なぜ目が滑るのか自分でも言語化できていない

当たり前の日常や、コッテコテのテンプレートを描いたシーンで、「目が滑る」のと「ちゃんと読める」の違いがどこにあるのか、自分でも言語化できない。

「メイカさんは押しころせない」の1巻、だいぶ前に読んでレビューしてなかったなぁとなんとなく読み直していて、本作は特別なことが何も起きないしメイドさん居候テンプレ日常系なんだけれど、読むスピードは早いものの目が滑るんでもなく、なんかちゃんと読めている。

一方で一緒に読んだカップル系のラブコメは、まぁ「テンプレやなぁ……」という感じで目が滑る……というより、止まってしまう。続き読まないと……と目を無理やり動かした結果「滑る」という感覚なのかもしれない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です