『あまちんは自称♂』1巻感想:人はいつから美少女系男子に襲われたい願望が芽生えるのか

寺井赤音, あまちんは自称♂ 1, 2017

人は人生のどのへんで、「どう見ても女の子の男の子に寝込みを襲われたい」と真剣に考えるようになるのだろう。あれ、考えませんか。そうですか。

はい、面白かったです。よかったです。まぁ例によってどう見ても女系の男の娘ものなんだけれど、決め台詞「勃つわーーーー!」の男よりも男感たるや。ヒーロー役の男子・上下タツミもなんかもうそういう意味から取ったようにしか見えないんだけれど実際本当にそうなのかもしれない。

そして男の娘ものってやっぱり幼馴染なんだよね。やはり元の性別を知っているというのがポイントなんだろうか?

読んでいて楽しかったっすわ。以下1巻感想。

ちんだのタツだの

久しぶりに男の娘もの読みましたわ。いやー、面白いね。幼馴染ものでカップル感もあるし。男の娘ものの幼馴染登場率激高なのは、やっぱり属性的に相性が最高なんだろうね。通常の異性愛の文脈における幼馴染ものは、異性以前に幼馴染である、という理屈でもって、年頃の男女にしては近すぎる距離での無自覚イチャつき(からの恋愛意識しはじめて距離を置き始めるのもまたよし)があるのだけれど、なるほどその距離感は同性でも使えるわけだ。

本作の主人公にしてヒロイン(?)のあまちんは、幼馴染でイケメンのタツミが大好きで、タツミの一挙一動に「勃つわーーーー」ってね、いくら見た目美少女とはいえ、つくものついていて、かつStand Up!宣言されるのはさすがにレベル高いよね。これ幼馴染じゃなきゃいくらラブコメファンタジー世界でも説明がつかない。ってか同性からの性欲持て余す宣言さえ受け止められる幼馴染属性の偉大さよ

いやしかもこれ、ノリで言っているだけじゃなくて、どうもガチで勃っているっぽいからね、美術回の描写見るに。すげーわ。

ヒロインの呼称があま"ちん"なのはやっぱり狙っているのかなぁとして、タツミもやっぱりあまちんタツからタツミなの?あまちん上も下もたってるから上下タツミなの?とか思ってしまう程度には品のない漫画なのだが、まぁ俺も品がないから大丈夫。

男の娘ものってのは考えさせる

いやー、ノリもよくって俺好みのコメディカルで、読んでいて楽しかったっすわ。なんか爽やかだよね。変にウジウジしてないし。

しっかしこの男の娘ってのは、ラブコメのアンチテーゼみたいな属性だよなぁ。これ、逆の性別だと成り立たないんだよなぁ。男同士だからこそ成り立つというか。女同士だと、多分妙な感じするんじゃないかなぁ……実際男の娘の対義語って知らんしなぁ(男装の麗人は女装男子の対だろうし)。

いずれにせよ、ニッチだよなぁ。どんなに可愛くても男、ってのはやっぱり人を選ぶと思うし。ってか、ここまであからさまに異性的な恋愛感情をぶちまけられ続けて、よくもまぁタツミも平気だな。イケメンだし性格もいいしコミュ力もありそうだから彼女もできそうだけれど、あまちんが常にまとわりついているからまぁ無理か。

むしろあまちんに女の影が!ってそっちが本来ならフツーなんだけどね。乙女男子自体はラブコメでもちょくちょく見るジャンルだが。でもこの漫画は男の娘。委員長残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です