ヒロユキ, カノジョも彼女 1

オススメされたメモで勧められた禁断の二股漫画。

最初読んだ時、2021年現代日本の倫理観にどっぷり染まっている俺としては、いきなりの二股宣言に「そりゃなかろuよ」と思ってしまったが、凄まじいノリと勢いで押し通されたわ。

ありえない設定をバカバカしいノリと勢いで読ませて、しまいに考え込ませるこの感じは、「ボクガール」を思い出させるね。この勢いが大事だと思う。立ち止まってはいけない。醒めたらダメだ。読む側にも熱量を求められる。

いかにこの設定を読者に呑み込ませるかが命題だったと思われる。以下、1巻感想。

... "『カノジョも彼女』1巻感想:現代日本で一夫多妻のタブーに挑む?" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

135話だいぶ前にきていた。

なんの話だったかな……ああ、そうか、隕石だ……ってちゃう、隕石ちゃう。ええと、RPG世界編の、多分最終?一応反省会的なのもう一回くらい挟むのかな?まぁどっちでもいいけど……。

芦花さんは前回数年ぶりくらいの気がするヒロインムーヴをかましてくれたんだけれど、結局大正義高尾には勝てなかったよ、みたいな。

以下135話感想。

... "『ディーふらぐ!』135話感想:最後はやっぱり高尾部長なんすね" を続けて読む

久々の更新なんだけれど、ちょっと変な話をする。

アフガニスタン陥落、タリバン勝利というニュースが、現地人を見捨てて離陸する米軍機という衝撃の動画と一緒に飛び込んできた。

<閲覧注意>命懸けで離陸する米軍機に取り付き、落下したアフガンの男たち|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

... "アメリカがポリコレに狂って日本の表現物を破壊しようとしてきたら、ゲリラ共有戦で戦うのだ" を続けて読む

鳴見なる, 渡くんのxxが崩壊寸前 11, 2021

このサイトでは珍しく早い感想。

表紙のヒロインからバツが取れたのとは裏腹に、何かが崩壊しそうな雰囲気が漂ってきた。というか、実はもう既に崩壊していたのかもしれない、と後で思わせさせられるような感じ。

さてさて、紗月派だったけれど、正直こうなってくると「うーん」。なんかもう、めっちゃ強いけど常にデバフがかかる呪いの装備みたいだねこの幼馴染。しかも最終的にデバフだけ残して解呪拒否

ラブコメにおける幼馴染は、変わろうとする主人公が乗り越える過去の象徴みたいになりやすいせいか、いっときは幼馴染というだけで負け属性などと言われたものだが、そういう負の側面を一身に引き受けてなお、消えない痣として直人の中に居残ろうとする執念みたいなものには感服する。従来型幼馴染キャラに足りなかったのは、傷つけてでも、傷としてでも残ってやるからなという覚悟なのかもしれない。この恐ろしい女が、直人のみならず作中の人物を片っ端から籠絡している

そして一番可哀想なのは、二人の人生劇場にジャイアントスイングされている石原さんなのはまぁそうだろう。以下11巻感想。

... "『渡くんのxxが崩壊寸前』11巻感想:解呪できない呪いみたいな幼馴染" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

134話。

あれ、もしかしてついに芦花のヒロインムーヴ来てる……?10年ぶりくらい……?

まぁさすがにそれは言い過ぎなんだが、珍しく芦花がちょっとヒロインというか、パートナーっぽい動きを見せている。ついにメインマスコットからメインヒロインに……?いやでもバブってるしな……。

そして久しぶりに風間のご尊顔を拝めて、ちょっとテンション上がった自分に気づいてしまった。風間のツンツン頭が見たかったのか俺。

以下134話感想。

... "『ディーふらぐ!』134話感想:芦花が多少なりともヒロインしている感なきにしもあらず" を続けて読む

ナナシ, イジらないで、長瀞さん 9, 2020

割と速攻でポチって起きながら、一年近く積ん読。もう11巻まで出ているというのに。アニメ化もしているし。ラブコメ熱が下がっているのかもしれない。

それはそれとして、もはやただただひたすらいちゃラブ漫画なのだが、それにしても、やはりラブコメにおいて友達以上恋人未満の距離感は王道なのだなぁと思う。最近は飽きられてきたのか、恋人スタートやなんだったら夫婦スタートのラブコメも多い中、王道の中の王道を行くいちゃラブ。やっぱり意図せずして手が触れただけで死ぬほどときめく若人の姿が見たいのだよ我々は……。

以下9巻感想。

... "『イジらないで、長瀞さん』9巻感想:ベタベタのイチャイチャにしてラブコメの王道を走っている" を続けて読む

鬼畜好きは特に二次創作において、自分の好きなキャラを酷い目にあわせるという歪んだ性癖を持っているわけだが、それにしたって鬼畜が合う・合わないというのはやはりあって、いくら鬼畜好きとはいえなんでもかんでも鬼畜に落とせばいいというものでもない。

... "ヤンデレに鬼畜は似合わない" を続けて読む

原作 赤坂アカ

なんでやボクパン最高やろ!今回は珍しく色っぽい話。

ボクサーパンツに出会った時は、ついに俺の求めるパンツに出会ってしまったと感動すら覚えたものである。ああすみません、誰も聞いてないですね、はい。

いやでも男の下着談義はもっとあってもいいと思うんだよね。実際みんなどうなん。健康的には通気性のいいトランクスが一番なのかもしらんが……。

男のパンツが主題になるのってラブコメとして珍しいよね。かぐやの「やったーパンツ見えたー」が聞けてよかった。以下7話感想。

... "『かぐや様』アニメ2期7話感想:この素晴らしいボクサーパンツ" を続けて読む