『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』1巻感想:悪魔的カップルのやさしい世界

matoba, ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。 1, 2016

2016年に1巻がでて、2019年11月現在11巻まで出ている。まだ続いているから、人気なんだな。ベルままと略すらしい。

ゆるい日常系で、ラブコメ成分も強く割とカップル乱造系っぽい。ヒロインの胸が際立つ。そしてタイトルからわかるように悪魔系……ではあるものの、そちら方面にはとんと疎いので、よくわかっていない。悪魔とか天使の話が好きな人ならその意味でも楽しめるのかな。

自分はこの手のゆるゆる系はそんなに……という感じなのだが、好きな人ならよいだろうと思う。以下1巻感想。

スポンサーリンク

カップル乱造はよいが

悪魔的世界観のカップル乱造系ゆるゆる日常漫画。後書きの悪魔うんちくはちょっと参考になってしまった。神話系詳しい人尊敬するわ。まぁこの漫画はそんなガチめじゃないと思うけれど、もとより好きな人が描いているわけだから、詳しければきっとそういう楽しみ方もできるのだろうね。

ラブコメ的には多分カップル乱造系。第一話の扉で、複数の男女が出てくるが、多分それぞれお相手が決まっているのであろう。1巻の時点ではまだ男3女3しか話には出ていないが、次巻以降で出てくるのだろう。

カップル乱造系自体は俺好みのジャンルではあるものの、全体の作風がゆるゆる日常系なので、実は俺の好みからはちょっと外れている。ギャグ成分は強いほうが好きなんだよね。といっても、田中くんはいつもけだるげ程度のギャグでも十分なのだが。

あと肝心のベルゼブブ嬢のキャラが可愛すぎてこれまた微妙に俺の好みから外れる。可愛すぎて外れるってなんやねんという感じだが、まぁ俺は多少難ありな人のほうが好きだったりするので。ごっちんはけっこう好き。今巻では出番少なかったけれど。

絵柄は線が細く少女漫画風なんだが、女性キャラがやけにエロい。やはり悪魔だからか。表紙からしてちょっとエロいし。お色気っぽいシーンもちょっとある。ちょっとだけど。まぁこの手の漫画でお色気全面に出されると逆に興ざめすることもあるので、そこはよし。

とまぁ、ちっと歯切れの悪い感想になってしまったけれど、好きな人多いだろうなとも思っている。実際11巻まで出ているしね。しかし俺が次巻以降ポチるかというと、うーん……どうかなぁ。ただこの手の漫画はスロースターターでキャラが出揃ってから弾けるやつもあるしなぁ。うーむ……。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です