2021年9月のPVとかアクセス多かった記事とか

なんとなく、こういう記録も取ろうかなという気がした。と言いつつ来月には飽きてやめているかもしれない。

  • ユーザー数: 225/日
  • PV: 373/日
  • 平均セッション時間: 58秒
  • 直帰率: 82%

あとはアクセスの多かった記事とか。

スポンサーリンク

アクセスについて

個人サイトがGoogle検索に嫌われる流れの昨今、本サイトも例外ではなく、順調にアクセスを落とし続けている。別にPVのためにやっているわけじゃないけれど、やっぱりちょっと寂しい。まったく見られないのも張り合いがないし、アクセス数残っている間に何かしら対策したいものだけれど、特に何も思い浮かばないのであった。

昔の個人サイトのリンク集って、今にして思うとよくできていたよね。リンク集で知ったサイトいっぱいあったなぁ。

まぁでも、毎日200人以上来てくれているっていうのは、昨今の個人サイトとしては本当に有り難いことなのですよ。

PVのうち、閲覧開始がTOPページなのが8%弱なので、だいたい10%くらいの人はよく来てくれている人だったりするんだろうか。逆にいうと、後は検索エンジンか。うちはSNS経由は全然ないので、なんだかんだでGoogle頼みなんだよな。

9月はあんまり更新できなくて申し訳ねぇ。引越しとかあってプライベートがめちゃくちゃしんどかった。今は落ち着いた。電子書籍派だから全部の本を持ち運べた。10月はもうちょっと更新すると思う。

よく読まれた記事の上位20作品

うちのサイトの読まれる記事の趨勢本当に謎。なんでこの記事が突然?っていうのよくある。Googleの検索順位だけの問題だと思うんだけれど。謎だわ。

1作品1回限りのランクインで上位20位の作品について。

1位 世界か彼女が選べない

『世界か彼女か選べない』9巻(最終巻)感想:世界が彼女で彼女が世界

最終巻の記事は比較的アクセス多めなんだけれど、それにしても一番アクセス多いとは。終わったのけっこう前なんだけれど。この漫画くらいのメジャーでもマイナーでもないくらいの立ち位置の作品が、うちのサイトだと一番アクセス稼いでくれる。おっぱいさんこと神堂さんがただただ可愛かった。

作者さんの新作、まだ読んでないのに終わっちゃったらしい……。

2位 謎の彼女X

『謎の彼女X』12巻(最終巻)感想:10年かけて普通の彼女になった感慨

だからなんでやねんというくらい古い記事なんだけれど、まぁでも謎の彼女Xは最高だよね。本作の第0話は、個人的にはラブコメ通して一番衝撃を受けた作品です。最終巻にもなると普通の彼女卜部さんだったけどそれはそれでよき。

本記事の「物語の理想型」についての考察は、僕のラブコメ世界観の根幹の一つだったりする。

3位 変女

『変女』14巻感想:変わった後の関係を描いてくれるラブコメは貴重

変女の最新刊全然出ないけどどういうことなん?付き合ってから描いてくれているのは嬉しいけれどマンネリではある。この二人は最初が近すぎるだけに、逆にセックスまでの道のりがちょっと遠そう。

4位 田中くんはいつもけだるげ

『田中くんはいつもけだるげ』13巻(最終巻)感想:野郎に野郎がニヤつける奇跡の漫画だった

ラブコメよりは日常色が強いうえに、一番目立つのが野郎という、本サイトでは特異な位置にある作品なんだけれど、なぜか昔からうちのサイトではアクセスが多い作品だった。一時期は毎話感想書いていたくらいだ。

けっこう人気だったと思うし、検索の競争率も高そうなんだけれど、なんでだろうね。ドメイン凍結されてサイトを一から仕切り直して一気に検索順位落ちたけど、その前は検索順位も高くて、うちのサイトでは一番人気くらいの作品だったわ。

すごい好きな作品だったから、終わったのはショックだったなぁ。永遠に続いてほしかった。

5位 となりの関くん

『となりの関くん』10巻感想:授業中にイチャイチャしやがって……

作者直々のスピンオフで結婚したあとのスピンオフ出ててワロタけど、本編の11巻を心待ちにしている人も多いと思う。ゴールを決められたことで、本編はむしろ続けづらくなってしまったかもしれない……。

6位 デスノート

『デスノート』感想:松田はなぜ月が好きだったのか

なぜか先月はデスノートの記事が2つともよく読まれていたようだった。なんでいまさら?別に何か動きがあったわけでもないと思うんだけれど。

デスノートみたいな超一級の有名作品は、検索でもレッドオーシャンなのであんまり引っかからないはずなんだけれど(だからかぐや様とかうちのサイトはめっちゃ検索弱い)、さすがに作品が古いから人も少なくて、引っかかるのだろうか。

7位 まがつき

『まがつき』13巻(最終巻)感想:ハーレムラブコメ漫画の鏡

まがつきは良いハーレム漫画。ハーレム好きなら安心して読める。しかし現在進行系で連載中のお嬢様の僕よりアクセスされているとは。まぁでもこっちのほうが面白いかもしらんね。

8位 ラストギアス

『ラストギアス』3巻感想:浮気しかしてねぇ

浮気漫画。三角関係修羅場漫画だったISUCAよりこっちのが面白いと思う。

そういえば浮気といえば、とろ鉄の人が描いていた浮気漫画がドラマ化されるという噂を聞いた。多分それとは関係ないけど。

なにげに続きポチっているので折を見て読みます。

9位 魔法陣グルグル

『魔法陣グルグル2』を読んで主人公はやっぱ大事なんだなーと思う

「魔法陣グルグル2 つまらない」の検索ワードでたどり着いている人が多いっぽい😂

だがなぜよりによってこの記事のアクセスが伸びたのかは謎である。グルグルというよりはもはやリーダー論の記事である。でもニケは本当に理想的なリーダーだと思っている。

実際ニケがいないとテンポが悪い。ニケ不在になりがちなのは失速の原因の一つの気がする。

10位 死人の声をきくがよい

『死人の声をきくがよい』12巻(最終巻)感想:幼馴染なふたりのすれ違いとその結末

この作品はうちのサイトでずっと地味にアクセスを稼いでくれている作品である。どうしてもテーマがテーマだから、悲しいよね。

そういや作者さんの現作品をおすすめされていた。読まねば。

11位 チャットボットのセクハラ事情

人工無脳(チャットボット)のセクハラ事情

なぜか今になってアクセス数が急に増えだしたんだけれど、なんか精度の高いチャットボットツールが噂に出始めたからとか?なんだろうね。

チャットボットは、人がいかにエロいことばかり考えているのか僕に教えてくれた。みんなもチャットボット運用して、人間の闇を知るがいいよ。

12位 +チック姉さん

『+チック姉さん』ブタと佐々木を語りたい

うちのサイトではずっと人気のある漫画。内容がギャグ漫画だからか、ラブコメとして焦点あてて記事書いているのは案外少ないのではなかろうか。

そういやもう2巻くらい最新読んでねぇな。読もう。

13位 江波くんは生きるのがつらい

『江波くんは生きるのがつらい』3巻(最終巻)感想:本物を求める割れ鍋綴じ蓋カップルはたった二人で宇宙を作る

あれ、マジか。この作品ぶっちゃけマイナー漫画だと思うんだけれど。まぁでも、マイナーなだけに感想書く人も少なくて、検索競争率が低いのかも知らんね。

全3巻なんだけれど、この作品は構成が違ったらもっと伸びしろがあったんじゃないかと思えてならない。

14位 渡くんのxxが崩壊寸前

『渡くんのxxが崩壊寸前』11巻感想:解呪できない呪いみたいな幼馴染

ついに表紙からバッテンが消えた渡くんの日常がようやく崩壊しそうなんだけれど、マジで全滅エンドだけは本当にしょうもないからやめてほしい。ラブコメでそれやられると時間と金返せっていう気分になる。しかもだいぶ長く続いているんだし。

紗月エンドでお願いします😊

15位 パラレルパラダイス

『パラレルパラダイス』12-13巻感想:変わりゆく幼馴染の姿のダイジェスト

どの巻見ても交尾しかしてない交尾漫画。交尾しかしてないから毎度感想に困る漫画。実は15巻までポチっているんだけれど、どうせまた交尾しかしてないんだろうなと思っている。多分あたっている。

16位 みつどもえ

『みつどもえ』全19巻から矢部ひと分だけ抽出して人類に貢献する

自分で言うのもなんだけれど、この記事は世界平和に貢献したと思う。頑張った。矢部ひと最高なんや。

17位 ビッグオーダー

『ビッグオーダー』感想:妹>世界のシスコン物語

えすのサカエといえばどうしても未来日記があるし、かつ未来日記を超えるヤンデレラブコメは未だにお目にかかっていないのだが、当サイトでは何故かこの作品しか取り上げていない。正直割と微妙。シスコン物語。

18位 虚構推理

『虚構推理(漫画)』10巻感想:この不気味な女が可愛く見えるのは苦労……九郎先輩のおかげですか

あー虚構推理読まないとなぁ。ってか感想書いてねぇや。虚構推理アニメ化したんだってね(いつの話だ)。原作も全部ポチっているんですよ。読めてないけど。本当にナイスカップルで大当たりなんで、絶対に読むよ。

探偵もので男女ってラブコメ的に当たりが多い気がする。あのいつもヒロインがイマイチな将太の寿司の寺沢大介作品でも、一応探偵モノの喰いタンはラブコメとしてもよかったし。

19位 ディーふらぐ!

『ディーふらぐ!』116話感想:高尾と船堀並んで歩いたらめっちゃモテそう

本サイトで唯一毎話感想を書いている作品。長寿作品だが、いまだにこの作品の感想毎回書いているのってもはやウチくらいでは?正直いつ終わってもおかしくねぇなぁと想いながら読んでいる。

だいたいいつも何かしらの話の記事がそれなりにアクセスを集めるのだが、最新話でもないし、何がきっかけでアクセスが増えるのかまったくもってわからない。

20位 共学高校のゲンジツ

『共学高校のゲンジツ』7巻(最終巻)感想:フラグブレイクの果てに

なぜ今になってアクセスが。フラグブレイク漫画ですな。

この作品は男子にもうちょっと頑張ってほしかった。主に女子ばかり頑張っていたので。朴念仁キャラにしてフラグブレイクは、ある意味ラブコメの定石であるし。

フラグブレイクをテーマにしたのは面白いんだけれど、フラグ成立させられないラブコメのジレンマに縛られたまま終わってしまったのは悔やまれる。

気になった検索ワード

検索ワードはちょくちょく勉強になるのでたまにチェックしてます。検索ワードってあれね、サイト内検索ね。虫眼鏡のアイコンで使えます。あんまり使われてないけど。

うさぎドロップ

実は持っているんだけれど積ん読なんだよね。読んでないっていう。たしか古本で揃えた記憶。もはやラブコメ的には古典的な位置づけなので、なんか勉強感覚になってしまって、どうにも。

風呂上がりの夜空に

何かと思ったら俺が生まれるより前の漫画じゃないですか。どういうこと、と思ったらドラマ化するんだね、ってそれもどういうことだよ。

最強

最強……なんだろう、おそらく何かの作品を調べようとしたのではないかと思われるが、心当たりがありすぎてわからない。ラブコメなんですかね。

いろんなユーザー

年齢層は、25-34が一番多いのは、やっぱり漫画の内容故なんやろね。鬼滅に夢中になれない人生だった。次点18-24。35-44もけっこういます。俺ももうすぐ仲間だよ!そして45歳以上の先輩方!!いつか僕も追いつきます。

男女比率は7:3。マ?うちのサイト昔から女性比率が25-30%くらいあるの不思議やわ。よく読まれている記事の作品見ても、男性比率が圧倒的に高そうなんやけどなぁ。いやだって、主に野郎向けのラブコメ漫画ばっかやし。田中くんとかの記事で女性比率増えてるんかなぁ。あとひよどり祥子とかホラー系?

デバイスは全体の80%がスマホ。昔は70%くらいだったんだけれど、スマホ比率は増える一方やね。タブレット勢はごくわずか。僕はタブレットが最強だと思うんやけど、少数派らしい。

まとめ

まとめてみたら案外楽しかった。

元々は「個人ブログがこの先生きのこるにはどうしたらいいか?」を考えるためにデータを見てみた感じなんだけれど、なんか純粋に面白かった。

しかし何をどうしたらいいのかはまったく思い浮かばないのであった。

とりあえずアクセスは相変わらず検索次第ってのはわかった。じゃあ検索で来てくれた人が、他の記事も見たくなるような構成にしたらいいのかなーって、それってどんなのよってね。スマホユーザーに回遊してもらうのって、難しいんだよねぇ。画面も狭いしなー。

あとやっぱり、メジャーよりマイナーな作品のほうが、うちみたいな場末のサイトだとアクセス集まるんやね。かぐや様とか検索ボリューム大きいと思うけど、みんな書きすぎててうちみたいな弱小は引っかからない😂

でも作品がマイナーすぎるとそもそも検索されない。

うーん、ま、とにかくまず記事を書きながら、アクセスも見ていこうかな。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です