察せられるように、なろう系コミカライズである。ガンガンコミックスなんだが、なろう系拾ってくること多いな?まぁ、内容的に多分30代に刺さるんだよねこれ……。

最近の流行は追放なんだろうか。能力はあるのに不遇な環境で認められず……というパターンが散見される。可哀想。でも不愉快なのは一話の冒頭だけで、そっから先は快進撃という感じでストレス性はない。主人公がドチャクソ優しい性格なので、負の感情もあまり溜まらない。

ビジュアル的に間の抜けた猫耳少女が最強なのは意味があるのか、単なる趣味か。多分趣味。

以下1巻感想。

... "『勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う(漫画)』1巻感想:認められるべき人が認められるという浪漫" を続けて読む

当サイトはラブコメ漫画の感想ブログであり、数百作品を取り上げて1,000以上の記事を書いてきた。まぁそんなに書いていると、だんだんと自分の求めているものがおぼろげながら見えてくるような気もする。

こんなサイトをやっている俺にとって、安牌で楽しめるのは年頃の男女二人がイチャイチャするだけのカプものである。特に表紙がヒロインだけとかではなく、しっかり男女二人揃ってイチャイチャしていると、かなり有望と考えてポチる可能性が高い。

だが何の情報もなく1巻を660円で買えるかというとそれは難しい。漫画は高い娯楽になってしまった。

... "漫画は高い娯楽になってしまったが" を続けて読む

時々「この漫画オススメ」とか「この漫画の記事書いて」という奇特な人がいるので、リクエストフォームみたいなの作りました。Googleフォームで2分で作りました。便利な時代になったものです。

管理人にオススメする

もし何かあったらどうぞ。

ただ、うちのサイト見てくれている人なら知っていると思うけれど、自分は相当気まぐれなので、あんまり期待せずにおまちを。読むまでに時間がかかり、さらに読んでから感想書くのにまた時間がかかるので、、、

2

松江名俊, 君は008, 2018

少年漫画だなーと、懐かしい気分に浸りながら読んだ。まぁ少年漫画ではあるんだけれど、表紙を飾るやたらと胸と尻を強調されたヒロインがいるあたりはチャンピオン感……あ、サンデーかこれ。まぁいいやなんでも。しかし峰不二子みたいなスタイルしてんな。学生かほんとに。

学生です。いいんです二次元だから。夢だから。浪漫だから。タイトルから察せられるように、テーマ的には諜報員ということになるんだが、そんなスリル満点の仕事を美少女とボーイ・ミーツ・ガールしてやれたら超楽しいよねっていうそういうね。まぁ浪漫です浪漫。ほどほどにラッキースケベもあるし少年の好きなものいっぱい。少年漫画だからね。

オッサンだって昔は少年だったんだ。たまに懐かしい気分に浸るくらい、いいじゃないか……。以下1-4巻感想。

... "『君は008』1-4巻:こんなエージェントがいるか!いいの二次元だから夢だから" を続けて読む

オダトモヒト, 古見さんはコミュ症です 4, 2017

これもう20巻まで出ているのか……ということは、人気なんだな。

本作はちょくちょく無料キャンペーンがあるので、まぁラブコメのフレームワークだし人気あるっぽいし、と思ってそのたびに手にとって読むのだが、やはり「うーん」となってしまう。

俺に刺さらない理由を考えると、まず古見さんが好きなタイプじゃないというのと、その割に内容がヒロインあげ系統なので、共感のしようがないし、納得感も薄い、ということになるかもしれない。

逆に言うと、世間的には好かれるタイプのヒロインなのだろうか。まぁ昔から俺の好みは世間と一致しなかったので、まぁ仕方のないことかもしれない。

じゃあなんで懲りずに読んでいるのかと言われると無料だったから😊

貧乏性なの。読んだのだいぶ前だからうろ覚えだけど以下4巻感想。

... "『古見さんはコミュ症です』4巻感想:人気なんだろうけれど" を続けて読む

原作 森田季節, 漫画 シバユウスケ, スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました

だいぶ前に読んでいたのだが、特に感想を書いていなかった。が、スピンオフ作品である「『ヒラ役人やって1500年、魔王の力で大臣にされちゃいました(漫画)』1巻感想:理想の上司、それはボーイ・ミーツ・ガールを超えた生々しき夢」の感想記事を書いたので、まぁこれも書いておくかと。というか、記事書かないと読んだかどうか忘れるお年頃なので😊

なんで描かなかったというと、女子しか出ないんだよねこれ。本サイトはラブコメブログであるので、女子しか出ないは通常射程外。なんだけれど、スピンオフだけ記事を書くのもなんだかなーと思ったので。

さて、俺がなろう系を読む時は、「作品の中核となる欲望は何か」という非常に嫌な読み方をする。で、本作についてだが、「安心で愉快な生活」といったところではなかろうか。

以下1巻感想。

... "『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました(漫画)』1巻感想:ノーストレスで愉快な生活したいですか?" を続けて読む