水口尚樹, 早乙女選手、ひたかくす 1, 2016

昨年2019年に全10巻にて完結しているのだが、Kindleに無料版が出ていたのでいまさら読み始めた。ずっと気になっていたタイトルではあった。

かなり強烈な表紙だが、作中では別に筋肉コンプレックスがあったりやけに筋肉描写があったりするわけではなく、ごく自然に身体の描写がなされているのが実によいと思った。あんまりわざとらしく描かれると、ニッチなあざとさを感じて興醒めしちゃうからね。

ウブな体育会系カップルのおぼこないちゃラブでラブコメ好き的にもかなり嬉しい。なにより体育会系カップルは、やはり描ける人が少ないのか供給少なめジャンルなので希少価値がある(描ける人も、どうしても"スポーツ"のほうを主体にしてしまうしね……)。

よいものでした。以下1-3巻感想。

... "『早乙女選手、ひたかくす』1-3巻感想:うぶな筋肉カップルええやん" を続けて読む

原作 滝沢慧, 作画 草壁レイ, 非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが(漫画) 1, 2017

タイトルからしてオタクの妄想が炸裂しているのだが、内容はもっと炸裂している。タイトルがまんまあらすじなラブコメ。

原作を読んでいないので判断しづらいが、コミカライズとしては良い部類なのではないだろうか。ダメコミカライズは、原作知らないとマジでまったくついていけない出来損ないのダイジェストになっていたりするけれど、本コミカライズはそんなことなく、話を追うことができた。ちょっとエッチなシーンもたくさんあるし 笑。

まー話といっても、美少女に好かれて実は自分のこと好きだった幼馴染もいてやっぱり美少女の部長もいたりして美少女に囲まれてしかもオタク趣味を理解してくれるいっぱいおっぱい幸せハッピーうれしいな、という内容なので一生懸命追うこともないかもしれん。何故か微妙にシリアスっぽい流れになったりもする。まぁでも頭からっぽにして読んだほうが良いと思う。以下1-5巻感想。

... "『非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが(漫画)』1-5巻感想:オタクの夢" を続けて読む

阿崎桃子, フェンリル姉さんと僕 1, 2018

遠目から表紙を見て犬耳かと思ったが別にそんなことはなかった。でも髪はちょっと犬っぽい。といってもケモミミ要素はない。あと僕は多分蛇。っていうかヨルムンガンド。いやわからんけどな。違う可能性もあるっちゃあるんだが。

ラブコメ的には姉弟ものに入る。といっても、"僕"は記憶を失っているみたいなので、純粋に姉弟とは言い難い。まぁだからこそラブコメになっているとも言える……が、兄弟と知らずに再開して惹かれるって、普通なら失恋フラグだが……まぁでも中身は人間じゃないし……っていうか実はしれっと弟じゃないかもしれないし……?うーん。

雰囲気は好き。以下1巻感想。

... "『フェンリル姉さんと僕』1巻感想:ブラコン姉と弟じゃないかもしれない弟は人外につき" を続けて読む

エヌシ, オレ達のパーティーは間違っている 1, 2017

魔王に呪いをかけられたパーティーが、再び集まって魔王討伐を目指す……というと王道っぽいのだが、かけられた呪いがホモ化・ショタ化・女体化など魔王の趣味どうなってんだという嫌がらせみたいなものだったという話。

特にホモ化の影響は酷く、元々は仲間を思いやる性格っぽかったのに節操のない男色家になってしまっていて、ことあるごとに聖剣エクスカリバーを抜きたがるのでまぁひどい。

ということでラブコメ要素ゼロかと思いきや、パーティーの紅一点だったヒメがヤンデレ化……なのだがそのヒメの相手がホモ化なのでどうしようもない感じ。

Web漫画かと思ったがそういうわけでもないらしい。以下1巻感想。

... "『オレ達のパーティーは間違っている』1巻感想:多分間違っているのは魔王の性癖" を続けて読む

saku, うちの変態メイドに襲われてる 3, 2019

うーん、こういう方向性になったか……。

なんだかんだ安心のいちゃラブかなぁと思っていたのだが、男女共に同性愛キャラが目立ってきて、こうなるとちょっと俺の趣味ではないなぁという感じ。無節操なカプ乱造。たしかにカプならなんでもOK派閥はあるよな。なるほどそうだったか……。

うーん……。割と貴重なおねショタ風味枠だったんだが(大学生だからショタでもないが…)。

まぁしゃあないか。以下3巻感想。

... "『うちの変態メイドに襲われてる』3巻感想:NBGL" を続けて読む

松本ナミル, 僕の彼女がマジメ過ぎる処女ビッチな件 8, 2019

あれ、なんか表紙が最終巻っぽいな……と思ったら本当に最終巻だったでござるな第8巻。

最初はカプ系かと思いきや、というかそういう方向も考えていたんじゃなかったのかと思うんだが、最終的に節操のないシモネタ漫画ラブコメもあるよという感じになり、ちょっと戸惑ったものの結果的には功を奏した気がする。でもカップル乱造の方向もあったと思うし、そうしてもよかったと思うけどな。。。

なんにしても、連載お疲れ様でした。以下8巻こと最終巻感想。

... "『僕の彼女がマジメ過ぎる処女ビッチな件』8巻(最終巻)感想:最後は愉快なシモネタ漫画、でもラブだってあるんだよ" を続けて読む

筒井大志, 僕たちは勉強ができない 15, 2020

平気で10年前の漫画をレビューする本サイトにおいて、2020年初めての2020年刊行の漫画の感想は、僕たちは勉強ができない15巻。センター試験で時期的にもぴったりやね。リアル受験生で読んでいる人もいるんだろうなぁ。……勉強しろよこいつらって思うだろうなぁ……笑。

この漫画の良いところって、世界が祝福ムードなところだと思うんだよ。読者の気持ちを代弁するモブたち素敵。

でも、もうすぐ終わりなんだろうね。受験戦争の終わりが恋愛戦争の終わりでもある。そして妹ちゃん、活躍することもなく終了

りっちゃんの成長が眩しい。以下15巻感想。

... "『僕たちは勉強ができない』15巻感想:受験戦争の真っ只中だけど相変わらず恋愛戦争の行末ばかりが気にかかる" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

120話きていた。高尾が一足先に風間家の同居生活から抜け出る話。つまり芦花大勝利……という感じではなく、つつじと一緒に之江っちと三姉妹みたいになってしまっているような。

実際風間家両親からもまぁ高尾のほうなんだろうな、と思われているんじゃなかろうか。少なくとも之江っちからは芦花はそういう目で見られていないっぽいし。

そして珍しく、ちょっと色っぽい話でございました。以下120話感想。

... "『ディーふらぐ!』120話感想:珍しく刺激的な話でした" を続けて読む

宇津江広祐, 内藤死屍累々滅殺デスロード 1, 2019

なんかヤケクソみたいなタイトルだけれど存外しっかりストーリー漫画。パニックホラーと宣伝されているがどちらかというとモンスターパニックではなかろうか。

B級映画的な設定で、まぁ実際B級感は強いのだが、しかし登場人物の心理描写が現代的かつ生々しく、共感させる

なお表紙の可愛い子は1巻だと最初と最後しか出てこないのでよろしく。ボーイ・ミーツ・ガールだったらいいけどなぁ。

それにしてもなぜ"内藤"を選んだのだろう。内藤さんの風評被害 笑。以下1巻感想。

... "『内藤死屍累々滅殺デスロード』1巻:現代的静かな絶望感を下地にけっこうしっかりモンスターパニック" を続けて読む

花見沢Q太郎, Cue 1, 2016

え……普通……。

いや、なんかこう、花見沢Q太郎という作者さんのイメージと違うなぁと思ったのだが、まぁでも俺は氏の作品をそんなに知っているわけではないし……こんなもんなんだろうか。以前読んだ短編だいぶキレていた印象があったが……。

あらすじとしては、問題児軍団のアイドルグループがマネージャーとファンとサポートの元、武道館ライブできるようになるまで、のサクセスストーリーなんだが、ストーリー超真面目。お色気要素は最初のパンチラくらいか。

普通過ぎて逆にビックリした。以下1巻感想。

... "『Cue』1巻感想:おじさんを武道館に連れてって?" を続けて読む